« おトイレ¡?、唄入れでした | トップページ | とょっと9_10へ »

2014年3月20日 (木)

ちょっと北Qへ

 先週末は天気も良かったので北九州市まで行ってきました。昨年12月にも行ったのですが、その時は時間的余裕が無く、お目当ての「門司港レトロ」を訪れずに帰ってきたのですが、今回はその「門司港レトロ」に朝から行ってきました。
 終着駅の門司港ですが、九州の鉄道の線路の起点です。終着駅と港の組み合わせはなかなかノスタルジーを感じさせます。もちろんここも関門鉄道トンネルが出来るまでは連絡船が海峡を行き来していました。train
Img_5594_1Img_5593_1Img_5592_1
 門司港駅は残念ながら現在修復工事中ですが、駅前に出ると古い建物が並んでいて観光客がいっぱい訪れていました。横浜にも赤レンガ倉庫等のレトロな建物がありますが、それらを少しコンパクトにまとめてしまったような感じと言えばおわかりでしょうか。
Img_5587_1Img_5586_1
Img_5560_1Img_5562_1Img_5563_1
 ということで港をぐるっと一周回ってみることにしました。港には対岸の下関との連絡船や海峡クルーズの観光船が発着しています。レストランやお土産ショップもたくさんあって賑やかです。遠くにはライオンズエクスプレス号で何度も渡った関門橋が見えます。bus
Img_5566_1Img_5568_1Img_5574_1
 そのまま歩いていると目の前のレトロな建物に地ビール工房と書いてあるじゃないですか。もちろんただ黙って前を通り過ぎるいのピーではありません。早速一杯買って海風に吹かれながら飲みました。beer
Img_5567_1Img_5569_1
 小一時間程散策してから次の目的地は門司港駅の隣にある「九州鉄道記念館」です。九州の鉄道マニアの聖地といわれる場所で一度は行っておかなければいけないところです。館内には引退したSL、電気機関車、電車、客車等が展示してあって昔それらに乗車した記憶が蘇ってきました。本館には運転シミュレーターがあって運転手気分にさせてくれます。
Img_5578_1Img_5582_1Img_5581_1
 さて、これで門司港での観光はひとまず終わりということで、次に戸畑に向かいました。実はこの日、昨年お知り合いになったフルーティストの榎本裕子さんのコンサートが戸畑で開催されるので帰路途中下車したわけです。
 コンサートは全部フランス物でパリで勉強されたということで、さすがにエスプリを感じさせる品のある演奏でした。また、ファーストCDの発売ということで、購入したCDにサインをしてもらいました。もちろん「2ndは是非・・・」と言うことも忘れてはいませんです。cd
Img_5597_1Img_5604_1Img_5609_1

|
|

« おトイレ¡?、唄入れでした | トップページ | とょっと9_10へ »

クラシック音楽」カテゴリの記事

フルート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おトイレ¡?、唄入れでした | トップページ | とょっと9_10へ »