カテゴリー「クラリネット」の13件の記事

2013年7月12日 (金)

満員御礼!

 全国のトップを切って関東地方は7月7日に梅雨明けとなり、いきなり猛暑日となりましたが、先日ご紹介しましたように7日午後に東京赤坂のドイツ文化会館ホールに於いてピアニスト佐々木秋子がサロン・コンサートを開催しました。
 このコンサートは夏恒例となりましたが、今年はウィ-ン・フィルハ-モニ-管弦楽団ソロ・クラリネット奏者P.シュミードル、チェロ首席奏者のF.ドレシャル両氏からコンサート のお話を頂き、七夕コンサートとして開催することとなりました。オーストリア国旗
 この炎天下の中予想を超える沢山のお客様がいらっしゃって主催者側としては大変ありがたく思っており感謝しております。予想以上のお客様に対して椅子が足りなくなり急遽椅子を倉庫から出して何とか対応しましたが、それ以上にプログラムが底をついてしまって大変申し訳ありませんでした。今後の反省課題といたします。sweat01
 その熱いお客様の期待に応えて、この日の演奏は大変な力演となりました。
 外は滅茶苦茶暑いですが、ホール内にはその熱さを忘れるようなウィーンの爽やかな風が吹いていた感じがしました。
Img_4409_1Img_4426_1

|
|

2013年6月17日 (月)

コンサート情報です。

ハーブクラシックスからコンサート情報です。

ハーブクラシックスを応援してくださっている皆さまへ。
梅雨の空の下、美しいバラに変わりあじさいの花が庭の主役を演じる季節となりましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか?

夏 の恒例となりましたが、ウィ-ン・フィルハ-モニ-管弦楽団ソロ・クラリネット奏者P.シュミードル、チェロ首席奏者のF.ドレシャル両氏からコンサート のお話を頂き、来たる2013年7月7日(日)・七夕の午後に、赤坂のドイツ文化会館ホールに於いて、ピアニスト佐々木秋子がサロン・コンサートを開催することとなりました。オーストリア国旗

プログラムには、ドイツ室内楽の傑作クラリネット三重奏曲2曲を含む室内楽の名曲が予定されております。

是非皆様お誘い合わせの上、真夏の午後に楽しいの室内楽の時間を共有してくだされば嬉しく思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

偏西風の影響らしいのですが、今年は空梅雨とは言え、これからむし暑い季節に向かいますので、お身体ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

ペーター・シュミードル(cl)  & フリッツ・ドレシャル(vc)  &  佐々木 秋子(pf)
- 七夕・サロンコンサート -
2013年7月7日(日)16時開演(15時半開場)
ドイツ文化会館ホール  全自由席 一般 3,500円 学生 3,000円

「2013.07.07_P.Schmidl,_F.Dolezal_&_Akiko_Sasaki_Salon_Concert_Chirashi-2.pdf」をダウンロード

|
|

2010年2月12日 (金)

ジャズクラです。

昨日は麹町の番町教会教会で催されたジャズクラリネットの後藤雅広のコンサート(GOTO PLAYS HYMNS AND SO ON.)に招待()されたので行って来ました。あいにくの雨雨にも関わらずトラディショナル・ジャズ好きのオールドファンで教会の椅子は満席状態(約70人位)でした。コンサート前半は一昨年ハーブクラシックスからリリースしたCD(HERB-702)cdの収録曲からの讃美歌の演奏がメインでしたが、場所が場所だけにまさにピッタシという感じでしたね。十字架
 ところで何故かこのコンサート、ライブ録音されていたのですが、そこはそこです、もちろん同業者の機材は知らない顔リカちゃんして抜かりなくちゃんとチェックしております。OK-

Img_0015_1 Img_0020_1Img_0016_1

P18_17021_1_2Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月31日 (金)

満員にはちょこっと足りませんが御礼!

昨夜夜の街のペーター・シュミードル/佐々木秋子/デュオ・アーベント@トッパンホールにはたくさんのお客様にいらしていただきましてありがとうございました。また直前のにわか雨雨にも関わらず当日券ticketを購入moneybagいただいて入場されたたくさんの皆様にも合わせてお礼と感謝を申し上げます。丁度一年前にも同じデュオのリサイタルを開催したので、大体客足は把握していたのですが、今年は満員fullとまでは残念ながらいきませんでしたが(贅沢なことを言っていますねsign02)、予想していた以上の観客数に不安も消えていました。さて昨年は演奏者同氏初めての顔合わせということで互いに探り合う場面も見られましたが、さすがにプロですね、お互いの手口が分かってくると今年は息の合い方が違います、少々飛ばし気味のシュミードルにぴったりとくっ付いていくところなんかなかなかスリリングでした。ぐー 演奏終了後ホール内で聴いていたシュミードルの弟のギュンターは「Wunderbarsign01」の連発でした。えっビックリマーク、録音ですかはてなマーク、もちろんチリバツですよ。smileImg_2918_1 Img_2929_1 Img_2935_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月30日 (木)

デュオアーベント

今日30日にはトッパンホールでウィーン・フィル ソロクラリネット奏者のペーター・シュミードルとピアノの佐々木秋子とのデュオアーベントが開催されます。それに先立ち演奏曲を確認するためリハーサルを聴いて来ましたが、シュミードルのクラリネットは相変わらず素晴らしいですね。昨年に引き続き期待できます。なお当日いのピーは録音を担当することになっています。ところでまだチケットはありますので、どうぞ皆様のご来場をお待ち申し上げます。flair_1 Img_2901_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月13日 (土)

ウィンナ・クラリネット

オーストリア料理を食べて頭はすっかりウィーン気質になってしまったいのピーですが、ハーブクラシックスからのお知らせがあります。昨年に続いてウィーン・フィル首席クラリネット奏者のペーター・シュミードルと新進気鋭ピアニスト佐々木秋子とのデュオアーベントが7月30日にトッパンホールで開催されます。ウィンナ・クラリネットの真髄を聴くことができる最高のリサイタルですので、皆様是非お越しください。詳細はハーブクラシックスのHPにアップしていますのでご参考の上よろしくお願いいたします。ところでトッパンホールというと私達録音関係者の間ではあることが話題になりますが、その後どうなりましたでしょうかね~sign05。大丈夫ですかはてなマーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月 8日 (金)

ハイスクール・デキシー

さて、Ⅰ部のオーソドックスな吹奏楽演奏によるクラシカル・ステージに続き、Ⅱ部はジャズ・バンド仲間のK氏の熱心な指導によりジャズ演奏に目覚め、ジャズに青春をかける高校生によるコンボ演奏をメインとするステージが始まり、ここからがいよいよ私の出番です。 ステージ上のマイクや返しモニター・スピーカーのセッティングは二人のスタッフに任せて出音の楽器のバランスと音質の調整に注意しながらPAミキシングをしました。それにしても高校生のテクニックは素晴らしいですね、しかも全部暗譜してるし。 私なんか、とてもあのように演奏できません。しかも、黙って聴いているとサックスSaxophoneもクラリネットもまるでK氏が演奏しているかのように聴こえるではありませんか!!、しかも癖までも、思わず笑ってしまいました。smile いわゆる「クリソツ」というやつですね。いのコピーからのお願い!!、ぜひ大学生になってもデキシーランド・ジャズを続けて下さいね、そして後藤雅広さんのようなプレーヤーを目指して頑張ってください。ビックリマーク  また、続く・・・かなはてなマーク Img_2514_1 Img_2546_1P18_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月27日 (土)

パソコンが・・・、えっ、バスクラですか!?

一週間位前から、メインで使っているWindowsパソコンpcの動作が少しずつ遅くなってなっているのに気付きました。しょぼん しかも日に日に遅れが増えてついに文字入力に対する画面表示に10秒近くかかるようになりました。パーフォーマンス・モニターを見るとCPUが断続的にしか動作していません。ネットやメールの動作も極端に遅くなりました。ハードディスクが壊れかかっているのか、はたまた何か裏で重いソフト(ウィルス?)が動いているせいかよくわかりません。症状は益々悪くなる一方で、このままではダウンする怖れがあり、メールや音楽制作ができなくなる可能性があります。ショック! しかもこういう時に限って急ぎの仕事が入って来るのです。そこで一部の作業はもう一台別のパソコンですることにし、その間、ここはひとつプロに診てもらおうと、昨日急遽近所のパソコン修理専門店PCクリニックに持ち込むことにしました。あせるそしてスタッフと一緒に原因追究することとになりました。サーチ そうするとハードディスクは大丈夫ですが、立ち上げてからのCPU使用率の変化の仕方が異常であることがわかりました、しかもネット接続状態でその傾向が著しくCPUのパーフォーマンスが低下しています。ということはやはりインストールされているソフトがそれぞれ勝手にネットに接続して行きそれが相互に絡み合って混乱を生じているのではないかということになりました。それで必要のないソフトやツールバーを片っ端からアンインストールすることになりました。それでこの作業を続けているとスタッフから「もしかして、音楽関係のお仕事をなさっていませんかはてなマーク」と質問されて、「いゃー、分かりましたか、実は・・・てなことをやっています。(音楽関連ソフト名でばれちゃったみたい)」と答えると、「私も最近、昔吹奏楽団でやっていたバスクラリネットを復活しました。」ということで、急にパソコンそっちのけで音楽談義で盛り上がってしまいました。一方パソコンの方はアンインストール作業が進むにつれ次第に落ち着いて来て安定してきました。特に動作させていない常駐のプロバイダー提供ウィルスセキュリティソフトをアンインストールしたことが効いたみたいです。ということで、クリーニングしてもらってしばらく様子を見ることで持って帰って来ました。PCクリニックさん迅速な対応ありがとうございました。家家に持って帰ってからは実にスムーズです、おとなしくなったし、サクサク動くし、全く嘘みたいです。OK あれは一体何だったのでしょうか。はてなマーク皆様もついつい軽い気持ちでダウンロードしたソフト、ツールバーやファイルが在ると思いますが、裏で勝手に何をやっているかわかりませんので、不必要なものはアンインストールしておくことをお勧めします。パソコン

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年10月 1日 (水)

神戸ジャズストリートにG’z Trio出演!

今週末4、5日に神戸では神戸ジャズストリートが開催されます。この種の催しとしては規模では横濱ジャズプロムナードに劣りますが、神戸の方が歴史が古くしかもここで演奏されるジャズは現在のアメリカではほとんど消滅しているクラシック・ジャズというか、ニューオリンズ系のオーソドックスなトラディショナル・ジャズをメインとしているところが特徴です。もちろんG’z Trioも出演しますので、お近くの方々はお聴きに出掛けてみてはいかがでしょう。また、新譜CD「St.Phiillip Street Breakdown」も現地で購入できます。よろしくおねがいします。音譜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月27日 (土)

後藤雅広はブレイクダウンしません!

Img_15261_1今回ハーブクラシックスからCD(セント・フィリップ・ストリート・ブレイクダウン)をリリースする日本に於けるトラディショナル・ジャズ・クラリネット奏者の第一人者である後藤雅広は今までに赤坂工芸音研AKLレーベルから 2枚のCDをリリースしていて、いずれも高い評価を得ています。今回のアルバムは後藤雅広の熱狂的ファンである杉本栄一氏が「後藤さんの好きな、やりたい音楽のCDを作ったらどうですか?」と提案し同氏のプロデュースにより実現したものです。そのために後藤雅広が「今、残しておきたい音楽」が詰め込まれています。皆様是非ご一聴よろしくおねがいします。本物を目指して決してブレイクダウンせず突き進む後藤雅広の今後の活躍にご期待ください。アップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|