« ショパン:夜想曲集 アファナシエフ | トップページ | 秋川雅史さんのこと »

2007年2月 1日 (木)

秋川雅史さんの思い出

昨夜21時のNHKニュースで紹介されていて、 昨年「千の風になって」の大ヒットで紅白に初出場したテノール歌手秋川雅史さんのことで思い出したことがあります。彼、実は2001年にコロムビアから「パッシオーネ~復活の歌声」のタイトルのCD(COCQ-83576)でデビューしましたが、私はそのCDの本人立会い編集を担当したのでした。イタリア留学時代に原因不明の音声障害に襲われ、その後3回の手術を受け復帰したばかりの頃です。 従って声のダイナミクスはまだ狭く、音程も不安定なところがあり、テイクのつなぎに苦労したことを覚えています。コロムビアからはこの一枚だけで特にブレークしませんでした。 その後レコード会社を変えて数枚リリースしたようですが、すっかりその名を忘れていました。昨年「千の風になって」が大ヒットしレコード店頭に貼ってあるポスターに彼の名前を見つけて長年の苦労が報われて大変良かったと思いました。 私も見習って頑張らなければ・・・。

パッシオーネ~復活の歌声

|
|

« ショパン:夜想曲集 アファナシエフ | トップページ | 秋川雅史さんのこと »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/13742768

この記事へのトラックバック一覧です: 秋川雅史さんの思い出:

» 秋川雅史さんコンサート西条公演 [紅玉ほっぺ まるいちご]
早朝1:30に起床、体中にカイロを貼り付け 重ね着を防寒コートで隠し ニット帽に [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 23時29分

« ショパン:夜想曲集 アファナシエフ | トップページ | 秋川雅史さんのこと »