コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://www.noxisjapan.com/
居住地: Japan

1行紹介

クラシック音楽の録音を専門としているエンジニアです。

自己紹介文

井口啓三(いのくち けいぞう)
プロフィール
1979年九州芸術工科大学(現九州大学)大学院修了。在学中に日本に於けるクラシック音楽の録音エンジニアとして草分け的存在である故若林駿介氏に師事し、日本コロムビア㈱に入社。録音技術課において業務用PCM録音機、同社録音スタジオ機器の設計、開発、メインテナンス、その他プロフェッショナル・デジタル・オーディオ録音・収音技術の研究開発業務に従事する。また、オーディオチェックCD、無響室録音CD、ワンポイント録音CD等の企画、制作も担当する。
1993年同社ドイツ(デュッセルドルフ)販売会社に駐在しチーフ録音エンジニアとして同社デンオン・レーヘ゛ルのヨーロッパ・クラシック録音制作業務に従事する。
1994年日本プロ音楽録音最優秀賞受賞(ノイマン、チェコフィル/新世界より)。
1995年帰国後、同社ソフト技術本部において国内クラシック録音制作業務のみならず、編集、マスタリング業務にも従事し、クラシック、ジャズ等のアコースティック録音におけるトータルなサウンド・エンジニアとしての地位を確立する。
2002年同社分割分社化にともない退社し、フリーランスのサウンド・エンジニアとなるが、今や唯一のデンオンPCM録音技術とサウンドの継承者である。
2013年出身地の福岡に戻る。

これまでに録音エンジニアとして担当した主なアーティスト。
ヴァレリー・アファナシエフ、ミシェル・ベロフ、ウラジーミル・トロップ、コンスタンチン・リフシッツ、ミハイル・リツキー、イリーナ・メジューエワ、ウェルナー・ヒンク、フリッツ・ドレシャル、後藤泉、佐々木秋子、小林功、荒井英治、永富和子、永野英樹、内藤晃、日下紗矢子、水谷川優子、クルト・グントナー、西山まりえ、ベルリンSQ、カルミナSQ、クイケンSQ、寺神戸亮、ラ・プティット・バンド、イタリア合奏団、東京ヴィヴァルディ合奏団、岡崎慶輔、鮫島有美子、藍川由美、中野振一郎、桐山建志、濱田芳通、アントネッロ、中西勝之、日比野景、金田まり子、小林功、佐々木秋子、荒井英治、日下紗矢子、内藤晃、フリッツ・ドレシャル、近藤薫、西井葉子等。フランクフルト放送交響楽団、国立リヨン管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、東京都交響楽団。慶応義塾ワグネル・ソサイエティー合唱団。等
 
主な受賞作品
レコード芸術誌(音楽の友社)選定レコード・アカデミー賞受賞作品
寺神戸亮/コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のための ソナタ集
  1995年 音楽史部門
ラ・プティット・バンド/モーツァルト:協奏交響曲
  1997年 協奏曲部門
ウラジーミル・トロップ/ロシア・ピアノ小品集
  1998年 器楽部門
中野振一郎/J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
2000年 録音部門  

興味のあること

社会人ビッグ・バンド,サッカー観戦,ワイン