« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月22日 (日)

吹奏楽団の録音

多摩川吹奏楽団 の録音のその後の作業についてです。まずHDDマルチch録音機からプロツールズに取り込みます。そしてプロツールズ上で各楽器の音量音質バランスを取ります。画像は演奏曲のカルミナ・ブラーナのファイルです。スコアを見ながら演奏していない楽器のレベルは下げます。そして出て欲しい楽器のレベルは上げます。また演奏ノイズなどもカットします。もちろんプロツールズ・プラグイン・エフェクタも効果的に使います。クラシック音楽制作でエフェクタを使うなんてとんでもないと思う人がいるかもしれませんが、レコード会社の実際の現場では何でも在りです。ようは程度問題で分からないようにかつ効果的に使っています。例えば音程の不安定な歌手の場合ピッチ補正したり、エコーを多めにかけたりします。この状態で先週この機材を常任指揮者の三浦さん宅のスタジオに持ち込んでのいわゆる立会いミックスをしました。実際はお酒を飲みながらの試聴会でしたけれど、色々と注文が来ました。特に自分のソロについてはシビアでした。そして次にプロツールズの2chステレオミックス出力を更に音質を調整しながらソニック・ソリューションに取り込みます。つぎの画像はソニック・ソリューションのEDLファイルです。CD一枚に収められる曲がトラック番号順に並んでいます。曲中に縦線が入っているのはその場所で編集をしているということを示しています。プロツールズ上でも編集は出来ますが、より精度の高い編集をしようとすると、ソニック・ソリューションでないと無理です。ここで差し替え編集をします。つまり演奏会本番での演奏ミス、会場ノイズ等をゲネプロと差し替えます。今回はゲネプロも録音していましたのでゲネプロテイクを使って出来るだけ完璧な演奏になるように編集しました。こういう時に嬉しいのはリピートがある曲でコピー貼り付けとなります。昔はよくやりました。よくライヴ録音CDと称するもので異様に聴衆ノイズが無い部分(聴衆は死んでいる状態?)はリハテイクを使っていると思って間違いありません。私もやりましたから。次にこのファイルをCD-Rに落として3rdマスタリングの完成です。Img_0351_3 Img_0358_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月13日 (金)

ベストポケットジャズ

先週の日曜日8日はつづきジャズ協会主催の2006年秋のベストポケットジャズがいつものすきっぷ広場で開催されました。私はPA担当とつづきジャズオーケストラのメンバーとしての出演の一人二役でした。天気が良すぎて日差しが強いため、譜面が反射して見づらく演奏しづらいという初めての経験をしました。また強風でテントが飛ばされそうにもなってテントの柱を必死で押さえていました。Img_0246 Img_0286 Img_0331 Img_0262 Img_0306

Img_0314

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »