« 灰鈍の教会録音! | トップページ | 皐月のジャズ・ライブ »

2009年4月30日 (木)

軽皆カルテット?

ハイドンの弦楽四重奏曲のお話の続編ですが、デンオン・レーベルから久しぶりに結成25周年を迎えたカルミナ・カルテットの新譜<バルトーク:弦楽四重奏曲第1番&第2番(DENON-COGQ-37)cdがリリースされましたのでご紹介します。これは昨年日本で録音されたものですが、私も彼らの録音セッションに参加したことがあります。そのセッションの収録曲にはクイケン・カルテットと同じハイドンの弦楽四重奏曲作品76<エルデーディ四重奏曲>もあって、それはスイスのラ・ショー=ド=フォンclockムジカ・テアトルで録音したものです。写真cameraはその時のもので、調整室でプレイバックを聴いているカルテットの様子を写したものです。ところで写真に写っている日本人らしき人物shadowは私ではなく、当時オランダオランダでトーンマイスターの勉強をしていたH氏でアルバイトでアシスタントを依頼していました。その他の写真はマイクセッティングの様子を写したものです。さてカルミナ・カルテットの録音セッションについてですが、全曲通しテイクは少なく、少し進んでは止まって、楽譜の演奏上の意見を出し合い、お互い議論を交わし細かいところまで解釈を統一してから、また元に舞い戻って演奏を始めるという風に「三歩進んで二歩さがる」という具合にジグザグに進行するので、時間がかかりますし、当然のことながらテイク数も非常に多くなります。でも録音に対する彼らの厳しさや集中力は凄いものでメンバーの皆が軽いノリで演奏するような軽い人達では決して無いことをここで強調しておきます。annoypunch  6月に来日公演(録音はてなマーク)の予定です。飛行機11_1 21_1  31_1

|
|

« 灰鈍の教会録音! | トップページ | 皐月のジャズ・ライブ »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

弦楽四重奏団」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/44788537

この記事へのトラックバック一覧です: 軽皆カルテット?:

« 灰鈍の教会録音! | トップページ | 皐月のジャズ・ライブ »