« ミスCD | トップページ | 投票しました。 »

2007年7月15日 (日)

演奏ノイズ?

CDを聴いていて、時々楽器の音でないと思われるような音を見つけることがあるかもしれません。たいていは演奏上の楽器のメカニカルなことを原因とするものが多いのですが、それも程度問題であまりにも多いとそっちの方が気になって音楽を楽しめないことがあります。デンオンレーベルでは極力そのような音は排除する方針で制作していましたが、近年そんなこと無視した新興レーベルも見受けられます。音楽とは関係無いノイズが沢山入っていても全く気にせず、それどころか逆にそれが入っていることが芸術性を高めているのだと勘違いしているんじゃないの、と思われるものがあります。悲しくなります。でもそういうものはすぐ飽きられます、ちょっと聴きは迫力あって良いと思いますが、繰り返して聴いてみてください、次第に疲れてきてもういいやということになります。私はいつも、繰り返し聴いてもその都度新しい発見ができるような音を録れれば幸せだなと思いながら、でも一方でそれは難しいと感じながら、でも探し求めながら録音しています。名録音と言われるものは決して物理的に優れた方式で録音されているとは限りません。高音質録音方式で録音しているからといって、「いい音」の必要十分条件を満たしている訳でもありせん。うーん、何と言うか本当に、簡単じゃない、それほど実は音の世界は深いのです。注意

|
|

« ミスCD | トップページ | 投票しました。 »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/15767626

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏ノイズ?:

« ミスCD | トップページ | 投票しました。 »