« 節分大祭に行ってきました | トップページ | また水汲みにくじゅうへ »

2013年2月 8日 (金)

その他のクレスト1000シリーズ(その2)

 クレスト1000シリーズの続きで、日本コロムビアからリリースされたクレスト1000シリーズ第10回いのピーが録音を担当したCDがまだありましたのでご紹介します。それはピアニストの永野英樹(Hideki Nagano)(COCO-73225,オリジナルCOCQ-83395)のピアノ録音で彼のデビュー盤です。cd 録音は1999年8月25~27日彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールです。
 録音プロトコルについてはメイン・マイクはDPA4003(高さ226cm、カプセル間隔76cm)でアシスタント・マイクはショップスCMC62H(高さ158cm、カプセル間隔25cm)で、それぞれのマイク出力をDENON自社製A/Dコンバータで44.1KHz20bitにデジタ ル化しNAGRA-D録音機によって4ch録音しました。また、それと別にマイクの音質比較のため借用したEarthworks社QTC-1(高さ223cm、カプセル間隔46cm)によるワンポイント録音をしました。その時の録音現場写真を掲載します。camera
Pim0013_1Pim0003_1
 収録曲は次の通りです。
1.メシアン:《鳥のカタログ》より 第13曲 ダイシャクシギ
2.プロコフィエフ:束の間の幻影 作品22
3.プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第7番 作品83
メシアン:4つのリズムエチュードより
4.火の島 1
5.火の島 2
6.ミュライユ:別離の鐘、微笑み(オリヴィエ・メシアンの思い出に)
 CDのキャッチは
「ブーレーズが認める天才!時空を超えて世界の奥行きを開示する驚異のピアノ。」です。ピアノの音のイメージが変わるようなアルバムです。sign03

|
|

« 節分大祭に行ってきました | トップページ | また水汲みにくじゅうへ »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分大祭に行ってきました | トップページ | また水汲みにくじゅうへ »