カテゴリー「チェンバロ」の3件の記事

2015年2月11日 (水)

アントネッロ福岡公演に行ってきました。

001_1_2

 昨夜は古楽アンサンブルのアントネッロの福岡公演を聴きに行ってきました。昨年はそのメンバーの西山まりえさんのソロ演奏を福岡の九大大橋キャンパスのホールで聴きましたが、三人そろっての演奏会と言うと、さて、十数年振りでしょうか。エネルギッシュな演奏は相変わらずですが、何か落ち着き溢れる安定感が感じられ、次第に円熟して来ている様子も感じられ喜ばしい限りです。
 以下にアントネッロ関連のいのピーが録音を担当したCDの一部を紹介しておきます。

Img_7239_1Img_7245_1Img_7247_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年2月10日 (月)

アヴァンギャルド!?

  現在、九州大学・大橋キャンパス多次元ホールにおいて、芸工アヴァンギャルド音楽祭 2014が1月26 日(日)~2月23日 (日)に「芸工アヴァンギャルド音楽祭 2014~芸工のアヴァンギャルド、多次元がふるえだす。」として開催されているので、2月2日のコンサートに行って来ました。
 実はここ九州大学・大橋キャンパスというのはかつて九州大学と統合する前は九州芸術工科大学でして、いのピーはその大学院卒業生なのでした。ということで懐かしの校舎を覗いたりして多次元ホールに向かいました。
Img_5479_1Img_5482_1Img_5483_1
 
それで、この日の演目は西山まりえソロリサイタル「ゴシックハープの植物文様~中世の貴婦人とともに」というもので、普段13~4世紀の音楽を演奏している西山まりえ氏が現代作曲家の藤枝守氏の新曲を演奏するというもので、そこのところがアヴァンギャルドたるものなのでしょう。といっても別にハープを激しくかき鳴らす訳でもなく、淡々と静かに紡ぐ音が多次元ホール内に響いて「多次元がふるえだす。」とまでは行かなかったようです.。約50人程の観客でしたが,意外にも単調な感じの曲が多いため寝ている人もちらほら見えました。
Img_5491_1Img_5499_1Img_5506_1
 コンサート終了後最新リリースのCDバッハの「イギリス組曲」にサインしてもらってご挨拶をしました。実は、いのピーは過去に西山まりえさんのCDを数枚録音したことがありまして、久し振りの再会でした。彼女はその夜の最終便airplaneで東京に帰るということで、また東京での再会をお約束して、サヨナラしました。paper

|
|

2008年11月 7日 (金)

筑紫哲也さんを追悼したい。

筑紫哲也さんお亡くなりました。同じ九州出身でまたクラシック音楽に造詣が深いことで親しみを感じ病気回復の応援していたのですが大変残念です。その訃報を聞いて以前私もその制作スタッフの一員でチェンバリストの中野振一郎さんのCDのジャケットに筑紫さんの推薦文が掲載されたことを思い出しました。早速そのCD(DENON COCQ-83080)を探し出し読み返しましたが、ちょうど10年前で、筑紫さんはウィーンがお好きだったようですね。今夜はこのCDを聴きながら日本を代表するニュースキャスターを偲びたいと思います。cd

_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|