« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月に作成された記事

2009年6月28日 (日)

ヤナーチェクがブーム?

今この日本で何故かチェコの作曲家ヤナーチェクがブームになっているんですよ。それは村上春樹の新刊「1Q84」の作中のレコードを聴くシーンで頻繁に登場するヤナーチェクの「シンフォニエッタ」がこの小説で大きな情景設定を果たしているからで、そのため取り上げられたジョージ・セル指揮・クリーヴランド管弦楽団盤の売上が何と2万枚に届くほどだそうです。また小澤征爾指揮シカゴ交響楽団盤も1万枚ということです。これらの録音は名演と言われていますがその音楽的解釈は今の時代から見れば少々古臭さを感じます。それらはアナログ録音だしもっと良いデジタル録音で新しい解釈で曲自体を新鮮な感覚で聴きたいと思われる方にお薦めの盤ということになると、いのピーが録音したエリアフ・インバル指揮ベルリン・ドイツ交響楽団盤(DENON COCO-80665)を挙ない訳にはいかないでしょう。_1 でもこれは残念ながら現在廃盤になっているので、このブームで是非コロムビア様におかれましても再発してほしいとお願いしています。それでこの録音の経緯に関してはこのブログで過去に紹介していますのでチェックしてみてください。ところでそれとは別にヤナーチェクのことで特別に皆様にお知らせしたい事があるのですが、現在いろいろやっていましてまだ秘密なので公表はもうちょっと待ってくださいね。あえて言えばそれは未だ明らかにできずあたかも晴れない霧の中にいる様な状態なのです。ごめんなさい、いのピー五里霧中霧!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月26日 (金)

日下紗矢子/アレッシオ・バックス「デュオ・リサイタル」に行ってきました。

昨夜は東京文化会館小ホールに日下紗矢子/アレッシオ・バックス「デュオ・リサイタル」を聴きに行きました。主催が東京労音とメロス・アーツ・マネジメントということでほとんど満席状態でしたが、いのピーは招待席に座っていたので良い音響条件でリサイタルを楽しむことができました。happy01 日下さんの生のヴァイオリンの音を聴くのは去年10月以来ですが、ピアノ伴奏付きで聴くのは初めてだったので、どのように音が変化するのか興味津々でした。伴奏者のアレッシオ・バックスとは長くデュオを組んでいるとのことで、とても息の合った演奏でした。それと特筆すべきこととして日下さんの音がとても太くダイナミクスが広くなっているだけでなくその演奏表現のスケールが一回り大きくなっていることに驚きました。日頃コンサートマスターとして責任ある立場で演奏していることが彼女を変化させてきているのでしょうか。もちろん昨年初めてのCDCDをリリースしたことも大きな影響を与えていることは言うまでも無いと思います。confident 今回デュオの日本ツアーは27日の名古屋・宗次ホールで終了ですが、来年は日本ツアーはもちろんヨーロッパ・ツアー飛行機の予定も決まっているそうです。ついでに来月国内2か所のリサイタルの予定もお知らせしておきます。それと今回の日本ツアーの影響でしょうか「日下紗矢子」の検索ワードでこのブログのアクセスが急増アップしました。ありがとうございました。なお、「ぶらぼあ6月号」に掲載されたインタビュー記事はこちら。今後の日下紗矢子の一層の活躍が期待されます。Img_2787_1キラキラ  Img_2782_1 Img_2781_1 Kusaka_sch1_1 Kusaka_sch2_1 Kusaka_sch3_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月21日 (日)

コンサートマスターって

ヴァイオリニストの樫本大進さん(30)がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに内定したことが19日に各メディアで流され大きなニュースとなっています。実はこの情報いのピーは前もって知っていたのですが、なかなか発表されなかったので、もしかしたら「ガセネタかはてなマーク」と疑っていたのでしたが、正式に発表されましたので良かったです。おめでとうございます。ベルリン・フィルの日本人コンサートマスターとしては3月で退任した安永徹さんに次いで2人目になります。安永徹さんはいのピーと同じ福岡の出身ということで幼少の頃から彼の活躍振りはよく知っていました。樫本大進さんには正式就任になるよう頑張ってもらうこととして、そういうことで今現在外国オケのコンサートマスターを努めている日本人は誰かとなると、何と我がハーブクラシックスのベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のコンサートマスターである日下紗矢子ちゃんだけなのですよ。Img_1912_1しかも同じベルリンだし、樫本大進さんのニュースの中でついででよいから紹介してよと思ってしまいました。さてその日下紗矢子ちゃんのリサイタルが6月25日に東京文化会館小ホールで開催されます。今年出光音楽賞を受賞し「題名のない音楽会」に出演したら更なるブレイクは間違いない紗矢子ちゃんのリサイタルです。クラッカー もちろんいのピーも行きますので会場で皆様にお会いできると思います。なお、チケットは売るほど余っていますので皆様よろしくお願いします。音譜

1_1

2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月16日 (火)

株と自動車学校?

昨日のモーニングスターの株式ニュースで「パイオニア <6773> が12日後場に入り上げ幅を拡大し、一時35円高の331円まで買われた。11日に提出された10日現在の空売り残高報告書で、パイオニア株80万株のカラ売り残高を持つ、南福岡自動車学校(福岡県)が市場の話題となった。カラ売りの意図並びに直接的なインパクトは不明ながら、株価急騰のきっかけは「売り方の踏みが入った」(中堅証券)との見方が多い。ただ、JVC・ケンウッド・ホールディングス(JVCKWH) <6632> も後場から急騰しており、「再編の思惑が出たのではないか」(市場関係者)との指摘もあった。 12日終値はパイオニアが20円高の316円、JVCKWHが7円高の78円」 とありました。 パイオニアというと、経営不振に陥っていて政府が公的資金を使った資本支援する検討に入った、という報道以来株価が急騰アップしていてオーディオ業界も再編絡みで騒がしくなっております。またそれとどう関係するのかコロムビア<6791>の株価も50円を突破upwardrightしてきています。さてこのニュースのなかでおやっと思ったのは南福岡自動車学校という懐かしい名前が出たからです。なぜパイオニア株80万株をカラ売りした理由は分かりませんがはてなマーク、それはともかく実はいのピー南福岡自動車学校を卒業して車の免許を取得したのですよ。其の後一時ドイツの免許に書き替えましたけど、えーsign05、随分前の話なりました。car

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年6月14日 (日)

ベスト・ポケット・ウィンズ

昨日はつづきジャズ協会主催の吹奏楽の為の野外コンサート「ベスト・ポケット・ウィンズ(Vest Pocket Winds)」が横浜市都筑区で開催されました。珍しくはてなマーク天候に恵まれてsun暑い一日でしたがそれを予想してもちろんUV対策は完璧のPA担当のいのピーでした。この吹奏楽の為の野外コンサートは今年で3回目なのですが、いつも沢山のお客様がいらっしゃいまして私達主催者側としても、もちろん地元商店街の方にとっても大変嬉しい限りです。今回のコンサートでは横浜市内の中学、高校合わせて4バンド、同社会人3バンドの計7バンドが出演しました。ところがそれぞれのバンドの楽器編成は全く異なりますので、毎回それぞれの出番直前にステージ上の楽器セッティングとそれにともなうマイクセッティングを短時間で準備しなければなりません。もちろんあらかじめ楽器セッティング図はもらっているのですが、往々にして現場合わせになることが多いです。従ってPAとしても基本的に複数のマイクをソロパート、木管パート、金管パート、パーカスパートと4グループに分けて配置し後は個々のバンド編成にあわせて柔軟に対応するというスタンスが今までの経験を鑑みて一番良いのではないかと思います。アップしている写真には多摩川吹奏楽団をバックにソロ・トロンボーンを執る三浦俊司氏の姿もありますよ。Trombone音譜Img_2758_1 Img_2753_1 Img_2761_1 Img_2770_1 Img_2772_1 Img_2774_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年6月13日 (土)

ウィンナ・クラリネット

オーストリア料理を食べて頭はすっかりウィーン気質になってしまったいのピーですが、ハーブクラシックスからのお知らせがあります。昨年に続いてウィーン・フィル首席クラリネット奏者のペーター・シュミードルと新進気鋭ピアニスト佐々木秋子とのデュオアーベントが7月30日にトッパンホールで開催されます。ウィンナ・クラリネットの真髄を聴くことができる最高のリサイタルですので、皆様是非お越しください。詳細はハーブクラシックスのHPにアップしていますのでご参考の上よろしくお願いいたします。ところでトッパンホールというと私達録音関係者の間ではあることが話題になりますが、その後どうなりましたでしょうかね~sign05。大丈夫ですかはてなマーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月12日 (金)

ツッカベッカライ?

オーストリア料理ランチの続きです。デザートはアプリコットのケーキとチーズケーキチーズをウィンナコーヒーcafeでいただきました。甘さを程よく抑えた上品な味が口に拡がるところが素晴らしく美味しかったです。そうアプリコットと言えば一昨年CD録音のためにウィーン東方のキットゼー(もうちょっとでスロバキアのブラティスラバです)に行きましたが、そこがアプリコットの一大生産地であったことを思い出しました。また行きたいなー。ところでこのレストランrestaurantで出されるスイーツチョコロールケーキ、実は隣接するツッカベッカライ(お菓子屋さん)カヤヌマのお菓子なのです。もちろんそうとなれば帰りに寄らない訳はありませんね。このお店はオーストリア国家公認コンディトールマイスター栢沼稔氏のお店で、ザッハトルテからクラプフェンまでが優雅に並んでいます。お店のドアを「グリュス、ゴット」と挨拶しながらドアを開けるとモーツァルトの音楽が流れていて「ここはどこ?Wo bin ich hier? もしや、ウィーン?」と勘違いしてしまいそうな雰囲気です。さて甘辛両刀使いのいのピーとしてはすごーく食べたい誘惑に駆られたのですが、ダイエットもしなくちゃいけないので、ここはじっと我慢して買いませんでした。moneybag なお、同席されたピアニストの佐々木秋子先生は感激してお菓子を沢山御買上げなされてニコニコ状態でご帰宅されました。deliciousImg_2739_1 Img_2721_1 Img_2741_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月11日 (木)

新型インフル

いのピーが福岡から戻ってきた直後に、福岡市で新型インフルエンザ感染が確認されたとのニュースがありました。中土居宏宜(マスク) それで、感染したのが板付中学校、板付小学校の生徒ということで直ぐに旅行者が持ち込んだなとピーンときました。というのは板付地区は福岡空港に隣接しているからで、ちなみに福岡空港はかつて板付飛行場と呼ばれていました。飛行機 どうもアメリカアメリカから里帰りした人が感染していたみたいです。いのピーもお土産を探して空港内をうろうろしていましたから危ういところでした。ところが今日になってドイツの日本人学校が新型インフルエンザで休校した学校とのニュース(ドイツ語)あり、もしやと思って詳しく読むとやっぱりデュッセルドルフの日本人学校でした。ドイツ 感染経路は分かっていないそうですが、ドイツ国内感染者で日本人の感染者が多いということで、ドイツで最も多くの日本人が住むデュッセルドルフ市は対策を急ぐ方針とのこと。其の後、フェイズ6が宣言されてしましたね。さてインフルエンザの話は別としてここではデュッセルドルフのお土産presentとして、もちろんアルトビールは最高ですが、かさ張るので手頃なTシャツをご紹介します。洗濯洗濯機したばかりですが、着古した汚いシャツをお見せ致しまして申し訳ありません。洗濯物Img_2742_1 Img_2747_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年6月10日 (水)

オーストリア万歳!

今年2009年は日墺修交140年の年に当たっていて日本とオーストリア両国において「日本オーストリア交流年2009」を開催することになり、様々な記念行事が計画されています。ということで、今日ハーブクラシックス関係者で慰労会を兼ねての昼食会restaurantを東京赤坂のオーストリア料理店「K.u.K.(カー・ウント・カー)」でしました。オーストリア料理と言ってもヴィーナーシュニッツェルやグーラシュ料理に代表される郷土料理ではなく、正統派であるハプスブルク家の宮廷料理を現代日本にアレンジして作ってくださるキュッヘンマイスター神田真吾氏の料理なのです。季節的にはシュパーゲルアスパラ(アスパラガス)が直前に終わって残念なのですが、それでも季節野菜を上手に使った前菜の美味しいこといったら、バインシンケンも美味しいしこれだけでも満足です。それと2年振りに飲むオーストリア・ビールbeerが嬉しくて記念にボトルを貰って帰りました。草食系のいのピーとしてはメインディッシュはお魚fishにしましたが、とても柔らかくて口に入れるととろけてしまいました。もちろんワインwineも飲みましたし、とても幸せな一日でした。full    Img_2722_1Img_2733_1Img_2725_1Img_2728_1Img_2724_1

Img_2735_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 9日 (火)

パソコンが・・・

先週のことですが、普段サブとして使っているパソコンパソコン(CDマスター制作やビデオの編集作業ではメインのパソコン)が突然ダウンダウンしてOSが立ち上がらなくなってしまいました。叫び そこで慌ててパソコンをアウトドア用の丈夫な手提げ袋に積めて担いで近所のパソコン修理専門店PCクリニックに持ち込みました。あせる この店にパソコンを修理の為に持ち込むのは昨年の12月以来半年振りです(その時の顛末は既に紹介済)。今回はOSが立ち上がる途中でディスプレイには変な縦線模様が現れOSの起動を繰り返し結局いつまでも立ち上がらない、という症状でマザーボードやハードディスクが壊れていたらどうしよう。crying 得てしてこういう時に限って急な仕事が飛び込んでくるものなので心配になったからです。 お店の方はいのピーの顔を覚えていたらしく早速立会い修理となりましたが、直ぐに原因が判りましたグラフィックボードが壊れていました。新しいボードと交換したら正常に立ち上がりました。アップ 良かった良かったです。ケースの中の埃をエアーをかけて掃除してもらって修理完了で、また袋につめてヨッコラショと担いで帰りましたとさ。先ずは一安心です。でも、急な仕事は来なかったなぁ・・・clover

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 5日 (金)

アップル・タクシー?

アップルと言ってもパソコンpcのことでなく、タクシーのことなのです。実家から福岡空港airplaneまでタクシーを利用しようとして電話telephoneで呼んで迎えに来たいつもの共働タクシーに乗ってびっくりです。ビックリマーク 乗り込んで「福岡空港まで」と言って前を見ると、何と運転手の前のフロントガラス下に生のりんごが並んでいるではありませんか!? それも6個appleappleappleappleappleappleも。恐る恐る「そのりんごりんごは何ですかはてなマーク」と聞いてみると、「化学物質で合成製造された芳香剤は健康のために良くないので自分は使用したくない。その代りに天然の果物の香りは自然そのもので、精神を安定させ、しかも身体を活性化する作用がある。」ということで生のりんごを使っているそうで、空港に到着するまで色々とその効用についての解説を聞かされました。sign04 確かに車内はりんごappleの甘酸っぱい香りが漂います。なるほど、心が落ち着くことで安全運転にも貢献しているのかな。signaler しかしこのユニークなタクシーは当然話題になるのでこれまで地元のTV局のワイドショーで何度か紹介されたそうです。もちろん大変親切な応対の運転手さんでした。ところでりんごappleと云うといのピーはすぐにりんごappleから作られるお酒「カルヴァドス(Calvados)wine」を連想してしまいます。ということで「早く自宅へ帰って久し振りに飲んでみようかなはてなマーク」などと思いながら福岡を後にしたいのピーでした。飛行機Img_2704_1 Img_2705_1Img_2706_1 Img_2707_1Img_2712_1   

Img_2717_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 3日 (水)

報知機プレイ?

さてさて、実家に里帰りしたわけですから、お土産を買ってリターンしなければ許してくれない人達がいるので、九州一の繁華街である天神へお出かけしました。train お土産として銘菓○○饅頭を買って、次は火災報知機です。 エッ、「何で火災報知機かはてなマーク」って言われましても・・・、実は実家の近所を回っている回覧板で知ったのですが、福岡県では6月1日から住宅用火災警報器の設置が義務づけられているのです。叫び!! それで急遽パナソニックの熱感知と煙感知の2タイプの火災報知機を買って実家の天井に取り付けることにしました。やれやれ、これで義務を果たして安心してリターンできます。合格Img_2701_1 Img_2702_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 1日 (月)

地デジカ

実家家のテレビは今年の正月にシャープの薄型テレビ・アクオステレビを購入してアナログからデジタルに変更したのですが、アンテナを地デジ対応にしていなかったので、今までしばらくの間このテレビは地上アナログとBSデジタルアンテナちゃんで視聴してもらっていましたが、地デジ対応アンテナを立てて完全デジタル化を図ることにしました。あー、そう、そう、残念ですが、エコ・ポイントは付きません。それで別のアナログ・テレビ用のアンテナに地デジ対応アンテナも取り付けることにしました。ところが放送局の方向がそれぞれ違うので結局写真写真ありの様に上が地上アナログ(久留米方向)で下が地上デジタル(福岡タワー東京タワー方向)となってしまいました。ついでにステーが錆びていて、もし台風typhoonが直撃すると切れてアンテナが倒れる恐れがあるので、更にステーを張って補強レンチしました。これで大丈夫です。グッド! ところでこの作業のために梯子で屋根に何度も登り降りしたために翌日は筋肉痛でした。weepあせるImg_2698_1_2 Img_2700_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »