カテゴリー「グルメ」の85件の記事

2015年8月21日 (金)

うえやまとち先生宅ご訪問

先日、週刊「モーニング」に漫画「クッキングパパ」が連載されて今年で30周年を迎えた漫画家うえやまとち先生の福津市の海岸側に建つご自宅を訪問しました。今回は漫画のことでは無くバンドの練習が目的でした。
 先ずは、先生作の美味しい料理を堪能して、すっかり出来上がったところでバンド練習に突入しました。玄界灘に沈む夕日がとっても綺麗でした。delicious
Img_08651Img_08781
Img_08811Img_08841Img_08911
Dsc_0181Dsc_0178


| | コメント (0)
|

2015年4月10日 (金)

パラオ旅行

 天皇陛下が慰霊に行かれたことで、今注目を浴びているパラオ共和国ですが、いのピーも7年前に友人とグループ旅行しました。その時はパラオパシフィックリゾート(PPR)に宿泊して南国リゾート気分を満喫しました。
Img_1376_1Img_1377_1Img_1330_1
 コロール島には日本人経営のレストランや居酒屋が沢山あってそこで毎日宴会をしました。現地のレストランではタロイモ料理や空芯菜の炒め等の伝統料理を食べましたが、醤油を使っているせいか日本人の口には合う味付けでした。それから、名物料理のヤシガニは食べましたが、流石にコウモリの姿煮だけはグロテスクでダメで、それを注文したテーブルからは女性の悲鳴声が聴こえました。😱
Img_1332_1Img_1333_1Img_1350_1
 その時のパラオ旅行は成田から往復グアム経由のコンチネンタル航空で行ったのですが、現地に午後11時過ぎ到着して、帰りは午前4時出発という乗換で疲れるスケジュールだったので、直行便をお勧めします。good
 ということで、再び訪れたいなと思った次第です。も、もちろん次は絶対sign01直行便です。airplane
Img_1327_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月23日 (月)

うなぎを食べに柳川へ

先日、柳川にうなぎを食べに行ってきました。決して「柳川鍋」ではありません。往きはわざわざ那珂川町を抜け、福岡市民の水瓶aquariusである南畑ダム側を通り、東脊振トンネルを抜けて佐賀県に入り佐賀平野を走り、一路柳川市を目指しました。car
Img_01331Img_01391

現在、柳川市では「柳川雛祭りさげもんめぐり」を絶賛開催中で、市内あちこちに雛祭りの飾りつけとさげもんが飾ってあり、しかも日曜ということもあって観光客で一杯でした。

Img_01561Img_01491Img_01581
Img_01821Img_01461
先ずはお目当ての鰻屋「若松屋」は行列を成していましたが、取りあえず予約を入れて、順番待ちの間近くの北原白秋記念館を見学しました。もちろんここにも雛祭りの飾りつけとさげもんが飾ってありとても綺麗でした。
Img_01631Img_01681
 記念館で30分程見学して若松屋に戻ると既に順番は過ぎていたので直ぐに席に着くことができ、上鰻せいろむし(肝吸付)を注文しました。程なくして運ばれて来たうなぎはふっくらとしたとろける様な舌触りと甘さ控えめの香ばしい秘伝のタレとのコラボレーションが絶妙で凄く美味しかったです。これが、関東や関西では味わうことができない柳川独自の味というものでしょうか、ちなみに、うなぎは鹿児島産ということでした。
Img_01801_2Img_01811  

美味しいうなぎを食べて一応旅の目的は果たしたのてすが、折角だから観光しようということで、次は柳川藩主立花邸「御花」に行きました。こちらも観光客で一杯でした。日曜ということで、結婚式も行われていました。邸内はもちろん雛祭りの飾りつけとさげもんがところ構わずといった状態でした。庭園も素晴らしかったです。
Img_01861Img_01881Img_01911
さて、柳川と言うと何といっても「川下り」が有名です。ここまで来たのだし、、時間の余裕も有るし、「川下り」の経験は無いし、恐らくこんなチャンスは二度と無いということで、小一時間の川下りのクルーズを楽しむことにしました。実は正直言って余り期待はしていな かったのですが、実際乗船すると、船頭さんの軽妙なお話と唱にすっかり聞き入ってしまい、楽しい船旅になりました。水面と橋の隙間が小さいところを潜る時 は中々のスリルものです。ところで、船頭さんの本職は高校教師で土日アルバイトで船頭をやっているそうですが、大したエンターテイナーです。

Img_01951Img_02021Img_02051

    「川下り」を終えてからは車に戻り、近郊の「道の駅」に寄り産直の野菜を買った後は高速で帰路に付きました。
さて、次は何処に行こうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月26日 (木)

今年最初の水汲み

 今年最初の水汲みのため九重に友人と三人で行ってきました。今回は大分道湯布院ICで降りて一般道を走り湯平温泉を抜けて行くルートを採りました。途中久大線を走る列車と遭遇したので写真を撮りながら走りましたが、山道に入ると一週間前に降った雪がまだ道の両サイドに残っていました。
Img_00781Img_00791Img_00821
Img_00861Img_00941Img_00961
 先ずは、白水鉱泉に寄ってお腹を水で満たした後、その後は、いよいよ本来の水汲み場に到着してから水汲みです。既に先着組がいましたが、水汲み終わりに近かったので直ぐに水汲みを開始でき、40分程度で持参し たポリタンクとボトルに注水完了しました。この日は産直の野菜が売ってなくて、いつも買っている生椎茸が買えなくて残念でした。
Img_00971Img_01031
 水汲み終えてからは、やまなみハイウェイをドライブして牧ノ戸峠でちょっと雪遊びをして、蕎麦街道に向かいましたが、この日はPM2.5の影響か空全体 が真っ白で山の稜線が全く見えません。阿蘇の山並みも台無しです。前日はピーカンだったのに、また、折角買ったばかりの一眼レフを持って来たのにと恨み節 でした。
Img_01141Img_01161Img_01171
 その後、蕎麦街道を走り前々回の蕎麦屋に入ろうということで、黒川温泉近くの「沙羅」 に寄りましたが、日曜お昼ということで、満席で結局約40分待って蕎麦を食べることができました。注文した蕎麦は冬季限定の地鶏そば(¥1,728)でざると掛の両方が楽しめるというもので、蕎麦の量が少なく見えますが、意外と食べ応えがあり、冷えた身体もしっかり温まりました。昼食後は杖立温泉を通って日田ICから高速に乗るといういつものルートで帰路に着きました。car
Img_01181Img_01191Img_01241

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年1月 9日 (金)

水炊き新年会

友人と新年会を昨年に続き水たき「長野」で7日にしました。「長野」に行く前に櫛田神社に寄って参拝してから「長野」に向かいました。「長野」は博多で水炊きの老舗として超有名店で中々予約が取れないことでも知られています。 この日も店内はお客で満席でしたが、今年は何と個室が取れたので、ゆっくりと水炊き料理を味わうことができラッキーでした。この店の水炊きの詳細は食べログを参考にしてもらうこととして、水炊き通常のコース を注文しました。もちろんビールと焼酎を飲みながら、オプションで博多地鶏の唐揚げを注文し、料理は酢もつに始まり、最後は雑炊で〆るとお腹一杯になり、満足感一杯です。ついでに料金もリーズナ ブルなことにも満足しました。delicious
Img_7107_1Img_7110_1
Img_7119_1Img_7113_1

| | コメント (0)
|

2015年1月 5日 (月)

初詣

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 新年ということで、早速毎年九州で最大の初詣客数の太宰府天満宮に行ってきました。昨年は年越しして直ぐに行ったらすごく混んでいたので、今年は混む三が日を避けて、というか天気も悪く雪が薄く積る位で寒かったせいもあり、その後にしました。
 本殿前はさすがに混んでいましたが、程なく参拝できました。おみくじを引いて、破魔矢を買ってから、いつも行くお茶屋さんで、かしわうどんを食べ名物の梅ヶ枝餅をお土産に買って帰りました。
 昨年は一月新譜CDのため、正月中ずっと編集とマスタリングの仕事をしていましたが、今年の場合は一月新譜CDについてはその作業は12月に終わっていますので、穏やかな正月を過ごすことができました。なお、その今月新譜CDについては近日ご紹介いたします。cd
 何卒今年もよろしくお願いします。
Img_7089_1Img_7104_1Img_7093_1
Img_7094_1_2Img_7100_1_2Img_7102_1



| | コメント (0)
|

2014年12月 2日 (火)

牡蠣小屋に行ってきました

 初冬のこの季節に食べたいものとして牡蠣があります。それも新鮮な牡蠣を焼いて汁を啜りながら食べる醍醐味を味わいたいということで、友人を誘って食べに行くことにしました。最近は福岡でもビルの屋上に牡蠣小屋が開いていて結構流行っているようですが、そこは水揚げされる現地で食べるのが一番ということで、福岡市郊外の糸島半島の牡蠣小屋を目指しました。糸島半島の牡蠣小屋と言っても、いくつかありますが、この日は糸島船越漁港の牡蠣小屋に決めました。お昼直前に現地に到着すると大雨にも関わらず沢山の観光客が詰めかけていて、どの牡蠣小屋も表まで客が並んでいて、結局一番奥の「カキハウスもっくん」に入りました。ここ船越漁港には大きなな牡蠣小屋が8店舗横に並んでいてそれぞれ300名位収容できるようです。car
 貝の熱い汁の飛びかかり防止のジャンパーを着てテーブルに着いて、牡蠣とホタテとサザエを注文し、網の上で牡蠣を焼いているといきなり身が弾けて熱い汁が飛び散ります。何発か顔を直撃されましたが、これは貝の殻の開く方向を考えて置けば被害を少なくてすむようです。それはそれで、新鮮な牡蠣は身がプリプリして美味しいですね。満足しました。
 ところで、いのピーは生の牡蠣だけはあたるので食べません。昔、録音の仕事でフランスのリヨンに行ったときにあたって以来全くダメでこの日もしっかり火を通して食べました。delicious
Img_6969_1Img_6961_1
Img_6956_1Img_6958_1

 さて、小一時間食べたり飲んだりして、その後は雨の糸島半島ドライブと洒落込んで何処か良さそうなカフェを探したのですが、どこも満席で入れませんでした。次回は日を選んで晴れの日に来ることにしましょう。仕方ないので伊都菜彩に寄って買い物して帰宅しました。「カキハウスもっくん」の牡蠣も売っていました。rain
Img_6972_1Img_6974_1Img_6976_1
Img_6978_1Img_6979_1Img_6980_1


| | コメント (0)
|

2014年9月10日 (水)

いつもの水汲みです

 またまた、水のストックが無くなったので九重のいつもの場所に水汲みに行ってきました。今回は参加者が増えて4名です。九重インターで降りて四季彩ロードを経由して目的の白水鉱泉に到着です。
Img_6332_1Img_6333_1Img_6335_1

 水汲みは別の集水場で汲みましたが、先客が終わりかけていたのですぐに終了しました。
 いつもなら、これから帰路に着くのですが、折角だから温泉に入ろうということで、ラムネ温泉館に向かいました。この温泉の泉質は「含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉」ということで、「高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、冷え性、疲労回復等」に効果があるそうです。32度と少し低いですが、炭酸の泡がびっしり体に付きますので以外とぬるくは感じませんでした。約1時間程温泉に浸かってので全員お腹が空いたので、「蕎麦を食べよう」ということで蕎麦街道に向かい黒川温泉の近くの「沙羅」に入りました。いのピーは天ざるを注文しましたが、石臼で挽いた蕎麦はもちろん美味しかったですが、そり以上に、サクサクした歯ごたえの天ぷらが大変美味しかったです。delicious
 今回は雨を心配していたのですが、晴れ女が参加したためでしょうか、雨に会わず(帰路杖立温泉で局所的に雨が降っていただけrain)にドライブを楽しむことができました。carsun
 次は紅葉の季節かな。もみじ
Img_6339_1Img_6349_1Img_6353_1


| | コメント (0)
|

2014年7月30日 (水)

バールの方が・・・

 昨日は、東京から知人が来福して、午後3時にお会いしましょうということで、待ち合わせのカフェに行ったのですが、何せとんでもなく暑いしコーヒーよりビールが飲みたいな、ということで以前より行ってみたかったスペイン居酒屋「エスペランサ」に場所を変えました。ここは昼からでもチョットした小料理を軽く摘みながらお酒が飲めるということで、地元民放局のワイドショーで何度も紹介された有名なお店です。この店は前金制になっていて後から注文した物をテーブルに運んできます。結局ビールを飲みながら3時間程おしゃべりをして別れました。次回は料理をしっかり食べることにしましょう。beer
Img_6270_1Img_6266_1Img_6269_1

| | コメント (0)
|

2014年6月15日 (日)

雨の水汲みでした

 先週、ミネラルウォーターの汲み置きが少なくなったので、三ヶ月振りにいつもの九重の湧き場まで汲みに行ってきました。先ずは、最初に白水鉱泉に寄って喉を潤して、しっかり水腹となってからいつもの汲み取り場に向かいました。平日で天気が雨模様だったので先客も無くすぐに水汲みが完了しました。ついでに現場で売っている地元産の野菜を買って出発です。
Img_6010_1Img_6019_1
Img_6016_1Img_6021_1
 天気は雨でしたが九重平治岳(ひじだけ)のミヤマキリシマが見られるかもしれないということで行きましたが、あいにくの雨で微かに山麓にピンク色を確認しただけでした。結局牧ノ戸峠を越えて「シェ・タニ」でお茶することになりました。美味しそうなスイーツがいっぱいありましたが、苦手なので同行の友人に食べてもらいました。天気が良いと本当は窓からは阿蘇の雄大な姿を見ることができるのですが、雨のため全く見えず大変残念でした。crying
Img_6026_1_2Img_6037_1
Img_6034_1Img_6033_1

 ということで、その後は黒川温泉を横目に見て、杖立温泉を突っ切って日田から高速に乗って家路に着きました。 car
Img_6039_1Img_6040_1

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧