カテゴリー「フルート」の17件の記事

2015年6月29日 (月)

ジャズ・サックスとフルートを聴きました。

先週は福岡市内のライブハウスに東京からジャズ・サックスとフルート奏者の岡淳氏が来るというので、ライブを聴きました。客席は満席でその実に落ち着いた大人の演奏に観衆は魅了されました。フルートで演奏したボサノバが特に良かったです。アドリブも得てして難解になり易いのですが、すっきりして気持ち良かったです。
 実は岡淳氏が監修・演奏したジャズフルートの教本は持っていまして、これで勉強しました。
Img_7628_1Img_7632_1Img_7634_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月31日 (日)

コンサート・イン・マンション

昨日は福岡市内のあるマンションの一室で開催されたプライベートコンサートに行ってきました。それはフルートとギターのコンサートでフルーティストは榎本裕子さんでギタリストは近藤史明さんでした。実は、お客の人数に余裕あったので榎本裕子さんからお誘いの連絡を受けていたのでした。
 主催者の話ですとマンションのリビングルームをコンサート会場として定期的にプロの演奏家を呼んでいるそうです。お客は20名ほど入りますが、眼の前で演奏されるとなるほど親近感が湧きます。一時間ほどフルートの名曲を聴いた後は演奏家と一緒にティータイムでいろいろと会話を楽しみました。打ち上げにも誘われたのですが、残念ながら高校の同窓会の予定が入っていたので失礼しました。
Img_7567_1Img_7571_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月 9日 (火)

ジャズフルート

先日、福岡市内のライブハウス「バックステージ」にジャズフルートの演奏を聴きに行ってきました。メンバーは井上信平(Fl)、野力奏一(P)、鈴木良雄(B)、岡部洋一(Per)のカルテットで、全編オリジナル曲の演奏でした。フルートは横笛だから下手の横好き素人ジャズフルーティストのいのピーとしては井上信平さんの落ち着いたプレイが印象的で大変勉強になりました。Flute
Img_6984_1Img_6995_1Img_6996_1

| | コメント (0)
|

2014年11月17日 (月)

フルートフェスティバル

 今年もフルートフェスティバル in 福岡に参加してきました。今年で19回となりますが、毎回多くの来場者があり、今年も1000人超えでした。来年は節目の20回となるのでスペシャルゲストを招待するそうで期待しています。Flute
Flute_fes_2014_1O3qztzd3Img_6785_1

| | コメント (0)
|

2014年3月20日 (木)

ちょっと北Qへ

 先週末は天気も良かったので北九州市まで行ってきました。昨年12月にも行ったのですが、その時は時間的余裕が無く、お目当ての「門司港レトロ」を訪れずに帰ってきたのですが、今回はその「門司港レトロ」に朝から行ってきました。
 終着駅の門司港ですが、九州の鉄道の線路の起点です。終着駅と港の組み合わせはなかなかノスタルジーを感じさせます。もちろんここも関門鉄道トンネルが出来るまでは連絡船が海峡を行き来していました。train
Img_5594_1Img_5593_1Img_5592_1
 門司港駅は残念ながら現在修復工事中ですが、駅前に出ると古い建物が並んでいて観光客がいっぱい訪れていました。横浜にも赤レンガ倉庫等のレトロな建物がありますが、それらを少しコンパクトにまとめてしまったような感じと言えばおわかりでしょうか。
Img_5587_1Img_5586_1
Img_5560_1Img_5562_1Img_5563_1
 ということで港をぐるっと一周回ってみることにしました。港には対岸の下関との連絡船や海峡クルーズの観光船が発着しています。レストランやお土産ショップもたくさんあって賑やかです。遠くにはライオンズエクスプレス号で何度も渡った関門橋が見えます。bus
Img_5566_1Img_5568_1Img_5574_1
 そのまま歩いていると目の前のレトロな建物に地ビール工房と書いてあるじゃないですか。もちろんただ黙って前を通り過ぎるいのピーではありません。早速一杯買って海風に吹かれながら飲みました。beer
Img_5567_1Img_5569_1
 小一時間程散策してから次の目的地は門司港駅の隣にある「九州鉄道記念館」です。九州の鉄道マニアの聖地といわれる場所で一度は行っておかなければいけないところです。館内には引退したSL、電気機関車、電車、客車等が展示してあって昔それらに乗車した記憶が蘇ってきました。本館には運転シミュレーターがあって運転手気分にさせてくれます。
Img_5578_1Img_5582_1Img_5581_1
 さて、これで門司港での観光はひとまず終わりということで、次に戸畑に向かいました。実はこの日、昨年お知り合いになったフルーティストの榎本裕子さんのコンサートが戸畑で開催されるので帰路途中下車したわけです。
 コンサートは全部フランス物でパリで勉強されたということで、さすがにエスプリを感じさせる品のある演奏でした。また、ファーストCDの発売ということで、購入したCDにサインをしてもらいました。もちろん「2ndは是非・・・」と言うことも忘れてはいませんです。cd
Img_5597_1Img_5604_1Img_5609_1

| | コメント (0)
|

2014年1月27日 (月)

無事退院しました

 入院中のいのピーのフルート様が無事退院しました。12月中旬に新宿のドルチェ楽器に入院して、昨日どういう訳か福岡のクレモナ楽器で退院しました。くすんでいたキーもピカピカになっていて一見新品に戻ったようで、吹いてみて出難かった低音もスムーズに出るようになったことを確認して安心しました。これで一段と練習にも力が入ることになりそうです。scissors
Img_5476_1

| | コメント (0)
|

2013年12月30日 (月)

文字、モジ、門司!?

 目の前には海が拡がり船が行き交い、ここは港町、古い赤煉瓦のレトロな建物が立ち並び、そして遠くには海を跨ぐ吊り橋が見えます、そう、ここは港、横浜・・・、ではありません、ここは北九州市の門司でした。ship
Img_5260_1Img_5257_1Img_5280_1
 
先週、門司でフルートとギターによるクリスマスコンサートが開催され行って来ました。そのコンサートは先月のフルートフェスティバルでお友達になった北九州市を拠点に活動されているプロフルーティストの榎本裕子さんのコンサートでした。そしてそのコンサート会場は古い赤煉瓦の建物を改装してイベント会場となった門司赤煉瓦プレイスというもので200人程の収容人員ですが、当日は150人程のお客さんが集いましたが大半はギタリストの大萩康司さんのファンで占められていたようです。
Img_5263_1Img_5266_1Img_5271_1
 ということで、2時に始まったコンサートも二人の楽しいトークがあったり、プログラムに無いスペシャル演奏もあったりして、コンサートが終わったのは4時をとっくに過ぎていました。実は門司港レトロが北九州市の話題の観光スポットとなっているのでついでにそこも行くつもりでしたが、時間に余裕が無いので次の機会ということで、泣く泣く門司駅から帰路につきました。crying
Img_5278_1

| | コメント (0)
|

2013年12月28日 (土)

入院!?

 入院というと「どうしたの・・・?」と言うことになりますが、別に身体の話でなくフルートのことです。先月のフルートフェスティバル本番まで何とか騙し騙し使って使っていたフルートを思い切ってオーバーホールに出すことにしました。タンポが破れかけていて、低音が出辛らくて無理して吹き込んで出していたのですが、もう限界でした。今年はサックスもオーバーホールに出したし楽器維持費が掛かります。moneybag
 ということで、先週ドルチェ楽器さんに持ち込んでお願いしてきました。ついでに新しいフルートを試奏したり、店内を案内してもらったり、営業や修理担当者と話をしたりと師走の忙しい時に時間を割いていただきありがとうございました。Flute
Img_5244_1Img_5249_1Img_5250_1

| | コメント (0)
|

2013年11月18日 (月)

日本フルートフェスティバルin福岡

 昨日11月17日(日)に第18回日本フルートフェスティバルin福岡福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)で開催され昨年に続き今年も行って来ました。Flute
 もちろん今年も、ライブ録音のために行ったのでなく、このイベントに参加してステージでフルートを吹いて来たのでした。フルート
Img_5169_1001_1_1_2

 このイベントはアマチュアからプロのフルート演奏家まで一同に会してフルートオーケストラとして演奏するというもので多数のフルート吹きが参加して昨年は約200名ということでしたが、今年は更に増えて約240名ということで、そのままだとステージに載らないのでせり出しの特別ステージが設置され全員座って演奏できることとなりました。
 さて、いのピーは今年は2nd Fluteの担当でしたが、マイスタージンガー前奏曲でSoloパート担当なのでステージど真ん中の席でした。それとこの曲がえらく難しいため、今回ばかりはマジになって練習しました。
Img_5181_1Img_5170_1Img_5176_1

 演奏曲目は上のプログラムの通りで、メインはマイスタージンガー前奏曲です。約240名の音が実際観客席でどのように聴こえたかはわかりませんが、今回も3点釣りマイクの音を録音したCD-Rを販売する業者が入っていたので取りあえず注文しておきました。もちろん録音屋のいのピーとしても譜面台にICレコーダーを取り付けて録音していました。楽譜
 ところで、いのピーの右隣にお座りの方は北九州市を拠点としてご活躍されているプロのフルーティストの榎本裕子さんでした。練習の時も隣で吹いていただいていたので、大変勉強になりました。その榎本さんのクリスマスコンサートが12月22日に門司で開催されるので紹介しておきます。
Img_5171_1Img_5187_1004_1_2

 それから、今年の来場者数は昨年を上回る1353名ということで大成功だったようで、それらの来場者を前にして、約3ヶ月間の猛練習の成果を聴かせることができ、また本番での余裕と心地よい緊張感を楽しみながらコンサートを無事に終えることができました。
 もちろん終了後の打ち上げが大変盛り上がったことは言うまでもありません。beer

Img_5188_1Img_5191_1Img_5193_1

| | コメント (0)
|

2013年6月24日 (月)

絵画、音楽、ワイン、と・・・

 先週末は福岡市内某ギャラリーでミニコンサートとワインの会があって誘われたので行ってきました。ここでは定期的に開催されているようで今回はヴァイオリン、フルートフルート、ピアノピアノのトリオでクラシックの名曲等が演奏されました。コンサートスペースとしてそれ程広いというわけではないですが、ちょっとしたジャズのライブハウスくらいはあります。しかも画廊ということで、広い空間があるので、適度に音も響いて音楽を楽しむことができました。音譜
 演奏終了後は演奏者も入ってミニワインパーティーが開かれました。来客者は30人程度で殆どが絵画の購入者とか店主のお友達関係で顔見知りが多いようで和気あいあいといった雰囲気でした。wine
 ということで、梅雨の中休みの週末の午後、いい絵に囲まれ、いい音楽を聴き、いいワインを飲んで至福の時を過ごしました。おっと、それに素敵なご婦人の方々とお喋りできたことも忘れず付け加えておかないと・・・。酔っぱらい。
Img_4334_1Img_4338_1

|
|