カテゴリー「グルメ・クッキング」の18件の記事

2015年8月21日 (金)

うえやまとち先生宅ご訪問

先日、週刊「モーニング」に漫画「クッキングパパ」が連載されて今年で30周年を迎えた漫画家うえやまとち先生の福津市の海岸側に建つご自宅を訪問しました。今回は漫画のことでは無くバンドの練習が目的でした。
 先ずは、先生作の美味しい料理を堪能して、すっかり出来上がったところでバンド練習に突入しました。玄界灘に沈む夕日がとっても綺麗でした。delicious
Img_08651Img_08781
Img_08811Img_08841Img_08911
Dsc_0181Dsc_0178


| | コメント (0)
|

2014年10月25日 (土)

福岡オクトーバーフェスト

 

福岡オクトーバーフェスト2014が開催されたので友人を誘って初めて行ってきました。昨年は来場者が多くてテントに入りきれない程混雑したとTV報道されたので躊躇して行かなかったのでした。そういうことなので、混む前に行こうと午後4時の開場と同時に入場しお目当てのドイツビールとソーセージを買い求めて「プロスト!」です。
  平日にも関わらず午後5時過ぎにはテントの中はほぼ満席状態でその後も続々お客さんが入場してきて屋外のテーブル席でビールを飲んでいます。よく見ると会社帰りの集団が多いようです。午後6時からはステージでバンド演奏が始まり、客を盛り上げる、客を盛り上げるup
 ステージの前では輪になって踊り出しています。この光景が9時過ぎまで続きました。さて、その間にいのピーは確か4杯か5杯は飲んでいると思います。久しぶりのドイツビール三昧で大変満足しました。beer
 しかし、パンフレットには載っていたドイツ駐在時に良く飲んだデュッセルドルフのビール「フランケンハイム アルトビール」が完売で飲めなかったのがすごく心残りとなりました。crying

Img_6576_1Img_6570_1Img_6579_1
Img_6580_1Img_6594_1Img_6597_1

| | コメント (0)
|

2014年10月23日 (木)

自宅訪問

 先週、クッキングパパのうえやまとち君のご自宅を訪問しました。実は今度彼と一緒のバンドでイベントのライブ演奏をすることになってそのリハーサルのために集まったわけです。彼の自宅は地元民放TVのワイドショーで見たことはあるのですが、実際に訪問するのは初めてでした。福津市の海岸側に建つガラス張りの螺旋階段のユニークなお宅で、室内から砂浜とその遠く先には玄界灘を望むことができます。この日は天気が良くて海に沈む夕日がとても綺麗でした。sun
 ところで、彼に料理を作ってもらうなんて恐れ多いことなので、スーパーで買ってきた惣菜とビールでまずは軽くウォーミングアップをしてからリハーサルということになりました。もちろんチリバツでした。notes
Img_6546_1Img_6555_1Img_6562_1
Img_6552_1Img_6566_1

| | コメント (0)
|

2014年6月 2日 (月)

ホントに漫画家!?

 最近世間で話題になった漫画というと「美味しんぼ」ということで、いのピーも何十年か振りに漫画週刊誌を買ってしまいました。
 さて、この料理漫画またはグルメ漫画というジャンルには他にクッキングパパという漫画があります。実はこの漫画の作者のうえやまとち氏はいのピーの古い友人なのです。それで、「今度が長男がオーナーのバー「Chez Papa」でライブをやるので、聴きに来ないか?」と誘われたので、昨日福津市のお店まで行ってきました。
Img_5958_1Img_5960_1Img_5970_1_3

 山本シン氏の演奏に続き、うえやまとち君の歌とギターおよび長男のサイドギターによるツインアコースティックギターライブが始まりましたが゜、これがまたプロの演奏家と間違う程素晴らしい演奏で、しかもも演奏曲目が全編高田渡作品という程のこだわり様で、かつてのフォーク全盛時代を彷彿させるもので何だか懐かしさが湧いてきました。note
 演奏終了後はディナータイムで、うえやまとち君が腕を振るった料理が出されました。この日のメインディッシュは「仙台牛タンとソーセージ」で、その右手の皿はポテトフライではなく小魚が入った地元産の大根の細切りです。その他ジャガイモとお豆のチャーハンやツナがトッピングされたパン等が出されましたが、それらどれも大変美味しかったです。さすがはクッキングパパですね。ということで、夜も更けてきたので再会を約束して、JR福間駅から電車で家路に着きました。delicious
Img_5975_1Img_5979_1Img_5982_1
 

| | コメント (0)
|

2013年1月 8日 (火)

それ、何くさ!、七草!

 七草粥を食べました。お腹に優しいです。happy01
 そういえば、去年は近所の八百屋で売れ残って廃棄処分行きになる予定の七草のパック詰めをごっそり只で貰ってきて七草鍋をしましたっけ。ラーメン delicious
Img_3428_1Img_3433_1

|
|

2011年12月28日 (水)

寒い日にはラーメンですタイ!

 クリスマス前までは最高気温が10度以上あって今年は暖冬か?と思っていたのですが、この所のクリスマス寒波で寒い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
 こういう日は暖かい豚骨ラーメンを食べて温まるのもいいですね。ということで名代ラーメン亭にラーメンを食べに行きました。博多っ子にはお馴染みのラーメンですタイnoodle

Img_1692_1Img_1687_1Img_1688_1

| | コメント (0)
|

2011年9月 6日 (火)

JR博多シティ

 JR博多シティに行ってきました。JR博多シティと言っても要は博多駅ビルのことなのですが、それが日本最大級の規模を誇っていて単なる駅ビルでない巨大複合商業施設として今年オープンしたのです。TV東京の「出没!アド街ック天国」で紹介されて、帰省時には是非行ってみよう思っていた施設です。ビル走る人
 ということでJR九州の電車電車に乗って行ってきましたが、やはり「でかいsign01良くこんな物作ったなsign03」というのが印象でした。丁度昼時でアミュプラザ博多の9&10Fシティダイニングくうてんで食事をしようということになったのですが、すごく混んでいてどこも満員で30分くらいぐるぐる歩き回っていましたが、やっと焼き鳥焼き鳥の「うまや」に入れてお昼を食べることができました。ちなみに食べた料理は「市川猿之助の楽屋めし」でした。delicious
 昨日の朝日新聞には「開業から2日までの半年間の来館者数が延べ3080万人になった。」とありました。来福時には一度訪れてはいかがでしょうか。オススメ
Img_1489_1_2Img_1491_1_2Img_1492_1

| | コメント (0)
|

2011年9月 1日 (木)

だるま?

 さて、福岡の実家に寄生虫いや帰省中のお話です。とある日お昼どうするということで、やっぱり「博多ラーメンを食べに行かんといかんばい。」ということになりまして、最近TV東京で全国放送されて有名になった博多だるまの姉妹店「博多だるまネクスト」大野城店が近くにあるということで早速食べに行きました。noodle ランチタイムを避けて行ったのですぐ入店できました。いのピーは「数種類の食材やスパイスを使用した自家製ラー油が豚骨スープと調和し奥深い辛さを演出する逸品」という赤だるまラーメンをパリカタで注文しました。確かに凝縮された奥深い辛さを感じる美味しさでしたが、もう少しストレートな辛さが在っても良かったのではないかと思いました。ラーメン 店頭に飾り山笠のように張られている色紙は本店に来店した有名人が書いた色紙のコピーでした。ごちそうさまでした。ラーメン delicious
Img_1506_1Img_1505_1_2Img_1509_1_2

 

 

 

 

 

| | コメント (0)
|

2010年8月20日 (金)

タイ飯ですタイ!

 毎日こう暑い日晴れが続きますとバテ気味で食欲が無くなりついついサッパリしたものを食べたくなりますね。暑い しかし、熱中症にならないようシッカリと体力をつけることも必要です。ということで、冷房が効いたイタリアンレストランでサラダやさいサラダやパスタナポリタンを冷えた白ワインと一緒に食べようかという提案もあったのですが、ここは一つスパイスの効いたタイ料理を食べようということになって、夕方から横浜市都筑区センター北駅前の屋外の仮設屋台村に行くことにしました。駅 平日だったのでお客さんは少なく、この日は風風もあったので思ったより快適でした。月夜 ここの料理は軽トラ軽トラの屋台でのタイ料理がメインです。同行した知人の中に長年バンコクに駐在員として住んだ経験がある方がいたので料理人にあれこれとタイ語で味付けの注文を出してもらいました。しかしどうも日本人用の味付け(お子ちゃま男の子女の子向けかはてなマーク)になっていてすごくマイルドです。あの辛いタイ料理を期待していたいのピーとしてはガックシでした。ということで、特別に辛い調味料を出してもらいそれをかけまくって食べていました。やはり本格的タイ料理店に行かねばと思った今日この頃でした。反省!
  ここはサウンドブログ・・・、いや、ネタが無くなるとついグルメブログ・・・、になってしまいます。おじぎ
Img_0444_1 Img_0001_2Img_0446_1

| | コメント (0)
|

2010年7月17日 (土)

ビッテ、ビッテ!

 先月仕事の打ち合わせのためにいわゆるディナーミーティングの会場として使用した永田町にあるドイツ・オーストリア系のヨーロピアン・ダイニング・レストラン「Bitte(ビッテ)」を貸し切って今週クラシック音楽業界人の隠れたかつ密かなミーティングが開催されていのピーも行って来ました。レコード会社、音楽出版会社、音楽評論家、アーティスト・マネージメント会社、コンサート・マネージメント会社等で実際の現場で活躍している中堅クラスの人々が20数名集まりました。幹事の音楽評論家は「今このクラシック音楽業界全体が非常に難しい時代にある中、お互いがお互いを知り、少なくともプライヴェートでは楽しく飲めるような場があってもいいのではないかと」いう趣旨で開催を発案したそうですが、思っていたより沢山の方が参加したということで感激すると同時に改めて今置かれたこの業界の厳しさを認識したそうです。そういうことで皆普段感じたり考えていることについて真剣に語っていました。単なる名刺交換会や情報交換会でなかったのが良かったと思います。早速来月もやりたいと幹事役を名乗った方もいらっしゃったそうです。クラッカー
  ドイツビール飲み放題にダンケシェーンビール酔っぱらい
Img_0354_1 Img_0355_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|