« チャイコンその2 | トップページ | ミスCD »

2007年7月 8日 (日)

チャイコンその3

チャイコンその3ミス付きです。ボリス・ベルキンのヴァイオリンによるものですが、何とこのCDには大きな間違いがあるのです。爆弾 それはCDのブックレット、レーベル面、帯には伴奏がマイケル・スターン(父は巨匠アイザック・スターン)指揮ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団と表記されています。ところがオケはロンドンフィルハーモー管弦楽団の間違いなのです、別オケになっています。びっくり2 私はこの録音セッションに参加していて、現地で確認しています。何でこうなってしまったのか。困る しかもリリース前に担当ディレクターから確認を求められて「ロンドンですよ。バス」と注意して置いたにも拘らず、未だそのまま状態です。それ以外にも録音エンジニアが別人になっています。関係者しかわからないことなのでそのままになっているのでしょうか。はてな 取り分けCD制作におけるブックレットの校正は地味ですが重要な仕事で、訂正のため最悪の場合再プレスや全品回収交換といったことに発展することもあります。さてこの時の録音会場はロンドンのアビーロード・スタジオ(第1)なのです。イギリス そうです、あのビートルズの名曲の数々がこのスタジオから生まれたことで世界的に有名です。私自身はビートルズちょっと下世代なのですが、さすがにこの時ばかりはこのスタジオで仕事ができたことに感動を覚えました。うるうる 

Photo_17Photo_18Photo_19Photo_20

|
|

« チャイコンその2 | トップページ | ミスCD »

ヴァイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/15675067

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコンその3:

« チャイコンその2 | トップページ | ミスCD »