« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月に作成された記事

2008年4月29日 (火)

5月新譜紹介/DUO

ハーブクラシックス7月新譜紹介です。二枚目は長年DUOとして活動してきたヴァイオリン繁桝百合子とピアノ滑川幸子のデュオ・ユニットのデビューCD(CD番号HERB-010)です。newcd 今年2月に録音して5月14日にスピード発売するCDの収録曲はベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、ブルッフ:コル・ニドライ、ラヴェル:ツィガーヌです。そしてCD発売記念コンサート「デュオの夕べ」が5月14日に東京文化会館小ホールで開催されます。確かなテクニックと深い音楽性に溢れる理想的なDUOの演奏をお楽しみください。shine 18PhotoImg_1262

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月27日 (日)

野外ジャズライヴが,またしても・・・

野外で音楽を聴く良い季節になりましたね。昨日は毎年この季節に開催されるアマチュア・ジャズ・バンドのライヴのPAをしました。天気予報は日中曇り夜雨でまぁ大丈夫だなと思い、早朝から仕込みです。出演バンド編成はコンボありの、コーラスありの、ビッグバンドありの、ついでにブラスバンドまであるという、いつもながらの盛り沢山ビックマック状態です。 ライヴは予定通り進行したのですが、2時過ぎになって急に風向きが変わって嫌な予感がした途端、雨です、rain またしても雨が降り始めました。 今日は誰も雨にちなんだ曲は演奏していないはずですが・・・、ライヴは中断で、とにかくすぐ大切なマイクを抜き取り避難です。そして雨も本格的な降りになってきたので、結局中止になりました。ガックシ、それにしても雨の中の撤収後片付けというものはえらく疲れるものです。また雨に濡れて垂れ下がる鯉のぼりもかわいそうでした。その後夕方から近くの居酒屋で反省会でした。beer ウーン、今年はライヴ2連敗Img_1561です。cryingImg_1569 Img_1570

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月24日 (木)

5月新譜紹介/荒井英治

ハーブクラシックス5月新譜紹介です。一枚目は現在東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスターを務めるヴァイオリン奏者の荒井英治のデビューCDです。newcd 5月10日発売のCDは何とsign03無伴奏ヴァイオリンの金字塔と称される大曲「J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全6曲BWV1001~1006」(CD番号HERB-008&009)です。そしてこのCD発売記念コンサートが5月11日に東京富ヶ谷のHakuju Hallで開催されます。昨年3回に亘る長期間の録音セッションとその後のハードなCD制作作業も全てはこのコンサートをフィニッシュ・ゴールとしてめざして来ました。もちろん全曲演奏いたします。新緑5月の爽やかな季節のコンサートに是非お越しください。以下に荒井英治氏から皆様へのご挨拶を原文通り紹介します。 「春暖の候 皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。この度 私の音楽生活を集約する意味で ヨハン・セバスチャン・バッハの無伴奏全6曲を演奏致します。大バッハは私にとって人生の師とも言えます。人間が生きているうえで体験したことを内省すると すべてのことはこれらの6曲の中に含まれていると思うのです。バッハの英知によって これらの小宇宙どうしが 響き会い交歓する場を皆様と楽しみたいと願っております。四月吉日 荒井英治」Arai_bach_cover_jpg Photo Img_10741

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月23日 (水)

ジャズクラでした。

先週、ニューオリンズ系のトラディショナル・ジャズ・クラリネット奏者として知られている後藤雅弘のニューアルバムの録音をパルテノン多摩小ホールでしました。ピアノとベースのリズム・セクションとのトリオ・スタイルでオールド・ファンには懐かしい曲が満載です。12時に録音をスタートしたのですが、演奏の完成度が高いのでほとんどテイク1,2でokという、いつものクラシックの録音とは異なるものではてな6時には「お疲れ様でした。」。もちろんこのアルバムcdはハーブクラシックスからリリースしますので、ご期待ください。Img_1541 shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月14日 (月)

ズージャ録音です。

今週、ハーブクラシックスなのにジャズの録音をします。クラシックに限らず、ジャズレーベルも立ち上げますのでクラッカー、よろしくおねがいします。内容は後日報告します。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月11日 (金)

アーティスト情報です。

ハーブクラシックスのアーティスト情報です。もう一人5月にCDデビューするアーティストを紹介をします。newcd ヴァイオリン奏者荒井英治のCDデビューソロリサイタルが5月11日 に開催されます。CDの詳細については後日ハーブクラシックスのHPとこのブログで紹介します。ところで、音楽プロデューサーの事を書いたら、元コロムビアの有名な音楽プロデューサーであった中村一好氏の訃報を受け取りました。びっくり2 社内では「イッコーさん」と呼ばれ慕われていましたか゛・・・、ご冥福を祈ります。音楽プロデューサーは肉体的にも精神的にもタフでなくてはいけないのですね。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 9日 (水)

音楽プロデューサーという仕事

藤原真理さん関連で、このアルバムの制作プロデューサーである川口義晴氏の「音楽プロデューサーという仕事」についてのインタビュー記事が日経ビジネスオンラインに連載されています。私も川口氏とは何度も一緒に録音制作の仕事をしましたので、もしかして私のことかな?と思い当たるところもあって大変興味深く読みました。実は今回の編集も川口氏から直接依頼されたものなのです。クラシックの音楽プロデューサーの仕事の中身をもっと知りたい方やこの業界を目指している若い方には大変参考になるでしょう。クール

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 7日 (月)

藤原真理さんの新譜CDです。

藤原真理さんの記事を載せた直後に新譜CDのサンプル盤が送られてきましたので早速紹介します。newcd 販売元はオクタヴィア・レコードでCD番号はOVCX-00042です。ところで録音制作スタッフは私も含めて全員元日本コロムビアの社員で、ついでに藤原真理さんも元日本コロムビア・デンオン・レーベルのアーティストですが、録音制作にオクタヴィア・レコードはタッチしていません。えーっ、なんでsign02とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、原盤、制作、宣伝、発売元、販売元等がバラバラなことはこの業界ではよくあることです。昨年11月に彩の国さいたま芸術劇場で録音されたもので、録音機にFOSTEXのDV 824が使用されたようです。notes   

Photo_5

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 5日 (土)

藤原真理さんの新譜の編集でした。

昨年末に依頼を受けたCDの編集は実は日本を代表するチェリスト藤原真理さんの新譜なのでした。newcd 2月中旬に3rd エディットを納品しましたが、それがそのままエディット・マスターになったようで、その後マスタリングを経て、CDがオクタヴィア・レコードSPEXレーベルから4月新譜として23日に販売されます。中身はクラリネット:遠藤文江、ピアノ:倉戸テル、チェロはもちろん藤原真理さんによる演奏で、収録曲はベートーヴェン:ピアノ・トリオ第4番OP11「街の歌」、リスト:チェロとピアノで尼僧院の僧房S382、悲しみのゴンドラS134、シューマン:クラリネットとピアノで3つのロマンスOP94、幻想小曲集OP73です。お礼にサンプル盤CDを貰えそうなので手に入れたら逸早く発売前に紹介します。コメント ところで、藤原真理さんの録音制作に参加するのは、かつてスウェーデンの地方都市ノールショッピングNorrkopingでドヴォルザークのチェロ協奏曲を録音して以来久し振りでした。ビックリマークNorrkoping


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 4日 (金)

ブリハモを録りました。

桜が満開になった先週土曜日ブリハモ録りに行きました。つり ブリハモと言ってもお魚のブリ、ハモfishのことではありません。地元で活躍している小学生から社会人で構成されるブラスバンド「ザ・ブリリアント・ハーモニー」の定演をライヴ録音をしたのですよ。バンドメンバーの知人からほんの軽い雰囲気で「ちょっと録音してくれないかなぁー」と言われて、軽い気持ちで引き受けてしまいました。ところが会場が小学校の体育館ということで、音響的にはお風呂の様なワンワン状態で演奏する方にも録音する方にとっても大変不利な環境でした。school まぁ、こういう時はワンポイントではなく、アシスタント・マイクを沢山立てて対応するしかないですね。折角だから暫く使っていないマイクをチェックする好い機会かな、なんて思ったりして。karaoke ところで演奏会は観衆が少なかったのが残念でしたが、地元のケーブルTVtv の取材班だけが何故か張り切っていました。movieImg_1468 Img_1495

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 1日 (火)

グリーンラインでGO!

3月30日横浜市営地下鉄グリーンライン(日吉-中山間13Km)が開業しました。 早速この地下鉄を利用して途中ブルーラインに乗り換えて戸塚まで行って来ました。実はまた戸塚駅前で開催されたイベント「戸塚フリーステージ」のPAのお手伝いを頼まれたからです。ところがどうも このイベントは雨に縁があるらしく、前回同様またもやバンドが雨の曲を演奏した途端に雨雨が降り出して最後のバンド演奏まで続けられなく、結局途中で中止になってしまいました。rain それで後片付け後いつもの様に反省会をして帰宅しました。もちろん帰りもグリーンラインを利用しましたよ、便利になったもんだわ。subway  Img_1496Img_1500Img_1499Img_1502Img_1503_2Img_1504_2 Img_1505_2 Img_1508_2 Img_1509_2 Img_1511_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »