« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月に作成された記事

2010年3月31日 (水)

オーディオは並行宇宙的パラドックス?

 またまた、とある、でもいつも読んでいるブログサイトですが、次のようなオーディオに関する記事がありました。メモ
 「オーディオって時を元に戻すことができるでしょ。記録、再生ですからね。だから好きなのです。リアルだとそこで失敗したら終わりだし。後で取り返すことができることとそうでないことがありますからね。手間暇かければかなりの精度で失われた時を戻すことができる。それが楽しいし、オーディオの追求の意図はそこにあるだろう。なぜオーディオを行うのかというのは社会学的なアプローチを用いないとなかなかわからない。そういう意味で元々懐古趣味なのですね。だから歴史を絡めて考えないと表層的な商品の取り替えだけでつまらない趣味に見えてしまうわけだ。取り替え趣味は製品の性能に制約されるし、自作は作者の能力に制約される。さらにソフトの情報量に制約される。そのなかで、趣味として無限のバリエーションを保ち維持する方法といえば懐古趣味な訳です。後ろを向きながら前に進むような矛盾を抱えていると思う。」 以上引用。
 なるほどそういう見方もあるものなのですね。いのピーもたま~に昔自分が録音したCDを聴き返すことがありますが、それは別に懐古趣味で聴いているのではありません。録音制作サイドの立場として過去の自分の録音作品を聴いているとあちらこちらに「あそこはああすれば良かった。」とか「ここんとこもうちょっとこうすれば良かった。」等々と反省させられることが数々現れ、まるで裁判の被告席に立たされているような感じがして、それで気になって落ち着いて聴いて居られないので本当は聴きたくないのです。しかしそれでも「済んだことだ。」と気を取り直して(最近はリマスタリングと言う敗者復活チャレンジというものもありますが。)次回の録音では「こうしてみよう。」とか「ああしてみよう。」とか過去の自らの行為を反省しつつ矛盾を抱いて前進するということをず~っと続けているのですが、結局この繰り返しの過程が好きで止められないんでしょうね。recycle
 などと年度末の今日この日、ふと考えてしまったのです。考える人

続きを読む "オーディオは並行宇宙的パラドックス?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月23日 (火)

桜が錯乱?

 一昨日未明は台風台風並みに発達した爆弾低気圧爆弾のために暴風雷雨台風風雷rainとなってしまい、自宅のバルコニーに並べていた植木鉢を軒並みひっくり返されてしまいましたが、皆様はいかがだったでしょうか。typhoon「花に嵐」といいますが、桜桜のためには開花宣言発表直前でしたので危うく難を逃れて良かったのかなと思っていたのですが、そ、そう言えば早咲きの桜がありましたね。桜** 近所の早咲き桜も確か先週見た時は満開だったはずですが・・・。ということで心配になって見に行ってきました。走る人
 この桜は桜の名所が沿線に数多く点在する東急田園都市線東急5000系でも早咲きの桜として知られ、残念ながら電車東急8500系内からはチラッshineとしか見えませんが某駅前にあります。cherryblossom それで確認しに行くとやっぱり花びらがかなり少なくなっています。暴風台風により桜の木が錯乱状態になって花が無残にも散ってしまったのでしょう。人生の無常観を感じてしまったといえば大袈裟でしょうか・・・。 
桜 ->団子いのピーでした。

Img_0001_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月21日 (日)

My Second イケア!

 このところ暖かい日sunがあれば寒い日snowもあったりして今は体調管理が難しい時期ですね。といってももうお彼岸ですね。先日その暖かい日和晴れに誘われて区内にある大規模商業施設IKEA港北まで途中ニッサンスタジアムを遠くに望みながら(暫くサッカーサッカー観に行ってないなぁ~)歩いて行ってきました。スウェーデン走る人

Img_0063_3

いのピーにとってIKEA(イケア)に行くのは今回初めてでした、といっても日本日本国内でという意味ですけど。実はドイツドイツ国旗駐在中IKEA様には大変お世話になったのです。おじぎ

 それは現地着任当初前任者からの引き継ぎ仕事を覚えることに精一杯でかつ録音の出張も重なって、しかも日本と違ってお店の営業時間は限られているし、とても自宅の生活用品やインテリアを買いそろえる時間を見つけることが難しかったのです。それで同僚に「どうしたらよいかなはてなマーク」と聞いたら「それならIKEAに行けば揃うよ。!!!」といわれ、「いけや、池屋」「それって日本人駐在員向けのお店なのかな」などと半信半疑で同僚の車くるま。DASH!の後についてアウトバーンA52を飛ばしてデュッセルドルフ郊外のIKEA Kaarstに行ったのがIKEAとの初めての出会いです。買い物買い物かごの仕方はすぐ分かりましたので言葉に不慣れな外国人には大変便利なお店ですね。それ以来駐在している間そこでかなりの生活用品を揃えることができ、そのうちのいくつかは帰国の際に持って帰ってきて現在でも自宅で使っています。照明器具なんかは電圧が異なるので、電源トランスを交換して対応しています。smile
 今回IKEA港北に行ってみるとやはり外国人の姿を見かけます(区内にはドイツ人ドイツが多数住んでいるせいもあるでしょう。)。それでフロアを回っているとあの時の記憶が蘇ってきてヨーロッパのお店にいるような錯覚をちょっとだけしましたが、もちろんお買い物お買い物。も日本では意外と売っていない物を注目してゲットしましたよ。あっ、そうそう最後にアクアビットも忘れずに買ったことは敢えて言わなくてもおわかりでしょう。酔っぱらい。

Img_0066_1Img_0067_1Img_0001_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 7日 (日)

マイクは正直なのです。

あるブログサイトに次のような記事がありました。
 「ソフト、ハード、ユーザーそれぞれがつじつま合わせをするのがオーディオ」そして「マイクは人が聴くように音を拾い上げることが出来ないから音源にマイクを向ける時点で制作者の意図が介在する。ここから始めないといけない。」以上引用。
 なるほどある意味的を射た言葉だと思います。もちろん当事者としてはそのことは十分考慮した上で録音制作を行っているつもりですが。そうなんです、実はマイクマイクという物は置かれたその位置で受け取る音をただ単に電気信号に変換して伝えているだけなのです。後は制作者がその音をどう解釈して制作意図するサウンド・イメージを作り上げて最終的一つのソフト・コンテンツとしてまとめ上げるかなのです。そういうことで、マイクマイク自体には何も責任は無く、使う方に責任があるだけで、マイクkaraoke*は正直なのです。カラオケ いのピーも録音現場では少なくともリスナーにつじつま合わせをさせなくてもよいような録音作品を制作しようと常に気を付けています。それでも、「どうしてこのような音に録音されているのだろうかはてなマーク」と疑問に感じるソフトも時々見受けられますね。もっともオーディオ装置の前で「ああでもない、こうでもない。ソフトか、ハードか、ユーザーかそのうちの何が問題か」とつじつま合わせをするのがオーディオの醍醐味であって「それを奪ってもらっては困る!!」と言われちゃうと、ま、そんな録音ソフトcdもあっても良いのかなぁ・・・。ブタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »