« アヴァンギャルドな聴き方!? | トップページ | 今年最初の水汲み »

2015年2月23日 (月)

近藤薫のCD

Img_5735_1

 近藤薫さんのCDについて録音風景写真を紹介します。録音はすごく順調に進みました。それは近藤さん自身で既に音楽が完成していて通しで完璧に演奏するので、テイク数は少なくて済み、同じ曲を別の日に再録音する程の余裕さえあったという録音制作する方としては大変ありがたいアーティストでした。なお、譜捲りのアシスタントに来たドレミちゃんが中々ユニークな存在で、ともすると微妙な空気になりがちな録音現場の雰囲気を和らげてくれました。かくし芸で何と伴奏の長尾洋史さんのヴァイオリン演奏を聴けたのも貴重な思い出でした。意外とこうしたハプニングは録音終了後等演奏家がリラックスして乗って来ると起きるものです。scissors
Img_5726_1Img_5727_1Img_5725_1

 ところで、このCDが発売された先月福岡市で九州交響楽団の演奏会があり、近藤さんがコンサートマスターを務めるということで聴きに行ってきました。相変わらずの鮮やかなコンサートマスター振りで、演奏終了後ご挨拶に行きました。もちろん、受付にはCDが販売されていて、近藤さんが女子高生が購入したCDにサインする姿が有りました。cd

ぶらぼあ4月号のCD評はこちらです。

  東京フィルを経て、九響のコンマスを務める俊才の初ソロ盤。彼の実演にはオーケストラや室内楽で数多く接してきたが、今回ソロを初めて聴き、こんなに上手 かったのかと驚嘆した。近藤のヴァイオリンは、春の雪解け水のように瑞々しく、草や木々を潤すように作品を紡いでいく。荒井英治が編曲した「ジークフリー ト牧歌」は、オリジナルがこちらかと思うほど自然で緻密な佇まい。弱音に細心の注意が払われているシュニトケとペルト、そして長尾洋史の好サポートも光る フランク。どこまでも清廉で悠揚としたその彫琢は、過去の巨匠たちの名盤にも比肩するような美しさだ。(渡辺謙太郎)
Img_7173_1Img_7162_1
Img_7181_1Img_7178_1

|
|

« アヴァンギャルドな聴き方!? | トップページ | 今年最初の水汲み »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

ヴァイオリン」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/61159336

この記事へのトラックバック一覧です: 近藤薫のCD:

« アヴァンギャルドな聴き方!? | トップページ | 今年最初の水汲み »