« 木星が大変なことに! | トップページ | 往年のブランド“昔の名前”人気復活? »

2010年5月30日 (日)

スキッパー君のお家が?

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは資産売却や事業再編などのリストラ計画を発表するとともに日本ビクターの創業地である横浜市にある本社社屋や土地も6月15日に売却することを発表しました。元ネタはこちらをクリック。これでまたひとつ日本におけるオーディオの老舗企業の本社がなくなります。資産売却による有利子負債の低減と資金確保による財務体質の立て直しが急務となっているようです。本社工場の一部は横浜市の歴史的建造物にも認定されるほどのものでしたが大変残念です。weep 2001年に東京赤坂の本社を売却した日本コロムビアと同じような運命を辿っているような気がします。ビックリマーク
 日本ビクターといえばその子会社の「ビクターエンタテインメント」と「テイチクエンタテインメント」がソフトバンクSoftBank に買収されそうだとの話を先日このブログで紹介しましたが結局破談になりました。その前の「コナミ」による買収劇もパーになってしまっています。どうもこのブログで取り上げるとダメになるみたい。はてなマーク
 さてその日本コロムビア現「コロムビアミュージックエンタテインメト株式会社」のことなのですが、なんと本年10 月1 日に創立100 周年を迎えるにあたり、これを機に音楽制作の“原点に返る”ことを目的として社名を『日本コロムビア株式会社』へ変更することを発表しました
 『日本コロムビア株式会社』を退職した者としては社名の復活はチョッピリ嬉しい気もしますね。演歌や邦楽、クラシックの業界では日本コロムビアの名前の方が通りが良いですから。これからいちいち説明する必要が無くなり楽になります。smile
 昔の名前で出ていますカラオケ

|
|

« 木星が大変なことに! | トップページ | 往年のブランド“昔の名前”人気復活? »

オーディオ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/48495865

この記事へのトラックバック一覧です: スキッパー君のお家が?:

» 日本ビクター、粉飾決算 [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
東証1部上場のJVC・ケンウッド・ホールディングス傘下の音響機器メーカー「日本ビクター」不適切な会計処理が行われていた問題で、証券取引等監視委員会は21日、有価証券届出書などへの虚偽記載があったとして、金融商品取引法に基づき、両社に計約15億4000万円の課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告しました。日本ビクターを巡って今年2月、業績が悪化した欧州におけるテレビ事業などの販売促進費の処理を先送りし、利�... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時53分

« 木星が大変なことに! | トップページ | 往年のブランド“昔の名前”人気復活? »