« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月に作成された記事

2007年12月29日 (土)

年末年始はエディット三昧!?

昨日は仕事納めだったのですが、逆に仕事依頼を受けまして打ち合わせのため西麻布へと行って参りました。日比谷線六本木駅を降りて今日本で一番有名なオシャレなスポットの六本木ヒルズを抜けて行ってきました。仕事の内容はクラシック音楽の編集です。依頼主も元日本コロムビアの社員ですが、やはり信頼できる業者に編集をしてもらいたいとのことで、(でも本音はお友達価格でやって欲しいことなのかなはてな)、そういうことなんで断る訳もできないので音源ソースファイルと編集スコアを受け取って帰って来ました。丁度今ハーブクラシックスの編集をやっているところだったので、この年末年始はエディット三昧になってしまいました。皆様良い年をお迎えください。鏡餅Img_1154_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

六本木って?

昨日、お仕事の打ち合わせのため西麻布のクラシック音楽制作会社に行きました。ヒルズ近くのビルでしたがコロムビア在職中色々とお世話になったディレクターの会社の依頼なのでもちろん引き受けることにしました。でもこの辺り、普段TVで見ているものとは違う異空間な感じがしましたが、 でもその現実離れの感覚が大事なのですね。DASH!Img_1154

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月22日 (土)

ヴァイオリンとギターとダンスの録音?

先週13日に白寿ホール山中裕平(Vl)&ダリオ・マカルーソ(Gt)のコンサートをハーブクラシックスでライヴ録音とビデオ収録をしました。このホールは初めてだったのですが、シューボックスタイプで300席とこじんまりしているのですが、響きが優しくクラシック向きで特にソロ楽器演奏、室内楽、古楽器にはです。なんと前日12日にはコロムビア在職中録音制作をした寺神戸亮さんがバッハの無伴奏曲を演奏しています。この日のコンサートは普通のクラシックのような堅苦しさは無く、云わばヴァイオリンによるパーフォーマンス的演奏といった方が良いかもしれませんね。未確認生物のオブジェや半球状の椅子がステージ上にあり、それらも演奏上の道具として使われました。更にピアソラの曲ではタンゴダンサーが踊るパーフォーマンスがあるというもので、視覚的にも観客を満足させようとするコンサートでした。音譜Img_1136 Img_1141 Img_1142 Img_1148

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月16日 (日)

週末は博多にいたとよ。

今日、実家の福岡から帰って来ました。実は、週末伯父の告別式のため帰福していました。そこで、久し振りに再会した従兄弟から「ブログを見てますよ。ご活躍ですねー。」言われ意外な展開、「いやー恥ずかしい、そんな事無いですよ。仕事が無いので暇つぶしに、おバカな事を書いています。」と言い訳をして、思わずアセアセでした。あせるImg_1151

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 9日 (日)

駅コンとPA

昨日、駅コンというものに出演者として初経験しました。横浜市では市交通局が主催して市営地下鉄の駅コンコースで定期的にコンサートを開催しているのですが、今回今や全国区となったシニアジャズバンド「はっぴージャム」が出演することになりまして、私は指揮者として出演依頼されました。それで当日のリハーサルに望んだのですが、私の仕事柄先ず気になったのが現場PA業者がどれ程対応してくれるかという問題です。演奏する方としては如何にちゃんとした返しが来るかということが重要なんですけれど、実は返しのレベルが低くすぎて演奏することが辛い状態なのです。それで音量レベルを上げてくれと何度も言ったのですが、帰って来た言葉が「ハウリングするからだめです。」とこの一点張りで全然上げてくれませんでした。私を含めて普通のPA屋さんならはスピーカの設置場所を変えたりしていろいろと対応するのですが、今回の業者さんは全く何も行動無しで、私は「何なのよー、このPA屋は激怒」という欲求不満の気持ちで(普段は逆に自分が言われているかもはてな)自分自身落ち込んでしまいました。ところでこのPA業者が使用している機材をチェックするとヤマハのPA用の最新のデジタル・ミキサーなのです。そんなハイスペックの機材を使っていながら返しは来ないし、出音の楽器バランスは変だし、思わず「どんだけー。なんなのよー。」と言っちゃう程で、私は益々憂鬱になるばかりでした。それでも、「もうしょうがない。この状態でやるしかない。」と開き直って本番に臨みましたが、しかしこういう時に限って世の中現実は以外な展開になるのですね。演奏が始まると駅を利用するお客様が多数立ち止まって聴いていただきまして、コンコースが通行出来ない位になり異様に盛り上がって盛大な拍手をいただきました。私も演奏終わった曲の後の返って来る拍手が益々大きくなって来ていることに驚いてしまいました。それは演奏しているメンバーも同じ気持ちだったようです。そういうことでその後の反省会はいつも無い盛り上がりでした。Img_1131気分UP!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »