« ピアノ録音 | トップページ | リンクについて »

2006年11月29日 (水)

デンオンのクラシック録音

デンオンのクラシック録音は基本的に4ch録音ですが、このため後でトラブルが生じます。デンオンでは1CDを制作する際、音に関しては、録音エンジニア、編集エンジニア、マスタリングエンジニアの3人のエンジニアの手を通してマスター音源が出来上がります。その過程でいろいろ、また人間関係においても面倒な事が起こります。録音エンジニアは録音現場で自分が良いと思った音とチャンネルバランスを決めます。編集エンジニアはそのバランスでモニターしながら編集しますが、そこで改めてスタジオで聴いてみると「え・・・そんな・・・うそーーー何これは?」ということに大抵なります。そこで録音エンジニアを呼んで「ちょっと聴いてよ。」と言いますと、録音エンジニアはいろいろ言い訳しながらその音を聴いて「いやー違う、このバランスでやってよ。今忙しいから後は任せる」と言ってその場をごまかして逃げてしまいます。編集エンジニアは新たなバランスで「何を聴いていたんでしょうかね。」と思いながら、録音エンジニアが聴き逃したノイズを取ったりします。またディレクターが制作した編集スコア通りにテイクをつなぎますが、必ずしもその通りにはつながるとは限りません。しかし「他にテイクが無いから何とかしてつないでよ。」と言われ、つながらないテイクを無理やりつないだりして何とか格好つけます。最後はマスタリングです。ここで最終のチャンネルバランスと音質調整が行われますが、ほとんど当初録音エンジニアが決めた音バランスとは違うバランスになります。全く異なる音になることもあります。そうやって最終のマスターの音が出来上がります。ついでに紹介しますが当時デンオンには保坂氏という伝説的なマスタリングエンジニアが居ました。そうやってCDの音が出来るのですが、CDが市場に発売され録音評が出てオーディオ評論家に優秀録音盤として取り上げられると決まって評価されるのは録音エンジニアなのです。曰く「彼の作り出すサウンドは素晴らしい」と。同じ会社の一員なので表面上は黙っていますが、編集エンジニアやマスタリングエンジニアにとっては面白くありません、俺たちが上手く修正したから評価されたのだという自負があり、録音エンジニアの尻拭いをさせらているという不満がいつも貯まっていたのは事実です。職場ではそのような空気がありました。従って一般の人はデンオンのCDを聴いて録音現場でもそのような音がしているのだと思うでしょうが実は大間違いなのです。録音した音はあくまでも素材であって、編集とマスタリング工程で整形、修正、補正、化粧され作り上げられます。デンオンのCDの音は録音エンジニアだけの仕業ではなく、その他多くのエンジニア、ディレクターの努力が結集された結果なのです。そういう裏方さんもいることを覚えていただくと嬉しいです。

そこで私ですが、私は何故か社内で特別浮いた存在で、録音と編集エンジニアの両方を兼ね、さらに自分が録音したものについては必ずマスタリング時に立会いして音決めに参加していました。こんな会社の従来の概念を超えたエンジニアでしたので、影でいろいろ言われました。ええ、当然査定も最低でした。

ハーブクラシックスでは私が音に関しては全責任を持って作っていますので安心して聴いてください。

|
|

« ピアノ録音 | トップページ | リンクについて »

クラシック音楽」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/12870936

この記事へのトラックバック一覧です: デンオンのクラシック録音:

« ピアノ録音 | トップページ | リンクについて »