« 雨男がいたようで | トップページ | 秩父です »

2014年4月 9日 (水)

優秀録音に選ばれました。

 レコード芸術誌4月号いのピーが録音したCDが新譜月評優秀録音に選ばれました。そのCDというのはチェリストの水谷川優子「魂をこめて」(HERB-019)というアルバムで、同時に準特選盤にも選ばれました。昨年7月に埼玉県秩父市で録音したものでハーブクラシックスからリリースしています。このCDのキャッチは「豪快にして繊細、上品な温もりに満ちたチェロの調べが、作品の核心に迫りながら、聴き手の魂も深く揺さぶる。」というものです。cd
 レコード芸術誌の録音評を引用すると「2013年、秩父ミューズパーク音楽堂での録音。響きの美しいホールの特長を十分に活かして、楽器をのびのびと歌わせている。チェロはほどよい大きさで中央に定位、響きがよく捉えられているが、楽器が大きくなりすぎることはない。ピアノはほんのわずか奥に定位しこれもクリアな音色である。全体に無理のない音作りで音楽そのものが極めてよく伝わってくる。」でした。
 皆様どうぞよろしくお願いします。
001_1Img_4490_1

|
|

« 雨男がいたようで | トップページ | 秩父です »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

チェロ」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事