« 杯呑の秘曲? | トップページ | 軽皆カルテット? »

2009年4月24日 (金)

灰鈍の教会録音!

さてこのハイドンの弦楽四重奏曲 Op.51「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」(COCO-70520)の録音プロトコルですが、録音機材は弦楽四重奏曲作品76<エルデーディ四重奏曲>と全く同じです。メイン・マイクDPA4006のセッティングがカプセル間隔52cm、高さ206cmでAB方式となっています。録音風景写真カメラを探したのですが見つけられなくってごめんなさい。weep  しかしこの曲が曲だけに教会教会で録音したのは結果的に大成功だったと思います。ビックリマーク アーティストも録音スタッフも録音が進行する中で次第と何か清らかな特別な精神状態に達して行きそれが名演奏に繋がって、そしてそして今やこの曲の代表的名盤cdとなってしまいました。合格 そういうことで、録音会場の選択も大変重要ですね。単に「美味しい物が食べれる」からと云って決めてはいけなんいですよ。!? この曲は緩徐楽章が連続するために正直聴いているうちに眠くなります。sleepy 事実私も録音中に何度も睡魔に誘われました。夜ムーンライト寝付けない時に睡眠導入剤的に聴くと効果があるかもしれませんね。ところでチェロのヴィーラント・クイケンは肉食家なので毎食ステーキを食べるということで録音セッションの間お昼ランチはいつも彼一人でステーキ屋ナイフとフォークに行っていました。足あとtaurus

|
|

« 杯呑の秘曲? | トップページ | 軽皆カルテット? »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

弦楽四重奏団」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/44753294

この記事へのトラックバック一覧です: 灰鈍の教会録音!:

« 杯呑の秘曲? | トップページ | 軽皆カルテット? »