« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月に作成された記事

2007年4月29日 (日)

Begin The Beguine 

先週お話したBegin The Beguine について後藤裕二氏から曲の一部分だけなら公開してよいとの許可がでましたので紹介することにしました。喜ぶ というのは後藤氏がタ゜ップ・ダンスの先生からダンス用の音源制作を依頼され仕事度外視で制作したものなので、曲全体を公開すると全国のタップ・ダンス愛好家がダウンロードダウン して勝手に使ってしまう恐れがあるからです。なるほどそれはその通りですね。そこで曲の頭のところちょこっとだけで残念ですけど、お楽しみください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月27日 (金)

明日からGW?

明日から世間はいよいよGWだそうですね。なにせ「サンデー毎日」状態なので、TVで騒ぐまで気が付きませんでした。昔ドイツに駐在している時このGW中は日本の本社はお休みなので、駐在員同士で息抜きをしていました。会社勤めを辞めて、自由業の人や退職した年金生活の人とのお付き合いが多い今の私としては、懐かしい言葉です。それで「どうするのだ。」と言われると「ハイ 30日にジャズバンドのPAのお仕事が一本入っております。」です。明日からその準備に取り掛かります。ご存知の方々はどうぞ聴きに来て下さいね。 心配はお天気だけです。 か それでは皆様良い連休をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月25日 (水)

Begin The Beguine

昨日、私が属しているアマチュア・ジャズバンドのバンマスで、プロのジャズマン兼アレンジャーの後藤裕二氏が自らアレンジした「Begin The Beguine」のタップ・ダンス版のトラックダウンをやるため自宅に来ました。  古い映画のオリジナル音からスコアを起こして、リズムとブラスは打ち込みで作りそれに本人一人で4Sax、Solo Ts、Clを演奏しマルチ録音したテープが持ち込まれました。プロツールズに取り込み、昔のジャスバンドの音を再現するため微妙に各楽器バランスを取り直してミックスしなくてはいけません。その後マスタリングをして完成です。2分足らずの短いものでしたが、半日かかりました。多分今日あたりそれを使って踊っているでしょう、本人の許可を取って近々アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年4月23日 (月)

PCM同窓会

21日夕にPCM同窓会(とりあえず私が勝手に付けた仮称)が上野の居酒屋であり出席してきました。 日本コロムビア(現コロムビアミュージックエンタテインメント㈱)で本部長だったY氏が退職したので、慰労会をしようと昔の仲間が久し振りに集合しました。デンオンPCM録音(デジタル録音)と言えばこの人と言われた穴澤健明氏(かつての上司)をはじめPCM録音機を開発した面々がほぼ全員集まり昔話に盛り上がりました。 さて、こういう会では「ところで、今何やってるの」というお決まりの質問を何度もされます、しかしその度に同じ話をするのも意外と疲れるものです。でもブログをやっているとこういう時に便利ですね。「近況、詳しくはブログを見てね。で済みますから。そしていつものようにお決まりの二次会へと突入しましたが、なんとか終電で帰宅できました。でも二次会で何をしゃべったのか全然思い出せません。どうも写真だけは撮りまくっていたみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月20日 (金)

小林功の3rdアルバムの評

早速、レコード芸術誌5月号に小林功の3rdアルバムの評が出ました。準推薦盤になっていましたが、濱田滋郎氏の評によると、「音楽を学び始めた、あるいは音楽に向かって耳と心を開き始めた少年少女たちに、・・・中略・・・ ただ、自分がこうして、しんから共感をこめて奏でる美しい調べの数々を、柔らかな耳と心でそのままに受け止め、なにかを感じてほしいという、純な願いのみが光って見える。」 とありました。全くその通りです、制作企画意図が正しく伝わってよかったよかったです、売れて欲しいです。  さてさて、ところで実は、問題はそれに続く録音評なのです。  一番評価して欲しくなかった録音評論家である若林駿介氏のコメントが付いています。爆弾 うわぁぁぁん・・・。そりゃないよ先生・・・。叫び  とてもとてもこの場で紹介なんかできません。プロとして恥ずかしくて、思わず泣いちゃいました。あせる 厳しすぎる・・・。しょぼん 実は大学院時代に録音の基本を教えて頂き、私がこの道を選んだのも若林先生のおかげなのです。 やっぱり教え子には厳しいですね。汗        うーん、まだまだ修行が足りません。パンダ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月19日 (木)

小林功の3rdアルバム

以前にも紹介しましたが、小林功の3rdアルバム(HERB-006,¥3150)を4月15日にハーブクラシックスよりリリースいたしました。 今回のアルバムは「For Children...」 のタイトルが表しているように、堅苦しくなく子供達にも親しめる曲が収められています。小林功さんは宇都宮大学の幼稚園の園長先生も勤めていて、このアルバムを卒園式で園児に贈ったそうです。子供達は大変喜んだことでしょう。

もちろん子供のためだけにしておくのは勿体無く、曲もバッハから始まってモンポーまで時間がゆっくりと流れるように演奏され、大人達にとっても初めてこれらの曲と出会った子供の頃をきっと思い出すことでしょう。96KHz/24bitの高音質で収録された録音の様子を収めたビデオもアップしてみました。Photo_11 Photo_12 Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月 4日 (水)

ヴァイオリンの録音

一昨日、昨日と新潟でヴァイオリンの録音をして来ました。 先月のヴィオラの録音と同じく今回も無伴奏です。一月にテスト録音をした謎のヴァイオリストはてなマークで、今回はその本番第一回目の録音です。むかっ 新潟県魚沼市ですが、まだ山々には雪がまた゜らに残っていて、宿泊の温泉ホテル周辺にも少しだけ汚れた雪がありましたが、市内にはほとんど無く道路端にポールだけが寂しく立っているだけです。2日間とも全日時間目一杯で録音をやっていましたので 、行き着けのへぎ蕎麦屋に行くタイミングを逃したり、得意の居酒屋にも行けなかったり、さらに帰り際に美味しい日本酒さえも買えなかったことがとてもとても心残りで泣く泣く帰って来ました。 でも、いいんデ~ス。来月第2回目の録音があるんです。 Img_0152Img_0167

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »