« コンサートマスターって | トップページ | ヤナーチェクがブーム? »

2009年6月26日 (金)

日下紗矢子/アレッシオ・バックス「デュオ・リサイタル」に行ってきました。

昨夜は東京文化会館小ホールに日下紗矢子/アレッシオ・バックス「デュオ・リサイタル」を聴きに行きました。主催が東京労音とメロス・アーツ・マネジメントということでほとんど満席状態でしたが、いのピーは招待席に座っていたので良い音響条件でリサイタルを楽しむことができました。happy01 日下さんの生のヴァイオリンの音を聴くのは去年10月以来ですが、ピアノ伴奏付きで聴くのは初めてだったので、どのように音が変化するのか興味津々でした。伴奏者のアレッシオ・バックスとは長くデュオを組んでいるとのことで、とても息の合った演奏でした。それと特筆すべきこととして日下さんの音がとても太くダイナミクスが広くなっているだけでなくその演奏表現のスケールが一回り大きくなっていることに驚きました。日頃コンサートマスターとして責任ある立場で演奏していることが彼女を変化させてきているのでしょうか。もちろん昨年初めてのCDCDをリリースしたことも大きな影響を与えていることは言うまでも無いと思います。confident 今回デュオの日本ツアーは27日の名古屋・宗次ホールで終了ですが、来年は日本ツアーはもちろんヨーロッパ・ツアー飛行機の予定も決まっているそうです。ついでに来月国内2か所のリサイタルの予定もお知らせしておきます。それと今回の日本ツアーの影響でしょうか「日下紗矢子」の検索ワードでこのブログのアクセスが急増アップしました。ありがとうございました。なお、「ぶらぼあ6月号」に掲載されたインタビュー記事はこちら。今後の日下紗矢子の一層の活躍が期待されます。Img_2787_1キラキラ  Img_2782_1 Img_2781_1 Kusaka_sch1_1 Kusaka_sch2_1 Kusaka_sch3_1

|
|

« コンサートマスターって | トップページ | ヤナーチェクがブーム? »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ヴァイオリン」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/45456349

この記事へのトラックバック一覧です: 日下紗矢子/アレッシオ・バックス「デュオ・リサイタル」に行ってきました。:

« コンサートマスターって | トップページ | ヤナーチェクがブーム? »