« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月に作成された記事

2010年11月29日 (月)

同一ピアノ競合盤です!

  さて、ピアノの抒情詩人こと内藤晃の新譜CDcdショパンアルバム24の前奏曲 作品28≫その他(HERB-014、\3,150(税込))が12月1日に目出度く発売されます。クラッカー 
Herb0141_1_2

 このブログでもこのアルバムの最大の特徴として、1912年製ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)ピアノを弾いて録音をしているということを再三紹介していますが、実はこのピアノを弾いて録音されたピアノ・ソロのCDcdは内藤晃の新譜CDcdで3枚目なのです。!?
 そこで、既に発売されている2枚のCDcdを発売順にご紹介しましょう。
  まず1枚目は江口玲盤で2010年9月30日にタカギクラヴィア㈱のNYSレーベルから発売された「Dear Chopin」です。
 2枚目は長富彩盤で2010年10月20日にコロムビアから発売されたデビューアルバム「イスラメイ」です(特設サイトはこちらです)。
  これら2枚のアルバムについては奇しくも今月発売のレコード芸術誌12月号にそれぞれの批評が掲載されていますので、ご興味のある方は是非お読みになってください。なお、内藤盤の評は来年2月号掲載の予定です。book
  そういう事で内藤晃の新譜CDcdが同一ピアノ録音3枚目となるわけですが、これら3枚のCDcdはそれぞれレーベル、ピアニスト、録音会場、録音エンジニア(江口と長富両盤はいのピーのコロムビア時代の同僚の塩澤氏)、録音方式、収録曲目と色々異なる訳ですが、弾いているピアノと調律師だけは同じという条件を考慮してこれら3枚のCDcdを聴き比べて演奏を楽しむことができますが、さらに加えてオーディオ的にもその音の違いを楽しむことができます。ピアノ音譜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月25日 (木)

ピアノはNYS!

 ピアニスト内藤晃が11月20日の「ショパンの夕べ」と題するコンサートで弾いたピアノはCDcd録音に使用した1912年製のヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)ピアノです。このピアノはタカギクラヴィア㈱の所有でお借りしたものです。写真はその高木社長自ら調律しているところで、いのピーとはコロムビア時代から長いお付き合いがあります。その高木社長は11月12日朝日新書より第2冊目の著書「調律師、至高の音をつくる- 知られざるピアノの世界」を出版されました。早速読んでみましたが背景と言うか裏を知っている者としては「あー、あの事か!!」と思い当たる事が一杯でした。評判上々だそうで、お勧めの一冊です。オススメ本
Img_0969_1Img_0975_1Img_0976_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月21日 (日)

ご来場ありがとうございました。

Img_0980_1 昨夜11月20日(土)19時からの横浜みなとみらい小ホールでハーブクラシックスのピアニスト内藤晃の「ショパンの夕べ」と題するコンサートには沢山のご来場者を頂きましてありがとうございました。お礼を申し上げます。ご本人のコメントはこちらです。ぼぼ満員に近い入りでホール関係者も「ピアノソロでこれだけの入りはそうそう無いです。」と驚いていました。
 写真はホール正面のAPECが終わった後の普段に戻ったパシフィコ横浜でホテルの上には月満月も出ていて、あの大騒ぎが嘘のようです。てへ
 さて、内藤氏も録音時よりもこのニューヨーク・スタインウェイピアノとさらに一層仲良くなったようで素晴らしい音を弾き出していました。音譜  休憩時間にロビーに出て観客の反応を探ると一応にピアノの音が素晴らしいという感想を耳にしました。そして好演奏も手伝ってCDcdの売れ行きが予想以上でピックリしました。ビックリ! ご購入頂きましたお客様にお礼を申し上げます。アリガトウ
 ところで、このホールの響きはピアノソロには少し響き過ぎで、歌、弦、木管には丁度良いのですが、この夜だけは何故かピッタシでした。!?
Img_0986_1Img_0981_1Img_0984_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月18日 (木)

内藤晃のプロモーションビデオです。

 明後日11月20日(土)19時より横浜みなとみらい小ホールでハーブクラシックスのピアニスト内藤晃が「ショパンの夕べ」と題するコンサートを開催します。ピアノ チケット(全席自由\3,000)チケットはまだありますのでどうぞご来場よろしくお願いします。ピアノ♪
 Naito_nov201_1Naito_nov202_1
 演奏曲目は24の前奏曲op28(全曲)、幻想曲ヘ短調op.49その他です。また新録音のショパン・アルバム(24の前奏曲op28(全曲)その他)(HERB-014)のCDNEWcdも会場先行発売いたしますのであわせてよろしくお願いします。ピアノ m030

Herb0141_1_2

  そして、そのCDを録音したときに制作したプロモーションビデオがこちらのYouTubeとなっております、音もメインマイクマイクのみのいわゆるワンポイント録音(Recording by Single Stereo-Pair Microphone Tchnique)サウンドになっております。
  ご視聴どうぞよろしくお願いします。音譜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月14日 (日)

モーツァルトはお好き?

 ニュージーランドニュージーランドのクライストチャーチの通りでモーツァルトを流したら犯罪が激減ダウンしたというニュースがありました。にゅうす 信じられないような劇的効果があるのでしょうか!? 街中どんな店舗に入ってもBGMがかかっている日本ですから一度チャレンジしてみたらどうでしょうかね。ということでいのピーも早速インターネットラジオのラジオモーツァルトに接続してBGMとして聴いてみました。時折フランス語のアナウンスが入りますが、なーるほど、なんとなく心地良い気分になります。皆様もお試してはいかがでしょうか音譜
 ところでモーツァルトは録音するのが難しい録音屋泣かせcryingの作曲家の一人なのです。何故ってはてなマーク それは音数が少なく休符の無音も音楽になっているからなのです。!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月13日 (土)

内藤晃の新譜CD発売です。

 ピアノの抒情詩人・内藤晃の新譜CDcdが12月1日に発売されます。今年はショパン生誕200年ということで色々なピアニストがそれぞれのショパンアルバムをリリースしていますが、内藤晃も24の前奏曲 作品28≫その他(HERB-014、\3,150(税込))で勝負を賭けます。戦い
Herb0141_1_2

 このアルバムの最大の特徴としてはまず、1912年製ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)ピアノを弾いて録音をしているということです。1912年製というと往年の巨匠時代の銘器ということになり、事実ラフマニノフもこのピアノを弾いたのではないかといわれています。!?
 次に、この録音は2本のマイクマイクのみによるいわゆるマニア垂涎のワンポイト録音となっています。もちろん最初からワンポイト録音を狙っていたわけでなく実際マイクは何本も立てましたが、結果的にメインの2本のマイクだけの音で十分に音楽的にも音響的にも表現できているのではないかとマスタリング時に内藤晃といのピーの間で意見の一致をみましたのでいわゆるワンポイト録音(Single Stereo-Pair Microphone Technique)で行こうとなったわけです。いのピーにとってもコロムビア=デンオン時代以来久し振りのワンポイト録音です。その透明でピュアな音空間で内藤晃がヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)ピアノから黄金の響きでショパンの魂の慟哭を見事に表現しています。クラッカー
 20日のコンサートではもちろん録音に使用したこのヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)を持ち込んで演奏いたします。ピアノ 音譜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月10日 (水)

コンサート追加情報です。

 ピアニスト内藤晃の「ショパンの夕べ」と題するコンサートの追加情報です。このコンサートで内藤晃は1912年製のヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイピアノを詩情あふれる音色で奏でることになっています。ショパン生誕200年を飾るとっておきのショパンの夕べとなるでしょう。なお、内藤晃のHPはこちらで、出筆中の「名曲喫茶モンポウ」もご覧ください。あのAPECも終わっていますので、どうぞよろしくおねがいします。警察交番 happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 9日 (火)

コンサートのお知らせです。

 11月20日(土)19時より横浜みなとみらい小ホールでハーブクラシックスのピアニスト内藤晃の「ショパンの夕べ」と題するコンサートが開催されます。ピアノ チケット(全席自由\3,000)チケットはありますのでどうぞご来場よろしくお願いします。ピアノ♪ 演奏曲目は24の前奏曲op28(全曲)、幻想曲ヘ短調op.49その他です。また新録音のショパン・アルバム(24の前奏曲op28(全曲)その他)も会場先行発売いたしますのであわせてよろしくお願いします。ピアノ m030
Naito_nov201_1 Naito_nov202_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 7日 (日)

台風にもめげず!

 先日30日(土)に東京虎ノ門のJTアートホール「アフィニス」で14時から開催されたクルト・グントナー&佐々木秋子デュオ・リサイタルには台風台風接近にも関わらず予想を上回る数のお客さまに来ていただきましてありがとうございました。主催者に代わりましてお礼を申し上げます。m030
Img_0907_1 いのピーは録音機材を積んだ車くるま。で会場に向かったのですが、朝早かったので影響は無かったです。台風接近中台風に録音なんて殆ど経験ないです。ここは大きなビルの中のホールなので風風や雨rainの音が入らないので安心でした。happy01
 野田でホワイト餃子を買うのを忘れていました。餃子

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »