カテゴリー「書籍・雑誌」の2件の記事

2012年4月29日 (日)

図書な日々!?

 暇つぶしによく本屋に行くのが日課だったのですが、ここは近所の市立図書館に行ってみることにしました。学生が多いかと思ったら圧倒的に中高年とお年寄りしかも男性の姿で席は一杯です。よほど家庭で居場所がないのでしょうか? 確かにここに来れば冷暖房空調管理されて快適ですし静かでおしゃべりは禁止で黙って座って本を読んでいれば誰からも文句言われることも無いからでしょうね。寝ている人も見かけます。sleepy もちろん新聞はあるし雑誌も新刊があるしCDもおいてあるし、しかもそれらが簡単に借りれます。
 これじゃ本bookやCDcdが売れなくなるのも解ります。think

Img_2215_1Img_2214_1Img_2216_1

|
|

2010年5月13日 (木)

褒め殺し掲載詐欺に注意!

国民生活センターによると「高齢者に「自作の短歌や俳句を新聞(雑誌)に掲載しないか」という電話があり、無料と思い承諾したところ、高額な掲載料を請求された、など「短歌」「俳句」の新聞あるいは雑誌等への掲載の電話勧誘に関する相談が、2008年度以降、急増している。」そうです。元ネタはこちらをクリック。また相談者の平均年齢は78.4歳で女性が8割を超えているようです。まるちゃんのおばあちゃん 例としては、広告代理店を名乗る人物から突然電話がかかってきて「先生の作品は大変素晴らしい、ぜひ掲載したい」などと褒めちぎってその気にさせて、掲載料は「無料」と勧め、承諾した後高額請求する という手口だそうです。む
 このニュースを聞いて身内に啖呵を切っている・・・、いや担架乗せられてる・・・、そうでなく短歌を趣味としているお年寄り老人が居ますのでいのピーとしては心配になりました。早速注意するよう連絡しました。携帯電話
 なお、ご相談はお住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。ということだそうです。telephone
 もしもし、是非、先生もその芸術性溢れる素晴らしい演奏のCDCDを出しませんか~ここだけの話

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|