« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月に作成された記事

2011年12月28日 (水)

寒い日にはラーメンですタイ!

 クリスマス前までは最高気温が10度以上あって今年は暖冬か?と思っていたのですが、この所のクリスマス寒波で寒い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
 こういう日は暖かい豚骨ラーメンを食べて温まるのもいいですね。ということで名代ラーメン亭にラーメンを食べに行きました。博多っ子にはお馴染みのラーメンですタイnoodle

Img_1692_1Img_1687_1Img_1688_1

| | コメント (0)
|

2011年12月13日 (火)

SPレコードの帰贈!?

 先日実家の押し入れに長い間保存していた20枚余りのSPレコードを日本コロムビアのアーカイヴ部に寄贈しました。そのうち、コロムビアのSPは2枚でしたが、その他のSPはコロムビアを通じて音源を管理する各レコード会社に寄贈してもらいました。売り払うという選択もありましたが、たいした値段にもならないし、自分で持っていても再生出来ないし音も聴けないので、元レコード会社員としては、その音源を再利用してもらった方が会社に対する恩返しにもなりますので、寄贈という選択を取りました。ということで、SPレコードとしても自分を作ってくれたレコード会社に戻って、新たな復元音源として生まれ変わりが出来れば本望でしょう。smile

Img_1642_1

| | コメント (0)
|

2011年12月 9日 (金)

24色抒情音絵巻!?

 さて、村木ひろの作曲の24種の調性で書かれたピアノ曲集【24色抒情音絵巻】についてなのですが、色が付いているからといって、別に皆様ご期待の色物ではありませんので残念でした。ということで、先日ご本人からそのスコアの謹呈をいただき、さらに「是非弾いてみて下さい。」とのメッセージがありました。大変有難いことですが、ピアノ弾けないので御免なさいです。ところで、その他の曲で共演しているのはハーブクラシックス所属ピアニストの小林功です。実は村木さんとは同級生ということらしいのですが、ほんと同級生って有難いですねー。smile

Img_1323_1Img_1333_1

 

| | コメント (0)
|

2011年12月 8日 (木)

新譜紹介です。

 新譜紹介です。ハーブクラシックスから村木ひろの作曲の24種の調性で書かれたピアノ曲集【24色抒情音絵巻】を作曲家本人が弾いた、いわゆる自作自演盤のCD(HERB-015 \3,150(税込))をリリースしました。
 この曲集は繊細で品格の漂うロマンに満ちたきらきら宝石箱の様に、とびきり素敵な小品が、作曲者自身の鮮やか演奏により、グッーと命が吹き込まれ見事に輝いています。多くの子供から大人まで、アマチュアからプロまで、多くの音楽愛好家に聴いて頂きたいそして、ワクワク弾いて頂きたい曲集です。その他に自身作曲の3曲がこのCDに収録されています。皆様どうぞよろしくお願いします。

24色抒情音絵巻  [ピアノ独奏曲]

Colorful lylic tapestory on 24 scales [piano solo]

焼き鳥のカタログ  [連弾曲]

Yakitori catalogue [for 4 hands] 

松ぼっくりのトッカータ ハ長調 [連弾曲]

Pinecone toccata [for 4 hands]

4つの電子ピアノとピアノの為の抒情的練習曲

4 Lylic etudes for voice  piano

録音2011525日 神奈川県立相模湖交流センターでのセッション録音

また、24色抒情音絵巻の楽譜は、カワイ出版より新刊好評発売中で、こちらにアクセスすると音も聴けます。

| | コメント (0)
|

2011年12月 4日 (日)

ピアノの録音でした。

 昨日は津田ホールでの内藤晃ピアノリサイタルの録音をしました。ピアノ 演奏曲目はドビュッシー「ベルガマスク組曲」、ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」、J.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」でした。使用ピアノはタカギクラヴィア社所有のニューヨーク・スタインウェイD型(1989年製)で、調律師の高木さんとは一ヶ月振りです。落ち着いた響きの津田ホールにはこのピアノの音は良く合います。内藤氏も大変気に入った様子で、パワーを本番に持っていくため、リハーサルは短め終わりましたので、こちらとしてはその短い時間内で音決めをする必要がありました。リサイタルに来られたお客様は「ゴルトベルク変奏曲」を聴きながら寝ても良いですが、録音エンジニアは勿論「寝てはならぬビックリマーク」です。ぐぅぐぅ
Img_1645_1Img_1651_1Img_1657_1

| | コメント (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »