« ウィーンから帰ってきました。 | トップページ | ウィーン録音その2 »

2007年3月13日 (火)

ウィーン録音その1

ウィーンから帰ってきて2日間編集地獄に落ちていたのですが、今日やっと1st Editが出来て抜け出せました。時差ボケのおかげで、眠くならず頭が冴えてはかどりました。 それで今回の録音について今日から少しずつ紹介していきます。まず5日にBA008便で成田を発って12時間かけてロンドン・ヒースロー空港第1ターミナルに着いたのですが、予想通りやっぱり疲れました。 そして今月から成田でも始まったテロ対策の厳しいセキュリティ・チェックの洗礼をいきなり浴びせられました。何せ言いだしっぺの空港ですから、その厳しいことときたら、トランジットの旅客は一箇所のセキュリティ・センターに集められ長い行列の後持ち物の検査と身体の金属検知ですが、これも上着、靴は脱いで、ベルトも取らなければなりません。その後バスに乗って10分かけて第4ターミナルヘ移動です。 やっとウィーン行きフライトのゲートにたどり着き、ベンチに座ってほっとしていたら12年前の記憶が蘇ってきました。そうあの時の内心落ち着き無く心細い顔をした自分がいたのです。その12年前の自分の幻 がとなりのベンチにふっと見えた気がしました。ところが今は妙に落ち着いています、すぐに日本に帰らなければならないためか、それとも歳を取ったのでしょうか。ところでウィーン行きの飛行機に乗り込んでも一向に離陸する様子ではありません。何とパイロットがいまベルリンから飛んできているので、到着まで待って下さいとのアナウンスがありました。航空会社も人員のやり繰りには何処も苦労しているのですね。結局1時間半遅れで離陸しましたが、遅れを取り戻そうと飛行機だから当然ですが何と飛ばすこと、そのため揺れまくり、シートベルト着用サインはつきっぱなしの約2時間のフライトで1時間遅れの午後11時にウィーン空港に到着しました。遅く到着したため、入国審査も税関もフリーパスで、そのままタクシーでホテルまで行き、ディレクターの村田氏と簡単に録音の打ち合わせした後は爆睡でした。Img_0106

|
|

« ウィーンから帰ってきました。 | トップページ | ウィーン録音その2 »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

チェロ」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/14246033

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン録音その1:

« ウィーンから帰ってきました。 | トップページ | ウィーン録音その2 »