« カクカク、ヤスヤス!?(その2) | トップページ | 萩原貴子さんのリサイタル »

2012年11月 4日 (日)

日本フルートフェスティバルin福岡

 先週10月28日(日)に第17回日本フルートフェスティバルin福岡福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)で開催され行って来ました。Flute
 

001_1_3

 ところで、「行って来ました。」と言いましたが、単に聴衆として聴きに行った訳では無く、ましてや仕事でライブ録音に行ったのでもありません。実はこのイベントに参加してステージでフルートを吹いて来たのでした。フルート
 このイベントはアマチュアからプロのフルート演奏家まで一同に会してフルートオーケストラとして演奏するというもので多数のフルート吹きが参加して毎年開催され17回目の今年は約200名ということでした。今年初参加のいのピーの手許には何故か1st Fluteのパート譜が送られ来たので、今回ばかりはsign02、久し振りにマジになって練習しました。
 ということで、本番当日の午前中はリハーサルでしたが、椅子の位置はパーカスの真後ろの列最下手だったので右隣を気にしなくて良いので楽でした。楽譜
Img_3130_1Img_3132_1Img_3131_1
 さすがに、クラシック音楽専用のコンサートホールで音を出すと気持ちいいですね。変な音も綺麗に聴こえます。さて今回の演奏曲はポピュラー4曲、クラシックはビゼーの「アルルの女」第2組曲編曲版でした。「アルルの女」と言うとフルートソロの「メヌエット」が有名ですが、今回このソロを演奏するのがプロフルーティストの萩原貴子さんです。フルート吹き
 ところで、萩原貴子さんというと、かつて2001年に日本コロムビアよりCDをリリースされていまして、実はいのピーはそのCD制作スタッフのメンバーでした。ということで、本番へ向けての事前練習日の際にご挨拶をしたら覚えていて下さって11年振りの再会となりました。まさか福岡でということですが、現在は福岡市在住だそうです。
 リハーサルも順調に終わってお客も入って15時から本番がスタートしました。ポピュラー4曲演奏中は吹きっぱなしなのでシャッターチャンスが無かったのですが、MC時と「アルルの女」は休みの小節があり、特に「メヌエット」では頭から42小節間休みなのでソロパートを演奏する「アルルの女」ならぬ萩原貴子さんの後姿をその素晴らしい演奏を聴きながら撮影することができました。camera
Img_3134_1_2Img_3137_1Img_3139_1
 ということで、1122名の来場者を前にして久々の緊張感を楽しみながら本番を終えることができました。

|
|

« カクカク、ヤスヤス!?(その2) | トップページ | 萩原貴子さんのリサイタル »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

フルート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事