« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月に作成された記事

2012年7月25日 (水)

ライオンズエクスプレスに乗りました。(その7)

 6月になり日も長くなって梅雨前の気候が良い日に上りのLions Expressライオンズエクスプレス」に乗って横浜まで帰った時の乗車記です。午後7時過ぎに実家を出て西鉄天神大牟田線で天神に向かいましたが、途中沈む夕日とJR九州の線路と7月21日に環状線になる福岡都市高速が電車内から見えました。始発の西鉄福岡天神バスセンターから5人が乗車して定刻20:10に発車し、博多バスターミナルで更に4人が乗車して計9人の乗客を乗せて九州を出発しました。
Img_2614_1Img_2616_1Img_2617_1
 その後、バスは順調に九州道を走り、21:40に関門橋を渡り、23:01に下松SAに到着しました。ここで、いくつかの食べ物のゴミを捨て、手を洗ってバスに戻りました。
Img_2623_1Img_2627_1Img_2629_1
 そして、下松SAを出発してからはカーテンが閉じられ夜間走行就寝タイムとなります。耳栓をして「おやすみなさい」です。sleepy
 翌朝は少し早く目が覚めてカーテンの隙間から外を覗くと丁度伊勢湾岸道から東名高速に乗り移る豊田JCTのところで時刻は5:25でした。6:05に浜名湖を過ぎ富士山を望みながら7:55に足柄SAに到着しました。
Img_2632_1Img_2635_1Img_2637_1
 ここで洗顔と歯磨きをしてマクドナルドでコーヒーcafeを買ってバスに戻って8:10に出発しました。busdash
Img_2639_1Img_2640_1Img_2641_1
 バスは8:48に東名横浜町田ICを出て保土ヶ谷バイパスを走り、狩場ICから一般道を走り、9:20に横浜YCATに到着しました。預けていた荷物を受け取った後、恒例のお見送りをしました。
Img_2644_1Img_2646_1Img_2648_1
 ということで、今回は天候も良かったし、渋滞も無かったし、座席も進行方向左側窓席でしたので快適でした。乗車時間は西鉄福岡天神バスセンターを定刻に出発し、横浜YCATに定刻より何と12分も早く到着しましたので13時間10分となりました。 sign03
 

|
|

2012年7月21日 (土)

ライオンズエクスプレスに乗りました。(その6)

 さて、例の関越の事故後、5月に下りのLions Expressライオンズエクスプレス」に初めて乗った時の乗車記をアップします。bus
 もちろん、いつもの横浜YCATから乗ったのてすが、横浜からは3人が乗って乗客数は合計8人でした。この人数は事故前の四分の一で、明らかに事故の影響は出ていますね。従って、この人数ですので座席配置も一列置きに指定されていました。この日のバスは西鉄さんです。
 今回の持ち込みグッズはこれまでの経験に基づいて、耳栓に加えて空気を入れて膨らます首枕と腰当てを初導入しました。もちろん、これらすべては百均のトラベル・コーナーで調達したので、しめて、¥315なり。快眠3点セットと言えば大げさかもしれませんけど。
Img_2509_1Img_2512_1Img_2510_1
 さて、定刻通りに横浜YCATを出発したバスは11:10に足柄SAに到着しました。トイレトイレを済まし、ファミマファミマで夜食を調達しました。11:30に足柄SAを出発して、ここからは窓にカーテンが引かれ夜間走行モードになりました。ここで、例の3点セットを装着します。耳栓をして首枕を首にセットし、腰に腰当てを当てて「Good Night」です。ぐぅぐぅ 
 そして、この日のバスは足柄SAを出発した後、すぐ新東名にルートを取りました。バス
Img_2513_1Img_2514_1Img_2518_1
 早朝6時に目を覚ますと、今までの乗車経験で停車したことがない奥谷PAで乗務員交代の為の停車をしていました。どうも乗務員交代回数のルール変更があったようです。例の事故を受けてバス会社側が新しい乗務員勤務体系を実施しているようです。その後、8:35に下松SAに到着しました。
Img_2519_1Img_2522_1Img_2523_1
 ここで朝の「お勤め」をして、いつものようにカフェラテティーカップと新聞を買って、バスに戻り8:50に出発しました。バス
Img_2526_1Img_2527_1Img_2528_1
  そして、10:09に 関門橋を渡りましたが、この日も晴天に恵まれたので、海峡が良く見渡せました。座席が運転手の後方側なので関門橋の西側の風景となります。
Img_2529_1Img_2532_1Img_2534_1
 橋を渡ってからは九州道を走ります。そして10:35に遠賀川を渡りましたが、ここでは高速道の橋と新幹線の鉄橋が並行しています。バスの中からから新幹線を見ることはなかなかないのですが、この日は偶然通りかかった対向する上りの新幹線新幹線を激写できました。camera その後11:00に福岡ICから福岡都市高速に入りました。
Img_2536_1Img_2537_1Img_2538_1
 そして11:14に博多バスターミナルに到着しました。ここで数名降車して、定刻より15分遅れの11:30に福岡西鉄天神バスセンター終点に到着しました。恒例のお見送りをして6回目の乗車が終わりました。 今回は持ち込んだ快眠3点セットのおかげで、大変良く眠れ、また腰も痛くならなかったので、乗車の際の参考になればと思いました。ヨカッタ
Img_2540_1Img_2542_1Img_2543_1

|
|

2012年7月18日 (水)

オイサ! オイサ!

 先日の15日には博多祇園山笠のフィナーレの追い山笠を見に行きました。TVで見ることはあっても中々この時期福岡に居ることはないのですが、今年は生を見ることができました。この追い山笠は午前4時59分に一番山笠がスタートして始まりますので、その見物人のために福岡では地下鉄、JR、西鉄がそれぞれ臨時列車を運行します。いのピーも午前3時に起きて、その前日は筑後地方の大雨で一部不通になって折り返し運転をしていた西鉄天神大牟田線の電車で天神まで乗って行きましたが、電車は満員で大変なラッシュで、こんなに混雑するのはこの日と大晦日位でしょう。もちろん、東急田園都市線等と比べると混んでいるうちに入りません。東急5000系
Img_2777_1Img_2778_1Img_2780_1
Img_2814_1Img_2813_1
 さて、天神からスタート地点の櫛田神社までまだ開いている屋台屋台を横目に歩いて行きましたが、現地は見物の物凄い人垣でとても近寄れそうもないので、見物場所を変えることにしました。山笠は櫛田神社をスタートして約5キロのコースを走るので、そのコース上で比較的見物し易いところを探してずっと歩いていたら呉服町まで来てしまいました。今年は三連休の中日とあって例年より人出は多く、観光客の姿もたくさん見かけました。一方追い山笠の進行状況はNHKと地元民放TV2局がライブ放送をしているので、周りの見物人の携帯ワンセグTVを見せてもらいながら確認できますし、スタートしたその後も何処を走っているか知ることができました。

 道路脇の鉄柵に上がって待っていると「オイサsign01オイサsign01」の掛け声と共に次々と山笠がやって来ました。山を先導するのは子供達で各流れの名前が書かれた板を掲げて走っています。その後は男衆に担がれた山笠がゴーゴーという音させ、道路との摩擦で火花thunderを出しながら通過していきましたが、やはり生で見る迫力はすごいですね。僅か30分ほどで全部で7つの山笠が駆け抜けて行きました。流れ星
Img_2792_1Img_2793_1Img_2794_1
Img_2800_1Img_2801_1Img_2803_1
 さて、例年ならこの追い山笠が追われば博多はいよいよ夏本番です。sun でも、今年は「これまで経験したことがないような大雨」に見舞われ筑後川も氾濫して、気象庁に平成24年7月九州北部豪雨と命名されてしまいました。raincrying
Img_2810_1

|
|

2012年7月14日 (土)

ビール園で乾杯!

 昨夜はアサヒビール園博多店に行きました。ビール 福岡地方は朝から大雨rainが降っていて心配だったのですが、出かけた夕方から雨は止んでいました。ここは駅舎の上を九州新幹線が走るJR九州竹下駅の近くにある福岡市唯一のビール工場であるアサヒビール博多工場に併設するビアレストランで、昔から知っていたのですが、行ったのは初めてでした。beer
 週末ということでお店は満員でしたが、もちろん予約を入れていたので大丈夫で、早速ビール飲み放題&ラム肉ジンギスカン食べ放題を注文して乾杯です。かんぱ~い! いのピーはお肉はダメなのでもっぱら焼き奉行です。その代わりにジャンボサラダを注文しました。やさいサラダ 隣のビール工場から直送されたビールの味は格別で、つい飲みすぎてしまいました。ビール工場と言えば2年前にアサヒビール神奈川工場を見学して以来です。酔っぱらい
Img_2753_1Img_2754_1Img_2761_1
Img_2758_1Img_2759_1Img_2765_1





|
|

2012年7月 7日 (土)

憂さ晴らしに行ったのではありません!

 今週は毎日激しい雨雨が降り続いている九州北部地方ですが、昨日はごく個人的な用事でJR九州で博多から途中小倉で特急「青いソニック」に乗換えて、大分県宇佐市へ行って来ました。別に、耶馬溪や山国川の水害の被害の様子をレポートするためでなく、ましてや「中津からあげ」を食べに行ったわけでもありません。肉
Img_2716_1Img_2749_1Img_2719_1_3
 さて、その用事もお昼には終わりましたが、折角ここまで来たし、帰りの電車も一時間に特急と普通が各一本だけで待ち時間もあるので、近くの宇佐神宮に初めて参拝に行きました。鳥居 神社 この神社は全国四万四千社と言われる八幡宮の総本宮ということで、今流行りの「パワー・スポット」としては最強のランクに入ると思われます。punch
 時期が時期だけにこの季節、参拝客もほとんど居なくて、神社は静まりかえっていました。しかし、何というその広さ、神社と言えば明治神宮とか鶴岡八幡宮とか太宰府天満宮等しか思い浮かばないいのピーとしては、その敷地の広さに驚きました。神社
 参道を歩いて上宮に着くといのピー以外誰もいないので、参拝するとパワーを一身に浴びたような感じ(錯覚!?)を受けました。帰り道は下宮にも寄って参拝し、宇佐神宮を後にしました。神社
Img_2734_1Img_2735_1Img_2739_1
Img_2736_1Img_2738_1Img_2740_1
 宇佐駅(USA Station)からの帰りは普通電車を中津と小倉で乗り継いで約3時間かかって帰宅しました。「白いソニック」との2ショットです。camera電車
Img_2742_1Img_2743_1Img_2745_1

|
|

2012年7月 3日 (火)

今日は未明から豪雨でした

 今朝、九州北部地方は未明から猛烈な雷雨となり、雨音で目が覚めました。thunder 福岡県南部から大分県西部にかけては記録的な量の雨が降り大きな被害がでました。筑後川上流の河川で氾濫が起き、朝から地元TVは被害を受けた現地からずっとライブ放送を続けていました。その強い雨は午前中までで、昼からは小康状態になり、夕方には陽も差しました。sun しかし、安心することはできません。明日も活発な梅雨前線により大雨降る予報が出ています。rain叫び

|
|

2012年7月 1日 (日)

ライオンズエクスプレスに乗りました。(その5)

 さて、ゴールデンウィークも終わって、今度は帰省UターンにLions Expressライオンズエクスプレス」を利用しました。例の関越での事故後でどのような影響が出ているのか興味があったのですが、やはり乗客数は十数人ということで3月に乗った時から半減していました。shock バス会社は乗客が減って困っているでしょうが、乗る方としては乗客が少ないため横並び2席を一人で独占できるので大変楽です。この日のバスもおなじみの西鉄のバスで定刻の20:10に天神バスセンターを出発し、次に博多バスターミナルに寄って更に客を乗せて出発して、福岡都市高速に入ったところでお茶が配られました。japanesetea
Img_2384_1Img_2386_1Img_2390_1
 その後、バスは順調に九州道を走り、21:40に関門橋を渡り、23:01に下松SAに到着しました。しかし、この時間ですと、購入できる夜食も限られますので、やはり事前に調達しておたい方が良いでしょう。ごぁん
Img_2391_1Img_2398_1Img_2396_1
 そして、ここ下松SAを出発してからはカーテンが閉じられ夜間走行となります。程なく車内の天井照明が落とされますので、車内は真っ暗となります。その他の灯りは各席の手元を照らすスポットライトと通路誘導フロアライトのみとなります。ライト
Img_2401_1Img_2402_1Img_2403_1
 さて、2席を一人で占有しているため、席の間のひじ掛けを上げると2席分の広さが確保出来、横にもなることも可能となりますので、この夜はゆっくりと楽に寝ることができました。
 翌朝は快晴で富士山が良く見えました。富士山 8:20に足柄SAに到着して、洗顔して、軽く身体をほぐして、マクドナルドでコーヒーを買ってバスに戻って8:35に出発しました。bus
Img_2411_1Img_2414_1Img_2415_1
Img_2419_1Img_2417_1Img_2421_1
 ところで、このバスには100Vのコンセントが装備されています。ただし、窓側の席のみですので注意が必要です。danger
 バスは9:21に東名横浜町田ICを出て保土ヶ谷バイパスを走りました。
Img_2422_1Img_2423_1Img_2424_1
 そして、狩場ICから一般道を走り、10:00に横浜YCATに到着しました。荷物を受け取った後、恒例のお見送りをしてバスに別れを告げました。
Img_2426_1Img_2428_1Img_2429_1
 ということで、今回は福岡天神バスセンターを定刻に出発し、横浜YCATに定刻より約30分遅れて到着しましたので、結局約13時間50分の乗車時間となりました。
 しかし、例の事故の後だったので、明らかに乗客は減りました。しばらくこの状態が続くのでしょうか。こちらは路線バスなのでツアーバスとは運行体系は異なるのですが、今後が心配です。think

|
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »