« ジャズ・ライヴのPA | トップページ | ウィーンヘ録音ツアー »

2007年3月 4日 (日)

ヴィオラの録音

金曜日、土曜日と山梨市の花かげホール(旧牧丘町民文化ホール)で無伴奏のヴィオラの作品の録音をしてきました。もちろんハーブクラシックスのお仕事です。このホール、コロムビア在職中は特にチェンバリスト中野振一郎氏の録音で何度も来ました。その当時の職員さんもまだ健在で思わず昔話を交わしてしまいました。今回は謎のヴィオラ奏者のしかも無伴奏の作品の録音ということで緊張しました。SNが良く、ホール・ノイズの少ない録音が求められます。先週のコスモス・ホールではノイズで痛い目に会うものの、結局編集ワザで切り抜けました。今回は空調を止めても、派手な音はしないので初日は安心して録音セッションをしていましたが、二日目に「チッ、チッ」という規則正しい周期的な音が最初は下手の空調ダクトから聴こえてきて、職員さんを呼んでチェックをしてもらったのですが、こんな音は開館以来初めてとのことで、そのうち収まったかと思ったらこんどは上手のダクトから聴こえてきました。これでは録音できないし、困ったもんだと頭抱えていたらいつの間にか、消えてしまいました。ダクトの中を移動していたのは一体何だったのでしょうか?ということで今回も何とか無事に録音を終わり、せっかく山梨にきたので、名物の「ほうとう」を食べて勝沼インターから中央高速で帰りました。Img_0547 Img_0532Img_0565

|
|

« ジャズ・ライヴのPA | トップページ | ウィーンヘ録音ツアー »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/14134081

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラの録音:

« ジャズ・ライヴのPA | トップページ | ウィーンヘ録音ツアー »