« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月に作成された記事

2012年2月29日 (水)

ピーチ空!

 昨夜、降り始めた雪snowも福岡では大したことはなく、今日朝から晴れsunで気温も上がっていて雪も一気に溶け始めていますが、TVを見ていると首都圏は大変なことになっているようで、高速道路も一部通行止めになっていて、これでは東京行等の夜行高速バスは遅れまくっているのではないかと心配ですね。バス think
 さて、明日1日から日本初の本格的LCC航空会社「ピーチ・アビエーション」が運航を開始するということで、昨日試乗会もあったようですし、福岡では結構盛り上がっています。もも しかし、まだ関空線ということで、関空乗換で新幹線bullettrainで東京まで行ったとしても大して低価格にはなりません。dollar 早く羽田まで飛んで欲しいと思っているのはいのピーだけではないでしょう。それと別に羽田でなくても\5,000程度の価格なら成田でも良いですし、また、福岡空港だけでなく北九州空港や佐賀空港からでも良いですけど、まあ高速バスbus並みが希望です。
 それにしても航空会社も生き残りを賭けて価格競争に突入という時代に入ったのですね。写真は福岡空港でフライト訓練中のピーチの飛行機を写したものです。飛行機

Img_1632_1Img_1633_1Img_1635_1

|
|

2012年2月28日 (火)

オーディオ郷愁?

 さて、今日は福岡市の九州日仏学館に行ってウルフ・アンダーセン写真展を見にいきました。それはそれでエスプリの効いた写真が一杯で面白かったです。ところで、福岡にフランス政府関係施設があったとは驚きでした。フランス  しかし、その一方東京でいつもお世話になっているドイツ関係施設は福岡には無いのは残念でした。ドイツ国旗weep
Img_1849_1Img_1848_1

 その後、近所のオーディオ専門店「ハイファイ堂」に寄ったのですが、中古のオーディオ製品やLPレコードが沢山ありました。それらのなかに懐かしいデンオンの古い古いパワーアンプ等を見つけて、この店に居るとまるで四半世紀タイムスリップしたようでした。時計
Img_1853_1Img_1852_1Img_1851_1

|
|

2012年2月26日 (日)

長浜ラーメンの続き

 先月長浜ラーメンを食べに行って「元祖」を賭けて豚骨の争いをしているラーメン店3店のうち「元祖ラーメン長浜家」に入りましたが、今回その他2店の中の「元祖長浜屋」に入りました。3店の中では一番お客さんの入りが良いようで、期待が持てます。早速食券を買って店に入るや否やラーメンの注文は既にされているので後は麵の硬さを注文しなければなりません。いのピーは「バリ硬!」で注文しましたが、他のお客さんはほとんど「生硬!」です。noodle
 さて、ラーメンはすぐ出来上がって来ましたが、そのスープを飲むとさすが元祖です、これぞ正統長浜ラーメン伝統の味と言わざるを得ないですね。実は幼少の頃この店の隣にあるアパートに住んでいたので、その頃から長浜ラーメンは食べていたと親が言っているので舌が覚えているラーメンの味はこれです。何故か遠い昔の記憶が蘇って、思わず涙が出るほどで、味がどうこう等と何も言えませんでした。周りのお客さんもその美味しさを感じているのか、だだ黙って麵をすすっているだけです。ところで、麵はしっかりとした直細麵で量も十分と思いましたが、「生玉」の声が頻繁に聞こえます。しかも、テーブルに百円硬貨を置いて「生玉」と言っているのです。それは別に生卵のトッピングの注文をしているのではありません。それはほとんど茹でていない生状態の硬い麵を替え麵としての注文なのです。さすがに替玉発祥ルーツ店です。そういうことで、美味しいラーメンを食べ、満足し、途中赤坂で楽器屋に寄って天神まで歩いて帰りました。完璧ラーメン・リセットができた日でした。ラーメン

Img_1829_1Img_1830_1Img_1831_1

|
|

2012年2月24日 (金)

もう春ですか?

 昨日は未明まで雨rainが降っていましたが、午后から晴れて気温も10℃を超えて3月中旬並みになりました。それまでの日々は寒かったので家にずっと籠っていましたが、陽気に誘われて近くの公園に散歩に行きました。ジョギングをしている人々やサッカーをしている人達もいましたが、それってまるでドイツドイツ国旗の公園みたい!! ところで、なんとなく空気が埃っぽい感じをしましたが、春塵?、そろそろ花粉風邪の季節到来でしょうか 風crying

Img_1832_1Img_1834_1

|
|

2012年2月21日 (火)

ラーメン「めんくいや」

 bjリーグ・ライジング福岡勝利の試合後、薬院駅まで歩いて行きましたが、せっかくここまで来たのでそのまま西鉄電車に乗って帰らず、この付近のラーメン屋に寄って食べて帰ることにしました。もちろん予めネットで調べて、今回は「めんくいや」に行くことにしました。noodle
 薬院駅から歩いて3,4分位渡辺通りから奥に入ったところで九電本社の裏にありました。創業は昭和55年という居酒屋も兼ねたラーメン店ですが、日曜日の昼下がりということで店に入った時はお客さんは一人でした。カウンターに座って定番の博多ラーメンを硬麺で注文しました。出てきたラーメンのスープは意外とあっさりしていて博多と言うより久留米に近い感じがします。豚骨独特の臭みはないので喉越しはスムーズです。乗っているチャーシューは香りよくトロトロで、これがこのラーメンの売りともなっているのでしょう。麺は細麺で縮れていません、スープとの絡みも良好です。スープは注文を受けると一杯ずつ鍋で温めるため多少時間がかかります、いのピーにとっては塩味が少し残味として残った感じがしました。後から入って来たお客さんはラーメン単品でなく、ラーメン定食や、サイド・メニューも注文していました。接客も丁寧でしたので、次回はラーメンもですが居酒屋タイムに行ってみようかなと思いました。酒&ラーメン 
 ということで、家路へと店を出てみると道の反対側にラーメン「とらや」があることに気が付きました。ここもチェックしなくては・・・。ラーメン

Img_1826_1Img_1827_1Img_1828_1

|
|

2012年2月20日 (月)

福岡でもbjでした。

 先週は横浜国際プールにbjリーグを見に行きましたが、昨日は福岡で福岡市九電記念体育館にbjリーグを見に行きました。バスケ リングbasketball   先ずは試合会場が 九電記念体育館ということで、ここは福岡県民にとっては各自それぞれ公私共々色々な行事開催でお世話になっている施設です。いのピーもこの体育館には学生時代に色々な思い出があり今回は何と約三十年振りに訪れました。今迄何度も建て替えの話はあったらしいのですが、建て替えしていないためかなり老朽化していますが昔のままなので懐かしかったです。しかし、九電絡みなので今後どうなるかは判らないですね。

Img_1813_1Img_1814_1Img_1816_1

 ところで、福岡をホームとするbjリーグのチームはライジング福岡で、ウェスタン・カンファレンスでも常に上位にいる強豪チームですが、CSTVでは度々観たことがあります。そして、この日の試合相手は千葉ジェッツです。さて、試合経過は前半は千葉のファウルに対する福岡のフリースローがほとんど失敗し続けるというイライラする展開が続きました。しかし後半は実力で勝る福岡が次第に調子を出し第4クオーターで追いつかれそうになりましたが、結局福岡が83-72の逃げ切り勝利で終わりました。クラッカー 応援のチアリーディングチアリーダーについては横浜に較べるといまいち垢抜けない感じもしますが、試合終了後選手と1489人の観客が一緒になって「博多一本締め」ぱちぱちで勝利を祝うところは博多ならではのローカル色が出て、このチームが地元博多っ子に愛され地域密着となっているなと実感して嬉しくなりました。happy01バスケットボール

Img_1820_1Img_1821_1Img_1818_1

Img_1822_1Img_1823_1Img_1824_1





スポーツ, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき |
|

2012年2月19日 (日)

福岡も雪です。

 寒気団の南下に伴って昨日から福岡でも雪が降り始めました。福岡は九州とは言っても気候は基本的には日本海気候で、山陰と似ていますが、朝鮮半島がシベリア寒気団をブロックするので山陰地方ほど雪が積もったり、寒くはありません。もちろんスキー場もあります。スキー
 さて、昨夜からの降雪で今朝は約5cm程積もりました。この程度の積雪でも除雪対策が豪雪地方の様に万全ということではないので、九州道の福岡県内一部、福岡都市高速等が通行止になり、また福岡県内を走る一部の高速バスバスが運休になっています。ということで、ライオンズエクスプレス号は今頃どこを走っているのだろうかはてなマークとフト心配になりました。雪

Img_1809_1_3Img_1810_1Img_1811_1

|
|

2012年2月15日 (水)

ライオンズエクスプレスに乗りました。(その1)

 これまで、実家に帰省する際は航空機飛行機や新幹線新幹線を利用していたのですが、今回は、Lions Expressライオンズエクスプレス」を利用しました。これは昨年12月8日より西武と西鉄が共同運行している大宮駅・池袋駅・YCAT(横浜)と福岡(博多駅・天神)との間を走行する日本最長路線を走る夜行高速バスバスのことで、以前から一度乗ってみたいなと思っていたのです。実は、夜行高速バスは殆ど乗った経験は無いのですが、暇は有るけれどお金アフェリエイト検索は持っていないいのピーが安い運賃の魅力に惹かれて、今回YCAT(横浜)から博多駅まで帰省のために乗車した訳です。なお、このバスについて興味がある方は超長文の詳細な乗車記ブログがありますのでこちらを参考にしてください。メモ
 さて、大宮営業所を20:05に出発したライオンズエクスプレスのYCAT(横浜)発車時刻は22:00ということで自宅から地下鉄subwayで横浜駅まで行きYCAT(横浜)の1番乗り場でバスを待っていると、この乗り場は成田空港とのリムジンバスの発着場でもあるので帰国者がバスから続々降りてきます。それで、ライオンズエクスプレスに乗る人は他に居るのかなと探しているうち、21:55に西鉄バスのライオンズエクスプレス号が到着しましたので、荷物カバンを預けて早速乗り込みました。しかし、ここで乗車した人はいのピーを含めて4人だったのですが、「あーらビックリマーク」乗ってびっくり、ここで4人乗車計乗客28名で満席です。このバスの定員は38名ですが、乗客の個々の都合や性別による座席配置の関係で満席数は毎度変わるようです。乗客についても若い人が多いのではという予想に反して老若男女色々で、しかも皆さん夜行バス旅行に慣れている様子で各自それなりに長時間を楽に過ごすための装備品を携帯しています。また、座席は横4列シートなので少し窮屈な感じですが、初めて乗って落ち着かずキョロキョロしているのはいのピーだけでした。目
Img_1790_1Img_1789_1

Img_1791_1Img_1792_1

 ということで、YCAT(横浜)を22:05に5分遅れて発車オーライ出発で一般道を走り始めるとすぐ2人の運転手の一人からバス車内設備と休憩地及び目的地到着時間について の説明が九州訛りでありました。バスは狩場から保土ヶ谷バイパスに入り22:30に横浜町田ICから東名高速道路に入り最初と言うかこの日最後の休憩地東名足柄SAを 目指して降りだした雨rainの中を走ります。バス
  23:10に足柄SAに到着すると西日本各地に向かう同じような夜行バスやツアーバスが並んでいます。ここでトイレトイレを済まし(バスはトイレトイレ付き)、夜食を 仕入れてファミマバスに戻ると客席窓カーテンはすべて閉められていました。演劇
 足柄SAを23:25に出発しましたが、これ以降運転手交代とバス車輌チェックのための 3回の途中停車はありますが、山口・下松SAまで乗客は降車できません。程無く車内照明が落とされ、運転席側のカーテンも下ろされた就寝タイムに入りました。窓 際の乗客はカーテンの僅かな隙間から外を覗くことはできますが、通路側に座っていましたので外の景色は全く見えません。こういう乗り物で外が見えない閉ざされた空間に居ることには慣れていなく なかなか直ぐには寝付けなかったので、そこは持ち込みのワインワインを取り出してゴクリ、ゴクリ、、ゴクリ、、、・・・。ぐぅぐぅ

Img_1793_1Img_1795_1Img_1794_1

  東名足柄SAを23:25に出発したライオンズエクスプレス号は快調に走行します。さすが高速走行専用仕様のバスです、エア・サスペンションは良く 効いています。しかし、運転手さんから車内を移動する際の注意がありましたが、車線変更と道路面の舗装凸凹状況により車体は結構上下振動したり左右に揺れ ます。しかも座った座席が2列目で前輪の真上ということもあってスイング感は最高です。GOOD。
 慣れないバス座席での睡眠はワインワインの効果も余り無く一時間程寝ては次の運転手交代のための途中停車PAかSAまでうつらうつらするという状態を毎途中停車3回程くり返していました。周りを見ると慣れているせいか熟睡している方が多くイビキも聞こえます。車内での騒音が気になる人は耳栓が必要でしょう。また、外が見えないので今バスが何処を走っているかを時刻で推測するしかないので、「ここは、どこ?、私は今どこに居るの?」と心配になる方は携帯携帯やスマホ携帯電話のGPSワイアレス機能を使って現在位置を確認すると良いでしょう。さらに、西鉄バスのみですが、100Vコンセントも(窓際席に1口なので注意danger)設置されていますので充電も可能です。
 そうこう(走行?)しているうちに7時も過ぎるとカーテンの外が薄明るくなって来て、乗客も少しずつ目覚まして来ているようです。日の出 そして、8:20頃運転席側のカーテンが開けられ、運転手から「おはようございます。まもなく下松SAに到着いたします。」とアナウンスがあって8:30に到着しました。ここで洗面、トイレを済ましパン食パンとコーヒーコーヒーの朝食を買ってバスに戻ると缶入りの八女茶がサービスで配られました。おにぎりriceballにすれば良かったかなと思いながらお茶はお土産として持ち帰りました。お茶

Img_1796_1Img_1798_1Img_1797_1

 山陽道下松SAを8:45に出発し山口JCTからは中国道を走ります。天気は昨夜からずっと雨でフロントガラスに当たる雨音は絶えず、明るくなっても進行方向の景色も良好とはいかず、対向車も良く見えません。バス これでは間もなくやって来るこの行程の最大クライマックスに一抹の不安がよぎります。不安を抱えながらも、それは下関ICを過ぎ左カーブを曲がり終わるや否や突然やって来きます。と言うかその予定のはずでカメラ写真を構えていたのですが、10:05にいきなり雲の中に突っ込んだ様に周りは真っ白で「あれっ!?」とフェイントを掛けられ感じがしましたが、とにかくシャッターを押して座り直すとバスは既に九州道に入っていました。何が起きたかのというと、関門海峡に架かる関門橋を渡ったのです。晴れているとこの様に見えるはずですが、雨のため何も見えず辛うじて橋脚とケーブルしか確認できませんでした。あ~あ~音譜関門海峡冬景色ならぬ雨景色ということでした。いのピーは雨男ではないのですが、今回は残念でした。落ち込みweep
Img_1801_1Img_1800_1Img_1799_1

Img_1802_1_2

 さて、関門トンネルでも同じなのですが、九州出身者にとっては九州アイランドに入ってしまえば「ハイ、こっちのものです。」、あたかも我が家の庭に入った様なものです。福岡ナンバーの車に囲まれ10:55に福岡ICのETCゲートETCを抜けて福岡都市高速へ入りました。ちなみに高速料金は\18,650でした。博多駅直前で都市高速を降り定刻5分遅れの11:10に博多バスターミナルに到着しました。いのピーの他に5,6人ここで降りてバスはこの後終点の西鉄天神バスターミナルへ向かって去って行きました。バス
 今回乗ったライオンズエクスプレスはYCAT(横浜)を5分遅れで出発し、博多バスターミナルに5分遅れで到着したということで、5分遅れとは云え、天候や渋滞、道路行程を考えると定刻通りに走行したと言って良いでしょう。時計 さすが、プロの運転手です。 また、乗車時間は丁度13時間となり、これは日本からヨーロッパの主要都市までのフライト時間に相当しますが、それに比べればそれほどの体感時間の「長 さ」を感じませんでした。座席は多少窮屈ですが、運賃を考えるとコスパは高いと思います。そこで、次は帰省Uターンでリベンジも果たすべく逆行程で乗車す るかどうかは今思案中です。考える人think

 


|
|

2012年2月11日 (土)

bjな夜でした

 また行ってみよっと。バスケ リング ということで、昨夜また横浜国際プールにbjリーグの試合を見に行きました。さすがに金曜日ということで観客数は500から600というところでしたが(781でした)、じわじわとしっかりした固定ブースターもついてきたのではないでしょうか。試合途中からもサラリーマン風の人や若いオネーチャン達もぞくぞく来ていました。さて、試合の方は島根にリードされていた横浜が第4クォーターに追いついて逆転勝利で終わるという、またまた選手も観客も最高に盛り上がった試合でした。クラッカー ということでまた来週bjリーグを見に行くことにしました。バスケ リング

Img_1772_1_2Img_1774_1_2Img_1779_1
Img_1781_1Img_1783_1_2Img_1788_1

|
|

2012年2月 2日 (木)

bjな日でした

 先日、地元のbjリーグ横浜ビー・コルセアーズの試合を近くの横浜国際プール泳ぐに初めて観戦に行ってきました。特にバスケットボールバスケットボール好きという訳ではなく、本当はサッカーsoccer好きなのですが、この季節サッカーはオフなので、その代わりのプロスポーツと言っては何ですが、TVでなく生の試合の臨場感を味わいたかったからでした。
 それで、一番安い2階自由席に座ったのですが、予想していた以上の観客数で新興チームとしては意外と地元に馴染んでいる感じでした。大入 TVでbjリーグを見ているとファウルが多くて、それによる点が多く入っているかの様な印象が強いのですが、実際に生の試合ですとその印象はあまりなく、それより3ポイント・シュートで放たれたボールが弧を描いてリングバスケに飛び込む様の迫力感や爽快感はTVでは味わえないものでした。またこのスポーツは試合開始から終了まで他のスポーツより完全にショーアップされているのも楽しいものですね。ハーフタイムは勿論のこと、ちょっとしたタイムアウトでもチアリーダーチアリーダーがコートに出てきて観客を鼓舞します。この部分はTVではチームの作戦会議の様子を映していますが・・・。また、チアリーダーがコートサイドで試合中ずっと踊っているのを見るのも楽しいですね。女の子
 ところで、試合の方は東部地区2位の強豪秋田にリードされていた横浜が第4クォーターに追いついて逆転勝利で終わるという、選手も観客も最高に盛り上がった試合でした。クラッカー また行ってみよっと。バスケ リング
Img_1757_1Img_1768_1Img_1769_1

Img_1761_1Img_1766_1Img_1762_1

Img_1763_1Img_1765_1Img_1767_1




| | コメント (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »