« HQCDって? | トップページ | 廃盤復活です »

2009年2月27日 (金)

録音プロトコル

コロムビアのHQCDの事を書いたら早速コロムビアの社員が仕事中に会社のパソコンpcからこのブログへアクセスしたようだけど、まぁCDの宣伝をしているようなものなので、それはそれで良いこととして、それでついでにコロムビアクラシックメールマガジンへの追加補足的な録音現場情報を紹介しましょう。折角ですから昨日の寺神戸亮の録音プロトコルについて録音マニアのためにも説明します。この録音は録音機はNAGRA-D(44.1KHz,20bit,4ch)で、マイクアンプ,A/D&D/Aはコロムビア録音技術課開発品です。チャンネルアサインはch1&2がメインマイクB&K4006(マイク間隔56cm、高さ220cm)で、ch3&4はDMC1000によるアシスタント・マイク・ミックスです。マイクはヴァイオリンにショップスCMC54U(高さ215cm)、チェロにはショップスCMC54Uステレオペア(マイク間隔22cm、高さ135cm)、チェンバロ、オルガンにB&K4006ステレオペア(マイク間隔17cm)となっています。モニター環境は写真のようにプリメインアンプDENONPMA-S1、スピーカーはB&W801です。ヴァイオリンのマイクが若干高いと思われるでしょうが、それはこの教会の響きがとても良いので直接音をそれ程必要としなかったからです。また吊下がっているシャンデリアがかなり音を乱反射させるので、メインマイクのセッティングは苦労しましたね。wobbly

|
|

« HQCDって? | トップページ | 廃盤復活です »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ヴァイオリン」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/44186697

この記事へのトラックバック一覧です: 録音プロトコル:

« HQCDって? | トップページ | 廃盤復活です »