« 今年最初の水汲み | トップページ | うなぎを食べに柳川へ »

2015年3月 1日 (日)

生誕130年記念CD発売

 今年2015年が記念年となるクラシック音楽作曲家としては生誕150年となるシベリウスが筆頭です。その次では没後50年のヴァレーズ山田耕筰ですが、著作権が切れるので話題になるかというところです。いのピー的にはもっとヴァレーズが評価されて欲しいですけれど。フルート演奏を趣味とするオヤジとしては「密度21.5」を演奏・・・否、録音したいです!?
 ところで、過去に古楽器の録音を沢山していたのでもちろん古楽は好きですが、その一方取っつき難いといわれる現代曲ですが、大学院時代に非常勤講師の柴田南雄先生の講義を受講して以来積極的に聴くようになりました。山田耕筰のピアノ曲はスイスのチューリッヒでロシア人ピアニストで録音したことがあります(その時の録音の経緯は過去の記事で紹介しています)。そのCDはもしかしてコロムビアから再発されるかもしれませんね。cd
 さて、これから本題です、生誕130年となるとベルクがいますが、なんと東欧のクロアチアにも生誕130年となる国を代表する作曲家がいらっしゃいました。クロアチアというとサッカーファンなら、ボバンシューケルの名前が直ぐに出てくるでしょうし、Jリーグ広島のミキッチはそうです。その作曲家とは女流なのですが、ドラ・ペヤチェヴィッチといいます。今回そのペヤチェヴィッチのピアノ独奏曲全50作品を録音した世界初のCD(HERB-023&24)二枚組をリリースいたしました。
Img_5458_1_2 もちろん録音はいのピーが担当して、昨年1月雪の新潟県魚沼市小出郷文化会館で、タカギクラヴィアさん所有の1912年製のヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイCD368を使用し西井葉子さんが演奏して96KHz/24Bitのハイレゾ録音したものです。

 ペヤチェヴィッチについては日本における第一人者である西井さんが自身のHPで詳しく紹介されていますのでそちらを参考にしていただけると嬉しいです。なお、ツイッターはこちらです。
 さて、それぞれ約74分にもなるCD二枚組、全50曲となると中々録音するのも大変でしたが、場所が場所だけに美味しいお米とお酒に助けられて無事に終わることができました。録音後、編集作業を行い記念すべき生誕130年の年の初めにリリースすることが出来た今はほっとしています。是非その抒情溢れる音楽に浸ってください。spa
 なお、3月28日にCD発売記念コンサートが開催されますので、よろしくお願いします。西井さん以外の演奏家も生誕130年ということでその他ペヤチェヴィッチの作品を取り上げ演奏するようなので、今年はペヤチェヴィッチがブレークするかなクラッカー
Img_5429_1Img_5437_1

Cd1_001_1Cd2_001_1  

|
|

« 今年最初の水汲み | トップページ | うなぎを食べに柳川へ »

クラシック録音」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137930/61213931

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕130年記念CD発売:

« 今年最初の水汲み | トップページ | うなぎを食べに柳川へ »