« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月に作成された記事

2011年4月28日 (木)

みちのく録音

 あの大震災から今日で四十九日ということで各被災地では慰霊祭が催されていますが、未だに復旧、復興が遅々として進んでいないことが気がかりです。sad
 さて、東北地方での録音の経験というと意外と少ないです。思い当たるところでは福島市音楽堂でしょうか、ここでは幾つかのCD録音をしたことがあります。このホールには立派なパイプオルカ゜ンが設置されていることで有名です。このホールがその後の新設音楽ホールのパイプオルガン設置ブームの先駆的役割を果たしたようなものです。その他最近では、二年前に地元大学の音楽サークルの定期演奏会のライブ録音のため仙台まで日帰り出張したことくらいです。そっ、それで、会場は電力ホールでした。!?
Img_3498_1Img_3497_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月10日 (日)

コンサート情報です。

 ハーブクラシックスからコンサート情報です。当レーベル専属アーティストであるピアニストの佐々木秋子室内楽シリーズ~Musizieren Vol.V~が来月5月11日に東京文化会館小ホールで開催されます。なお、今回は東日本大震災チャリティーコンサートとして開催いたします。東日本大震災で被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。皆様の日々の生活の平安と一日も早い復興をお祈り申しあげます。

演奏会のご案内

~日独交流150周年~ 佐々木 秋子 室内楽シリーズ  Musizieren Vol.V

ピアノ・トリオの夕べ  巨匠クルト・グントナー & 村井 将 両氏を迎えて

~東日本大震災 チャリティーコンサート~

2011511()19時開演(18時半開場) / 東京文化会館・小ホール(上野)

全自由席 一般5,000円 学生2,500

プログラム

ハイドン : ピアノ三重奏曲 第32番 イ長調 Hob.XV:18                        

ベートーヴェン: ピアノ三重奏曲 第3 ハ短調 op.1-3                 

シューベルト  ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 op.99 D.898          

チケット取扱  :

ハーブクラシックス    Tel.&Fax 042-444-3239  e-mail : info@herb-classics.jp        

東京文化会館チケットサービス        Tel. 03-5685-0650

主催+お問い合わせ : ハーブクラシックス 

Tel.& Fax 042-444-3239       URL http://www.herb-classics.jp

後援 : ドイツ連邦共和国大使館、ドイツ学術交流会(DAAD)

さて、昨年7月の室内楽シリーズムジツィーレンに続き、~日独交流150周年~記念演奏会の一環として、ピアノ・トリオの夕べを開催いたします。本来でしたら、昨年ベートーベンの大公トリオで素晴らしい演奏を聴かせた佐々木秋子、近藤 薫、村井 将トリオの結成記念演奏会ということで準備をしてまいりましたが、この度、近藤 薫氏が九州交響楽団・コンサートマスターに就任いたすことになり出演することができません。そこで、今回に限り、昨年10月の共演で、音楽家として同じ音楽を奏で心が通じ合いましたクルト・グントナー先生にお願いいたしましたところ、日独交流150周年・東日本大震災慈善コンサートということもあり、快く引き受けてくださいました。ルドルフ・ケンペ&ミュンヘン・フィルや、今や語り草になっている1969年の歴史的なカール・リヒター&ミュンヘンバッハ管弦楽団・合唱団の日本公演でもソロ・コンサートマスターを務められたグントナー氏ですが、室内楽では、ピアノのレナード・ホカンソン、チェロのアンゲリカ・メイと1972年に結成したオデオン・トリオは、数多くのレコード録音や世界各地で演奏会を開催し、30年にわたり世界の第一線で活動しました。1995年には、ドイツ連邦共和国から第一等功労十字勲章を授与されています。緑眩しい季節に、佐々木 秋子がグントナー氏、NHK交響楽団の村井 将氏を迎えドイツ古典派のピアノ三重奏曲の名曲を演奏できますことは大変名誉なことであります。

是非ご期待くださり多くの方々にお聴きいただけましたら幸いです。

なお、このコンサートの収益金及び演奏会当日設置いたします募金箱へのカンパは、WWF(世界自然保護基金)を通じて東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。

どうぞ皆様よろしくお願い致します。

2011511120115112

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »