« ランチはもちろん、フレンチ! | トップページ | 犬も首を傾げた! »

2009年11月 4日 (水)

犬も首を傾げる?

昨日はこの秋一番の冷え込みと木枯らしで「さぶ、さぶ」でしたが、皆様はいかがでしたでしょうかはてなマーク
 ところで今朝ビクターが音楽ソフト事業会社「ビクターエンタテインメント」をゲームソフト大手のコナミに売却するニュースが報道されました。そのニュースを「寒、寒」と聞いたのはいのピーだけではなかったことと思います。にゅうす!?
 実はかつてこのブログでビクター売却についての記事を書いたことがありましたが(2006年12月25日)、朝からその記事へのアクセスが増えていましたので、今日はそのことについて触れない訳にはいかないでしょう。そのときはTV・オーディオ部門のケンウッドとのM&Aがメインであって、ソフト部門はとりあえずそのままで、でもビクターエンタテインメントの将来を案じていたのですが、ついに現実のものとなったようです。ビックリマーク
 JVC・ケンウッド・ホールディングスはヨーロッパや中国でTV事業関連損失を計上するとして、2010年3月期の最終損失は200億円に膨らむ見通しを発表し業績は悪化しています。またソフト部門も景気の急速悪化、音楽のネット配信携帯電話によるCDCD離れにより売上の低下が顕著となっているので資産価値のある今のうちに売却してしまおうということか一方、コナミとしても主力のゲームソフト以外に映像や音楽コンテンツ分野に事業を展開することができシナジー効果を期待できると思われます。classic Black
 しかしこの報道があっても今日のJVC・ケンウッド・ホールディングス<6632>の株価は前日と変わらず45円といったところですが、でも今年後半はダラダラ下げています。これによって今後縮小傾向にある日本のレコード音楽業界がユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、エイベックス・グループ・ホールディングスのメジャー3強とその他に再編される動きが加速しそうです。馬
 先日訪れたデジタルコンテンツの専門学校でもゲーム音楽制作エンジニア志望者が多いということも成程と思っていたら、午後になってビクターがHOYAから「ペンタックス」ブランドのデジタルカメラカメラ事業の買収交渉を進めていることが明らかになりました。ウ~ン、凄く速過ぎるー、結局これからの拡大成長がなかなか見込めないダウン音楽ソフト事業に早く見切りを付け売却し、その利益で成長が見込めるアップ映像機器事業を強化していこうという事業のリストラクチャリングを目指した訳ですネ。confident
 そうそう、ビクターというとSMAPやサザンオールスターズに代表されるメジャー・アーティストが所属しているけれども、結局移籍ということになるのでしょうか そうなるとあの「のりピー」姉さん女の人はどうするのでしょうかネあせる

|
|

« ランチはもちろん、フレンチ! | トップページ | 犬も首を傾げた! »

オーディオ」カテゴリの記事

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演歌」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/46671326

この記事へのトラックバック一覧です: 犬も首を傾げる?:

« ランチはもちろん、フレンチ! | トップページ | 犬も首を傾げた! »