« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月に作成された記事

2015年2月26日 (木)

今年最初の水汲み

 今年最初の水汲みのため九重に友人と三人で行ってきました。今回は大分道湯布院ICで降りて一般道を走り湯平温泉を抜けて行くルートを採りました。途中久大線を走る列車と遭遇したので写真を撮りながら走りましたが、山道に入ると一週間前に降った雪がまだ道の両サイドに残っていました。
Img_00781Img_00791Img_00821
Img_00861Img_00941Img_00961
 先ずは、白水鉱泉に寄ってお腹を水で満たした後、その後は、いよいよ本来の水汲み場に到着してから水汲みです。既に先着組がいましたが、水汲み終わりに近かったので直ぐに水汲みを開始でき、40分程度で持参し たポリタンクとボトルに注水完了しました。この日は産直の野菜が売ってなくて、いつも買っている生椎茸が買えなくて残念でした。
Img_00971Img_01031
 水汲み終えてからは、やまなみハイウェイをドライブして牧ノ戸峠でちょっと雪遊びをして、蕎麦街道に向かいましたが、この日はPM2.5の影響か空全体 が真っ白で山の稜線が全く見えません。阿蘇の山並みも台無しです。前日はピーカンだったのに、また、折角買ったばかりの一眼レフを持って来たのにと恨み節 でした。
Img_01141Img_01161Img_01171
 その後、蕎麦街道を走り前々回の蕎麦屋に入ろうということで、黒川温泉近くの「沙羅」 に寄りましたが、日曜お昼ということで、満席で結局約40分待って蕎麦を食べることができました。注文した蕎麦は冬季限定の地鶏そば(¥1,728)でざると掛の両方が楽しめるというもので、蕎麦の量が少なく見えますが、意外と食べ応えがあり、冷えた身体もしっかり温まりました。昼食後は杖立温泉を通って日田ICから高速に乗るといういつものルートで帰路に着きました。car
Img_01181Img_01191Img_01241

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月23日 (月)

近藤薫のCD

Img_5735_1

 近藤薫さんのCDについて録音風景写真を紹介します。録音はすごく順調に進みました。それは近藤さん自身で既に音楽が完成していて通しで完璧に演奏するので、テイク数は少なくて済み、同じ曲を別の日に再録音する程の余裕さえあったという録音制作する方としては大変ありがたいアーティストでした。なお、譜捲りのアシスタントに来たドレミちゃんが中々ユニークな存在で、ともすると微妙な空気になりがちな録音現場の雰囲気を和らげてくれました。かくし芸で何と伴奏の長尾洋史さんのヴァイオリン演奏を聴けたのも貴重な思い出でした。意外とこうしたハプニングは録音終了後等演奏家がリラックスして乗って来ると起きるものです。scissors
Img_5726_1Img_5727_1Img_5725_1

 ところで、このCDが発売された先月福岡市で九州交響楽団の演奏会があり、近藤さんがコンサートマスターを務めるということで聴きに行ってきました。相変わらずの鮮やかなコンサートマスター振りで、演奏終了後ご挨拶に行きました。もちろん、受付にはCDが販売されていて、近藤さんが女子高生が購入したCDにサインする姿が有りました。cd

ぶらぼあ4月号のCD評はこちらです。

  東京フィルを経て、九響のコンマスを務める俊才の初ソロ盤。彼の実演にはオーケストラや室内楽で数多く接してきたが、今回ソロを初めて聴き、こんなに上手 かったのかと驚嘆した。近藤のヴァイオリンは、春の雪解け水のように瑞々しく、草や木々を潤すように作品を紡いでいく。荒井英治が編曲した「ジークフリー ト牧歌」は、オリジナルがこちらかと思うほど自然で緻密な佇まい。弱音に細心の注意が払われているシュニトケとペルト、そして長尾洋史の好サポートも光る フランク。どこまでも清廉で悠揚としたその彫琢は、過去の巨匠たちの名盤にも比肩するような美しさだ。(渡辺謙太郎)
Img_7173_1Img_7162_1
Img_7181_1Img_7178_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月22日 (日)

アヴァンギャルドな聴き方!?

 昨日は、いのピーの母校九州大学大橋キャンパス(元九州芸術工科大学)で芸工アヴァンギャルド・コンソート演奏会があったので行ってきました。演奏会の趣旨は大学の倉庫に眠っていた過去に絶滅した古楽器を演奏できるように修復してそれらによって演奏会を開き、その音を現代に響かせ、古楽器に興味を持ってもらおうというものでした。それで、一部のコンソートの演奏会を聴きましたが、会場が特殊な構造のホールでしたので、それはあたかも中世の宮殿で聴いているかのような不思議な感覚を醸し出していました。実は、二部にはアントネッロのリーダーの濱田芳通氏のお話と演奏も予定されていましたが、元々予定にしていた社会人ジャズビッグバンドのコンサートがダブっていたので、濱田芳通氏には直接会って「ごめんなさい」を言って大学を後にしました。そして天神に出てライブハウスに着きいのピーと同じジャズバンドメンバーと一緒にビールを飲みながらビッグバンドサウンドに酔っていました。beer
Img_7257_1Img_7260_1Img_7268_1
Img_7270_1Img_7274_1Img_7275_1



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月18日 (水)

新譜のご案内です

 ハーブクラシックスから新譜のご案内です。昨年4月に埼玉県秩父市のミューズパーク音楽堂で録音したもので、現在九州交響楽団のコンサートマスターを務めている近藤薫のデビューアルバム(HERB-022)です。もちろん、録音、編集、マスタリングはいのピーが担当しました。
 さて、このCDの一押しはワグナー作曲=荒井英治編曲の「ジークフリート牧歌」です。荒井英治さんは現在東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスターで、モルゴーア・カルテットのメンバーでもあります。また、編曲者としてはプログレッシブ・ロックとして高く評価されるピンク・フロイドの音楽を自ら演奏し現代に甦らせた一連の作品は話題を呼びました。その荒井さんがワグナーに挑戦した訳ですが、特に奇をてらう事無くオーソドックスな作品となっています。近藤薫氏の演奏も格調高く立派な演奏となっています。今後この編曲を演奏するヴァイオリニストが増えることを荒井さんは期待しているそうです。また、荒井さんは同じくハーブクラシックスからバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全六曲のCD(HERB-008&009)をリリースしています。
 CDにはその他、フランクのヴァイオリン・ソナタ、シュニトケの「古い様式による組曲」、ペルトの「鏡のなかの鏡」が収録されています。なお、伴奏者は長尾洋史氏です。 どうぞ、よろしくお願いします。cd


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月11日 (水)

アントネッロ福岡公演に行ってきました。

001_1_2

 昨夜は古楽アンサンブルのアントネッロの福岡公演を聴きに行ってきました。昨年はそのメンバーの西山まりえさんのソロ演奏を福岡の九大大橋キャンパスのホールで聴きましたが、三人そろっての演奏会と言うと、さて、十数年振りでしょうか。エネルギッシュな演奏は相変わらずですが、何か落ち着き溢れる安定感が感じられ、次第に円熟して来ている様子も感じられ喜ばしい限りです。
 以下にアントネッロ関連のいのピーが録音を担当したCDの一部を紹介しておきます。

Img_7239_1Img_7245_1Img_7247_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月 9日 (月)

くだらない事ではありませんでした

001_1

 今、太宰府市の九州国立博物館で特別展「古代日本と百済の交流・太宰府・飛鳥そして広州・扶餘」が開催されていて、友人から「チケットがあるから行かない?」と誘われたので、先日行ってきました。折角ですから、正月に初詣したばかりの太宰府天満宮にまた参拝です。今の時期は中高生の受験生が集団で参拝に来て本殿前はごった返していました。本殿側の「飛梅」は既に咲き始めていました。

Img_0049_1Img_0051_1Img_0052_1

 参拝を済ませたところでランチということで、温かい蕎麦ともちろん梅ヶ枝餅も食べました。その後は九州国立博物館に向かいました。平日ということで全然混んでなくてゆっくり見学できました。お目当ての国宝「七支刀」もじっくりと見ることができました。実は、日本史に疎いので「古代日本と百済の交流」と言われても「なんのこっちゃ!?」という状態だったのですが、説明書きを読んで当時のことが何となく解ったような気になりました。特に「白村江の戦い」について詳しく説明されていました。考えみると、いのピーの住んでいるところなんて当時は日本国土防衛最前線だったようで、ちょっと庭でも掘ってみるか・・・。でも、これなまじ冗談でもなく、昨年近所のマンション建設地で遺跡が出土し、調査のため建設が半年遅れたことがありました。それはともかく、おかげ様でしばし古代日本のロマンに浸ることができました。
 ところで先月、福岡市の元岡古墳群で出土した鉄製大刀について金象眼が施された19文字全ての露出に成功したとのニュースがありました。国宝級らしいです。
Img_0060_1Img_0061_1Img_0064_1

| | コメント (0)
|

2015年2月 4日 (水)

節分祭に行ってきました

 昨日は節分ということで、今年も櫛田神社に行ってきました。平日でしたが晴れて温かい日でしたので、例年より人出は多かったように感じました。参拝して豆撒き参戦です。
Img_7222_1Img_7227_1Img_7226_1

  午前中は博多座出演の歌舞伎役者達が豆撒きをするのもいつも通りでしたが、今年は「くまモン」が豆撒きをするということで、その登場時間には異常に混んでいました。登場すると大歓声が起こりました。当然とは言えやはり実物はその動作がユニークですね。ということで、すでに豆はゲットしているのでもっぱら写真を撮る方に専念しました。くまもん

Img_7208_1Img_7217_1Img_7218_1

 毎年、節分祭の梯子をしているで、櫛田神社を後にしてお次は東長寺に行きました。こちらでは参拝した後、豆撒きの時間までに少し時間があったので七福神を撮影して、結局縁起物の熊手を買ってから帰宅しました。
Img_0075_1Img_0067_1Img_0072_1

| | コメント (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »