« 青霊音盤出現! | トップページ | メンテの日々でした。 »

2009年9月15日 (火)

気負いホール?

昨夜夜の街は久し振りに録音では無く純粋に音楽を聴くために紀尾井ホールに行って来ました。走る人 コンサートは寺神戸亮&レ・ボレアードによるオール・ヴィヴァルディ・プログラムでした。最近もっぱらモダン楽器ばかり聴いていたので、久し振りに聴くバロック・ヴァイオリンやフルート・トラベルソ等の古楽器の音はえらく新鮮な感じがしました。特に肩掛け型のチェロ、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器の生音を聴くのは初めてだったのですが、いのピーとしてはそのハッキリしないモコモコしたなんとも言えない中途半端な音色は正直言って魅力を感じませんでした。それはそれとしてコンサートではフルート協奏曲や有名な「四季」が演奏されましたが通奏低音の処理に新しい試みが見られたり、即興的演奏もあったりで寺神戸亮氏の実に良く考えられた解釈が光るコンサートでした。flair ところで3点吊りマイクとして最近は余り見かけることがなくなったショップスのKFM-6Uがぶら下がっていましたImg_3106_1音譜

|
|

« 青霊音盤出現! | トップページ | メンテの日々でした。 »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ヴァイオリン」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/46220277

この記事へのトラックバック一覧です: 気負いホール?:

« 青霊音盤出現! | トップページ | メンテの日々でした。 »