« ライオンズエクスプレスに乗りました。(その3) | トップページ | 筑豊グルメフェスティバル »

2012年3月30日 (金)

たまには日本酒もOKゕ

 今週は博多に残る唯一の造り酒屋「石蔵酒造」の酒造場である福岡市博多区堅粕1丁目の明治初期に建てられた時の面影を残す国登録有形文化財「博多百年蔵」で27日から酒蔵開きが始まりましたので初めて行ってきました。走る人
 昨年10月に火事に見舞われ酒蔵開きの開催が危ぶまれたそうですが愛好家の厚い要望を受けて通常週末開催を平日に変更して決断したそうです。
 当日お昼に博多駅から20分程トコトコ歩いて行きましたが、現地に着くと蔵の前にはいきなり地元ローカルTVの中継車が駐車していて、もしやこれは博多ではチョットしたイベントなのかと思って蔵の中に入ったらそこは大変な騒ぎになっていました。クラッカー

Img_2060_1Img_2063_1Img_2091_1

 1個100円のグイ呑みを買えばそれで振る舞い樽酒、しぼりたて新酒、大吟醸が基本的には飲み放題となるので蔵の中は大盛り上がり大会です。もちろん、おでんおでんや揚げ物等の屋台も出店していて食べ物も充実しているので休息所は真昼間から大宴会状態です。しかも、「ちんどん屋」によるいわゆるバンド演奏もあって、これではまるでドイツのオクトーバーフェストと同じではないですか。ドイツ

Img_2064_1Img_2065_1Img_2085_1

  ということで、翌日に残るので日本酒は苦手のいのピーなのですが、この状態では飲むしかないですね。この蔵の酒は甘口で口当たり柔らかくフルーティーでしかも新酒なのでまるで白ワインを飲んでいる感じで飲んでいました。お酒
 それから、地元ローカルTVのワイドショーのライブ中継も入って、この日の夕方のローカルTVニュースはどの局もこの話題を取り上げていましたし、新聞もこのニュースを掲載しました。テレビ
 さて、お土産に大吟醸ボトルを買って立ち飲み場でかしわおにぎりriceballを食べながら飲んでいると、となりの酔っ払いおじさん酔っぱらいに絡まれそうになったので早々に切り上げて天神まで歩いて帰宅しました。美味しいお酒でした。bottle

Img_2070_1Img_2071_1Img_2083_1

|
|

« ライオンズエクスプレスに乗りました。(その3) | トップページ | 筑豊グルメフェスティバル »

グルメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事