« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月に作成された記事

2008年6月28日 (土)

バイロイト・オペラハウス

今日28日の朝日新聞朝刊の土曜版別紙のbeに「永久の愛のユートピア」としてドイツ・バイロイトの記事が載っていました。そして、その記事のバイロイト・オペラハウスの写真が私の記憶を呼び起こしました。実はこのオペラ・ハウスでオーケストラを録音したことがあります。バイロイトというとすぐワーグナーのあのバイロイト祝祭劇場で毎年開催される音楽祭のことを思いおこしますが、実はすぐ近くの市のど真ん中に小ぢんまりとして、内装が実に美しいかわいいオペラハウスがあるのです。もちろん一般の歌劇場やコンサートホールと違って小規模のオペラハウスなので残響は少なめですが、そこでバイロイト祝祭歌劇場のピックアップ・メンバーによる室内オーケストラを録音することになったのです。しかも、その際の録音方式をワン・ポイント録音でやれと会社命令されたのでした。なぜなら当時のデンオンはワンポイント録音で売り出していたのでそれも已むを得ないことでした。そこで、今回初めてその証拠写真をここで公開します。写真のなかの私の隣のメイン・マイク・スタンドに取り付けたB&KとSchoepsの2組のペアマイクでワンポイント録音しました。さて、オーケストラケの演奏についてですが、何せあのバイロイト祝祭オーケストラのピック・アップ・メンバーによると室内オケなので、この中にはズスケ(Vn)やザイフェルト(Hr)といった名手も含まれています。毎晩祝祭劇場での演奏があるので、この昼間の録音はちょっと息抜きみたいな感じで、特別に何か個性を強く押し出す演奏ではないけれど、通の人が和やかに演奏を楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。収録曲はワーグナー:ジークフリート牧歌、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調「トルコ風」、シューベルト:交響曲第5番変ロ長調、演奏:ローベルト・ケーニヒ指揮バイロイト祝祭歌劇場室内オーケストラ、ヴァイオリン:エリザベス・グラスです。ところで、この録音はCD化され学研プラッツ・レーベルから発売されました。今年もまもなくバイロイトのシーズンが来ますね。event1 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月26日 (木)

ラ チッタデッラ・ジャズナイト

昨夜はnight、JR川崎駅前複合商業施設「ラチッタデッラ」の野外ライブスペースのジャズナイトのイベントに知り合いのジャズフュージョン・バンドの「Cock A Doodle Doo」が出演するということで、メンバーに「チョット、チョット、いのピー、現地のPAが心配なんで、手伝ってくれなーい?up」と言われ、とりあえずPA一式を車に積んで行って来ました。car しかし、会場は円筒形で観客は視覚的に良好なのですが、音響的には困ってしまうほどダメで、特に演奏者は変に音が返って来るため、演奏し辛いと嘆いていました。正面の壁に埋め込んであるスピーカーに音を送ると何故かハウリングtyphoonを発生するし、後方のスピーカーはトンデいて使えないのでng、結局持ち込んだ機材で全て対応することになりました。客席上段の仮設PA席chairで真下のステージ上の音のバランスはえらく取り難かったのですが、それでも本番は何とか無事に終えることが出来ました。その後片付け撤収し、機材を自宅に運び込んだ途端に雨が降り始めました。rain でもでも、これで今年PA2勝2敗のタイスコアになりましたわ。Img_1731 Img_1735

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月22日 (日)

気分は外ミキ!

昨日は西荻窪のリハーサル・スタジオを見て来ました。リハーサル・スタジオと言っても単なる練習スタジオだけでなく、地階に録音コントロール・ルームと小編成のバンド用のスタジオが2室と唄入れ用のブースがあり、本格的な録音が出来る録音スタジオが設備されていました。ただ、保有マイクkaraokeの種類が少ないこととプロツールズのバージョンが古く私には使い辛いこと が気になりました。danger まぁ、そのうち外部録音エンジニアとして使うこともあるでしょう。ちなみにコロムビアでは社外の録音エンジニアのことを「外(そと)ミキ」と呼んでいました。ついでに、スタジオ所属のエンジニアは「ハウス・エンジニア」とか「ハウス・ミキサー」と呼びます。bellImg_1730 Img_1724Img_1728

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月20日 (金)

Take the F Line !

今日は、午後から来月発売するMTG三浦俊司トロンボーン・グループのデビューCDのジ゛ャケット・デザインの最終校正のため都内に出ました。走る人 目的地のスタジオはその沿線の駅から少し離れているのですが、折角ですから鉄子としましても、渋谷から出来たばかりの東京メトロ副都心線(略号F)に乗り換えて行くことにしました。subway 地下5階のホームは広々としていて、また巨大な吹き抜けもあったりして、新しい駅はいつ見ても気持ちいいものですね。2012年には東横線も乗り入れることになっています。 ところで、MTGのデビューCDは「星に願いを/MTG+Ray」(HERB-701)のタイトルで発売しますので、どうぞよろしくお願いします。なお、残念ですがこのアルバムに「Take the A Train」train は収録されていません。ごめんなさい。Img_1717 Img_1719 Img_1720

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 1日 (日)

本日、荒井英治のCD発売です。

本日、荒井英治のnew新譜CD「J.S.バッハ作曲:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全6曲」(HERB-008/009 ¥4,830)を発売しました。レコード芸術誌6月号「New Disc Collection」のページで「「これが僕のバッハだ!」を精力的に表明した荒井英治の会心作で、精魂を傾けた演奏に心からの敬意を表したい。」とのコメントコメントを頂きました。7月号の月評が期待できます。なお、パルティータ第3番からガボットを試聴することができます。皆様よろしくおねがいします。クローバー Cd1_3Cd2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »